近年、イングリッシュローズなど優れた品種も生まれ、バラの世界はより人気の広がりをみせています。系統をチェックしておくと、その品種の特性や魅力を把握することになり、その楽しみも増えるでしょう。ここでは、バラの系統や花言葉をご紹介します。

Print Friendly, PDF & Email

系統からバラの魅力を知る

バラの歴史と系統

バラ(バラ科バラ属)の学名はRosa。現在、園芸品種は約2万品種を超えるといわれています。紀元前1500年頃から人類と香料や薬草の原料として栽培が行われ、利用されていました。とくに17世紀以降のフランスを中心に、王朝文化の中でオールド・ローズと呼ばれるバラが優雅で華やかな時代のシンボルとして彩られていました。近世に入り、西洋と東洋のバラの交配品種で鮮やかな色彩のバラが次々と生み出されてきました。1867年、「ラ・フランス」の誕生によって、モダン・ローズ時代は始まります。

バラは大きくワイルド・ローズ、オールド・ローズ、モダン・ローズに分けられます。ワイルド・ローズとオールド・ローズには、ヨーロッパ原産のガリカ、ダマスク、アルバをはじめ、中国原産のコウシンバラ、日本原産のノイバラ、ハマナスなどがあり、コウシンバラを除き、大半が一季咲き品種。モダン・ローズには、四季咲き大輪系で切り花用品種のほとんどが属するハイブリッド ティー ローズ、四季咲き中輪系で日本のノイバラの房咲き性を受け継いだフロリバンダ ローズ、ミニチュア ローズやクライマー系などがあります。

バラの系統略図

 

バラの系統と略記号

オールドローズ
(略記号/名称/解説)
●A/アルバローズ/大きく、自由な分枝のシュラブで普通灰緑色の葉を持ち、盛夏に5~7個の花を持つ房をつける。
●B/ブルボンローズ/生育旺盛で広がり、四季咲きシュラブで、芳香のある八重の花を夏から秋にかけて、しばしば3個ずつ房につける。
●C/ケンティフォリアローズ/散開し、トゲの多いシュラブ。湾曲した枝に大きな芳香のある花弁の被い花を1~3個つけた房を盛夏につける。
●Ch/チャイナローズ/軽く、優雅な性質を持つ小から中くらいの低木で、大抵八重の小さな花を夏から秋にかけて単生か房状につける。
●D/ダマスクローズ/散開し、優雅な低木で、緩い花房に5~7個の非常に香りのよい花を盛夏につける。
●G/ガリカローズ/密で直立性の低木で、濃厚な色を持つしばしば香りのある花を、盛夏に1~3個つける。
●HFt/ハイブリッド フェティダローズ/ロサフェティダの交配種。現代バラの黄バラの祖。
●HP/ハイブリッド パペーチュアルローズ/生育旺盛で、ほとんどが四季咲き性の低木で、花は単生か房に3輪、夏から秋につける。
●M/モスローズ/ケンティフォリアとダマスクから派生し、習性と花の咲き方が似ている。茎とガクにコケのようなものがつく。
●N/ノアゼットローズ/四季咲き性のつるバラで大きな房に9個までの芳香のある花を夏から秋までつける。
●P/ポートランドローズ/直立性で、密になる。生育は劣るが、ブルボンより四季咲き性が強く、夏から秋に咲く。
●Pol/ポリアンサローズ/丈夫でコンパクトな四季咲き。夏と秋に小花を沢山つける。
●T/ティーローズ/四季咲きのシュラブとつるバラ。緩くしばしば芳香がある。通常、八重の花を単生か3個、夏から秋につける。
●Sp/原種・野生バラ/野生のバラを表す。ほとんどが半つる性。

