木の実を活用するといっても、植物の種類によってさまざまな用途があります。人が生活してきた歴史とともに木の実の歴史はあります。まず一番に頭に浮かぶものは「生でそのまま食べるもの」一般に果物(フルーツ)ですね。

Print Friendly, PDF & Email

次に、「熱を加えたり乾燥さしたりして加工するもの」さらに、「精製したり絞ったりして油をとるもの」が食用として使用するだけでなく、染料やろうそくの原料など「食」以外の生活必需品に使用することもあります。

植物によって実がなる時期は異なりますが、秋は特にその種類が多い季節といえます。暮らしの文化として、例えば柿の木の枝に、実が熟してくる景観を見ると晩秋の風情を感じますね。最近人気が出てきているものは、「健康」にかかわる果実類です。暮らしのガーデンで楽しむ種類としては、ナツメ、ブルーベリー(スノキ)、クランベリー(ツルコケモモ)、ジューンベリー(アメリカザイフリボク)、ヤマボウシ、ガマズミ、ウワミズザクラや、つる性植物のアケビ、マタタビ、サルナシなどがおすすめです。ヤマボウシは実を乾燥させて下痢、腹痛など薬事的にも活用できますし、ナツメはそのままでも食べられますが、乾燥させたものは大棗(タイソウ) と呼ばれ、漢方の生薬として利用されて、冷え・むくみ・貧血・便秘や下痢・婦人病などに効果があるといわれています。

ブルーベリーに含まれるアントシアニンには、視覚、花粉症や生活習慣病の予防、 改善といったさまざまな効能が期待できる、優れた木の実です
ブルーベリーに含まれるアントシアニンには、視覚、花粉症や生活習慣病の予防、
改善といったさまざまな効能が期待できる、優れた木の実です。

欧米のガーデンでも日本原産のムベ、アケビ、マタタビなどは非常によく使われる植物といえます。野菜の収穫と同じように、実りのあるものを育てることは「感謝」「喜び」の感情を生み出します。これからの暮らしのガーデンに実のなる木を植えていきましょう。

秋に実を結ぶ植物

ナツメ

Zizyphus jujuba var.inermis クロウメモドキ科 ナツメ属 強壮作用・鎮静作用があり、副作用の緩和などを目的に多数の漢方方剤に配合される。
Zizyphus jujuba var.inermis
クロウメモドキ科 ナツメ属
強壮作用・鎮静作用があり、副作用の緩和などを目的に多数の漢方方剤に配合される。

クランベリー

Vaccinium macrocarpon ツツジ科 スノキ属 膀胱炎、腎盂腎炎、尿路感染症の予防、尿が臭い、乳ガンの進行を抑制する。
Vaccinium macrocarpon
ツツジ科 スノキ属
膀胱炎、腎盂腎炎、尿路感染症の予防、尿が臭い、乳ガンの進行を抑制する。

アケビ

Akebia quinata アケビ科 アケビ属 古くから利尿、排膿作用に効果がある生薬として利用されてきました。
Akebia quinata
アケビ科 アケビ属
古くから利尿、排膿作用に効果がある生薬として利用されてきました。

ヤマボウシ

Cornus kousa ミズキ科 ミズキ属 生食では、滋養強壮や疲労回復などの効能があるといわれています。
Cornus kousa
ミズキ科 ミズキ属
生食では、滋養強壮や疲労回復などの効能があるといわれています。

アキグミ

Elaeagnus umbellata グミ科 グミ属 疲労回復や利尿作用、高血圧の予防や抗酸化作用がある。
Elaeagnus umbellata
グミ科 グミ属
疲労回復や利尿作用、高血圧の予防や抗酸化作用がある。
Print Friendly, PDF & Email