花壇がいつも同じ色合いになっていませんか? ガーデンには、一株でも存在感のあるモダンな色や模様を持った植物がたくさんあります。個性ある植物をオーソドックスな花にプラスして、もっとファッショナブルなボタニカルライフを。

Print Friendly, PDF & Email

寄せ植えや花壇に黒葉のスパイス

ダークリーフとは、黒や茶色、赤銅色に濃い紫色など、一般的な緑色ではなく暗い色を持つ葉のことを指します。色調によって、黒葉や銅葉などと呼ばれます。単体で見ても、シックで格好いい植物ですが、ガーデンや寄せ植えで明るい色の植物と取り合わせると、とても効果的。暗い色調の部分が陰になって風景に立体感が生まれるのと同時に、鮮やかな色の美しさをさらに引き立ててくれます。同じ植物でも、品種によってダークカラーの葉を持つものと持たないものがあるので、それぞれのコントラストを楽しむのもいいですね。どうしても緑色が多くなりがちな庭の中で、色彩をピリリと引き締めてくれるダークリーフは貴重なアクセントになります。葉の色を楽しむので、観賞期間が長いのも魅力です。

 

ダークリーフの成り立ち

ダークカラーの葉を持つものは、園芸植物にはたくさんありますが、自然界にはあまり多くは見られません。それは、ダークリーフの多くが今まで長い時間をかけて選別され、固定化してきたものだから。そのため、ダークリーフの植物からさらに交配を重ねると、葉色が元の緑色に戻ってしまう場合もあります。

 

シックなダークリーフを持つ品種

オキザリス

紫がかった銅葉がシックなオキザリス。印象的な濃い色の葉は、小さめなので主張しすぎず、どんな寄せ植えにも使いやすいのが魅力。ピンク色の小花も可愛い。

 

ムラサキゴテン

葉はもちろん、茎や萼まで全体が濃い紫色に彩られるムラサキゴテンは、光の角度で色彩が変化して見えるのも魅力。光をたっぷり浴びるほど、美しく発色します。

 

オオバジャノヒゲ

細長い常緑の葉をスッとたくさん伸ばすジャノヒゲは、グラウンドカバーにぴったりです。ダークカラーの品種‘黒竜’は、庭のアクセントとしても活躍します。

 

カンナ

大きく広がる葉が魅力的なカンナ。深い赤銅色の葉を持つ‘ブロンズ・スカーレット’は、独特な存在感を放ち、インパクト抜群。夏に咲かせる朱色の花も鮮やかです。

Photo/ 1,7)Nikolay Kurzenko/ 3)Transient Eternal/ 4)joloei/ 5)joloei/ 6)guentermanaus/ Shutterstock.com
Print Friendly, PDF & Email