モダンローズ
(略記号/名称/解説)
●HT/ハイブリッド ティーローズ/直立性で四季咲きのシュラブで、ほとんどが高芯咲きで芳香のある物が多く、八重咲きの花を3個ずつ夏から秋につける。
●F/フロリバンダローズ/直立性で四季咲き、芳香性がある。一重、八重咲きで、3~25個の花を房状に咲かせる。花の量も多い。
●Min/ミニチュアローズ/小輪、四季咲きで多花性、繰り返し咲き。ミニチュアローズよりも少し花が大きく、FとMinの中間のバラをパティオローズとよぶ。
●S/シュラブローズ/現代バラで半つる性を示すものを主に表す。特性もさまざまで、幅広い系統。
●HFt/ハイブリッド フェティダローズ/ロサ・フェティダの交配種。現代バラの黄バラの租。
●HMsk/ハイブリッド ムスクローズ/ロサ・モスカータの血統。繰り返し咲くものが多く、半つる性。
●HRg/ハイブリッド ルゴサローズ/ハマナシを親とする系統。寒さに強い。
●ER/イングリッシュローズ/オールドローズの古典的な魅力と芳香に、モダンローズの四季咲き性を兼ね備えた非常に強健なバラ。
●CLHT/クライミンング ハイブリッド ティーローズ/ティーローズの枝変わり種。
●CLF/クライミング フロリバンダローズ/フロリバンダの枝変わり種。
●CLMin/クライミング ミニチュアローズ/ミニチュアローズの枝変わり種。花が小さいのが特徴。
●R/ランブラー/生育旺盛なつるバラで、長くしなやかなシュートを持つ。夏に一重から完全八重の花を3~21個の房につける。
●LS/修景用バラ/耐病性、耐寒暑性が優れている。グランドカバーやコンテナなどで仕立てにも活用できる。

樹形で分類すると…

ここからさらに、バラの樹形を系統ごとに分けていきます。

他の植物にも共通することですが、バラにもさまざまな樹形があります。バラをお庭で育てる際に、品種や特性を把握していると、用途にあったものを選びやすく、お庭全体をまとめやすいといえます。

●ブッシュタイプ

枝が太くて硬く、自立出来る樹形。品種により横に広がらない直立タイプのものや、横に枝を広げながら自立するものがある。自立するので誘引しなくて済み、庭の中央に配植しやすい。

オールドローズ・・・チャイナローズ(Ch)、ガリカローズ(G)、ポリアンサローズ(Pol)

モダンローズ・・・ハイブリッドティーローズ(HT)、フロリバンダローズ(F)、ミニチュアローズ(Min)、ハイブリッドムスクローズ(HMsk)、ハイブリッドルゴサローズ(HRg)

●クライミングタイプ

枝が硬くて太く、株元から真っ直ぐ立ち上がる樹形。建物の壁や高さのある広い面積をカバーするのに適している。

オールドローズ・・・ポートランドローズ(P)

モダンローズ・・・ハイブリッドルゴサローズ(HRg)、クライミングハイブリッドティーローズ(CLHT)

●シュラブタイプ

ブッシュ樹形よりも枝が細くしなやかで、半自立する樹形。枝先が1〜2mほど伸び、花の重みで枝先が自然に垂れる。枝先が伸びることを利用してオベリスクや小型のアーチなどに仕立てるのに適している。

オールドローズ・・・アルバローズ(A)、ブルボンローズ(B)、ケンティフォリアローズ(C)、ダマスクローズ(D)、ハイブリッドフェティダローズ(HFt)、ハイブリッドパペーチュアルローズ(HP)、モスローズ(M)、ノアゼットローズ(N)、ティーローズ(T)、原種・野生バラ(Sp)

モダンローズ・・・ハイブリッドティーローズ(HT)、シュラブローズ(S)、イングリッシュローズ(ER)、クライミングハイブリッドティーローズ(CLHT)、クライミングフロリバンダローズ(CLF)、ランブラー(R)、修景用バラ(LS)

花の形で分類すると…

樹形について分類してきましたが、もちろん花の形で分けることもできます。花は一番目立つ存在なので、形によって印象が大きく変わってきます。ここでは大きく4種類の咲き方にわけました。

●剣弁高芯咲き

オールドローズ・・・ハイブリッドパペーチュアルローズ(HP)、ノアゼットローズ(N)、ティーローズ(T)

モダンローズ・・・ハイブリッドティーローズ(HT)、ミニチュアローズ(Min)、クライミングハイブリッドティーローズ(CLHT)

●ロゼット(多芯)咲き

オールドローズ・・・アルバローズ(A)、ブルボンローズ(B)、ガリカローズ(G)、ハイブリッドパペーチュアルローズ(HP)、モスローズ(M)、ポートランドローズ(P)

モダンローズ・・・ミニチュアローズ(Min)、シュラブローズ(S)、ハイブリッドムスクローズ(HMsk)、イングリッシュローズ(ER)、クライミングハイブリッドティーローズ(CLHT)、修景用バラ(LS)

●カップ(盃状)咲き

オールドローズ・・・ブルボンローズ(B)、チャイナローズ(Ch)、ダマスクローズ(D)、ケンティフォリアローズ(C)、ハイブリッドパペーチュアルローズ(HP)、ノアゼットローズ(N)、ポリアンサローズ(Pol)

モダンローズ・・・フロリバンダローズ(F)、ハイブリッドルゴサローズ(HRg)、イングリッシュローズ(ER)、クライミングハイブリッドティーローズ(CLHT)、ランブラー(R)、修景用バラ(LS)

●一重(平)咲き

オールドローズ・・・ハイブリッドフェティダローズ(HFt)、原種・野生バラ(Sp)

モダンローズ・・・フロリバンダローズ(F)、ミニチュアローズ(Min)、シュラブローズ(S)、ハイブリッドムスクローズ(HMsk)、ハイブリッドルゴサローズ(HRg)、クライミングフロリバンダローズ(CLF)、ランブラー(R)、修景用バラ(LS)

バラの花言葉

バラは、その花色によって異なる花言葉があります。

赤色のバラ

赤色 ●愛情 ●美 ●情熱●熱烈な恋●あなたを愛します 写真はムンステッド・ウッド
赤色
●愛情 ●美 ●情熱 ●熱烈な恋 ●あなたを愛します
写真はムンステッド・ウッド

ピンク色のバラ

ピンク色 ●上品 ●気品 ●温かい心 ●美しい少女 ●恋の誓い ●輝かしい ●しとやか ●満足 写真はビエ・ドゥー
ピンク色
●上品 ●気品 ●温かい心 ●美しい少女 ●恋の誓い ●輝かしい ●しとやか ●満足
写真はビエ・ドゥー

オレンジ色のバラ

オレンジ色 ●すこやか ●無邪気 ●愛嬌 ●爽やか ●信頼 ●絆 写真はレディ・オブ・シャーロット
オレンジ色
●すこやか ●無邪気 ●愛嬌 ●爽やか ●信頼 ●絆
写真はレディ・オブ・シャーロット

黄色のバラ

黄色 ●友情 ●あなたを恋します ●可憐 ●美 ●ジェラシー 写真はグラハム トーマス
黄色
●友情 ●あなたを恋します ●可憐 ●美 ●ジェラシー
写真はグラハム トーマス

白色のバラ

白色 ●尊敬 ●純潔 ●約束を守る無邪気 ●恋の吐息 ●心からの尊敬 ●私はあなたにふさわしい 写真はクレア・オースチン
白色
●尊敬 ●純潔 ●約束を守る無邪気 ●恋の吐息 ●心からの尊敬 ●私はあなたにふさわしい
写真はクレア・オースチン

まとめ

奥深いバラの世界。その魅力は見た目や香りだけでなく、花言葉などにもあり、いつの時代も私たちを飽きさせずに楽しませてくれます。そんなバラの系統を今回はご紹介しました。ぜひこの記事を参考に、素敵なガーデンライフをお楽しみください。

併せて読みたい

バラを育てたい! 初心者さん必見 バラの花びらの枚数・花の形・花のつき方の違いを詳しく解説
バラを育てたい! 初心者さん必見 野生種、オールドローズとモダンローズなどバラの種類を分かりやすく解説
バラの害虫対策! バラゾウムシ(クロケシツブチョッキリ)一網打尽の「ゾウムシバンバン」

Credit

監修:藤岡成介

監修/藤岡成介

1963年兵庫県生 兵庫県立淡路景観園芸学校 講師、E&Gアカデミー大阪校 講師などを務める。

花と緑のまちづくりを提唱し、園芸、造園植物の生産および流通にかかわる業務を行いながら、現在
きびの森植物園 マネージャーを務める。

Print Friendly, PDF & Email