植えっぱなしで何年も育ち、庭に彩りを与える植物、宿根草(しゅっこんそう)。多種ある中でも、自然風で落ち着いた雰囲気を秋に発揮する、育てやすくて美しい5種をご紹介します。セレクトは、宿根草を数多く扱いガーデニング愛好家に支持されるショップ「おぎはら植物園」店長の荻原範雄さん。こだわりの庭づくりをする自宅ガーデナーさんに是非植えて欲しい5種と、それぞれの魅力や特徴を解説していただきます。

Print Friendly, PDF & Email

渋さの中に美しさを見出す「秋の宿根草ガーデン」

秋の宿根草

暑い夏にも鮮やかに咲いていた宿根草も、秋風が吹く頃になると段々と落ち着きを見せて、次第に渋みを増していきます。段々と色が寂しくなる秋以降の庭に、シックでおしゃれな季節の風情を演出してくれるのも宿根草の魅力です。

秋の光を受ける草花たちの静かな色合いは、くつろぎと癒しを与えてくれます。そんな秋の庭をゆっくりと観賞しながら、読書をしたり、ティータイムを楽しんだり……。
ナチュラルな雰囲気が楽しめる宿根草を取り入れた庭にすると、秋も見どころができ、ハイレベルなガーデンへとステップアップできます。

宿根草ショップの店長が教える! 秋を知らせるオススメの宿根草』では、定番の秋の宿根草をご紹介しましたが、ここでは、こだわりのある自宅ガーデナーさんに是非とも植えていただきたい、秋の庭を美しく演出する宿根草を5種ピックアップしてご紹介します。

秋に似合う、柔らかな黄色の花
ソリダゴ

ソリダゴ・ルゴサ
枝先に小さな花をいっぱい咲かせるソリダゴ・ルゴサ。

ソリダゴといえば、日本中に生える外来雑草の「セイタカアワダチソウ」があまりにも有名なため、この仲間は嫌われているかもしれません。ですが、ソリダゴは世界中に膨大な種類があり、ヨーロッパ、アメリカなどガーデニングの盛んな国ではソリダゴに対する嫌悪感はもちろんなく、古くから親しまれています。秋の花壇には欠かせないソリダゴは、切り花としても流通量が多く、とてもポピュラーな花です。

ソリダゴ‘ファイヤーワークス’
ソリダゴ‘ファイヤーワークス’。その名のとおり、長い花穂が花火のよう。

もちろん園芸種は、外来雑草のように、種子が飛んで広範囲に広がったりすることは、ほぼありませんのでご心配なく。なんといっても、ソリダゴのボリュームある黄色の花は渋い秋色の庭で一段と輝いて活躍してくれることでしょう。周囲の落ち着いた枯れ色と、鮮やかな黄色がダイナミックにコントラストを見せて、何ともおしゃれです。

ソリダゴの切り花
切り花にするとダイナミックな印象に。
ソリダゴ

右に、イトススキの茂みが丈高く、左に低く群れ咲くのがソリダゴ・ルゴサです。初夏頃に切り戻しておくと写真のように低く咲かせることもできます

秋の庭の隠れた主役
ガーデン・グラス(秋咲き種)

ペニセタム・アロペクロイデス
存在感のあるふわふわの穂が放射状に伸びるペニセタム・アロペクロイデス(白花種)。*

ガーデン・グラスはプロのガーデナーさんを中心に、そのナチュラルな美しさに人気が出ています。もともと日本にはススキを始め、多くのグラスが自生しています。あまりに見慣れているためか、ありがたみがない気もしますが、海外、特にアメリカ、ヨーロッパでは定番的な人気があり、最近ではアジア圏でも人気が高まっています。

ミューレンベルギア・カピラリスとバーベナ・ボナリエンシス
赤い霞のように繊細な穂が立ち上がるミューレンベルギア・カピラリスとバーベナ・ボナリエンシス。

海外からいらっしゃるお客様は、野原に生える「日本のグラス」を美しいと言われるぐらいです。グラスの意味は「草」、これらをただの草と見るか、ハイセンスなオーナメンタルプランツと見るか、見る人次第なのかもしれません。

ユーパトリウム・ルゴサムとパニカム‘チョコラータ’
白花のユーパトリウム・ルゴサムに引き立つ銅葉のパニカム‘チョコラータ’穂の色もシック。*

アメリカなどで見られるグラスだけで構成されるガーデン、これを日本で作れば雑草畑と勘違いされてしまうかも? なんて思うのはもったいない。まずは、美しさが分かりやすい種類から、花ものと組み合わせて植えてみてはいかがでしょうか? きっとその美しさを再認識できることでしょう。

カラマグロスティス・ブラキトリカフロックス‘グリーンレディ’
穂が軽やかに浮き立つカラマグロスティス・ブラキトリカと左に緑の花を咲かせるフロックス‘グリーンレディ’との爽やかなコンビ。
ススキ‘パープルフォール’
ススキ‘パープルフォール’の紅葉。

雄大な姿に自然の美を感じる
サラシナショウマ

サラシナショウマ

日本の野山にも自生するサラシナショウマ。夏の終わり頃から秋にかけて、白い花穂をたくさん咲かせます。淡い香りを漂わせる美しい花は蝶も好み、盛んに来訪します。

背が高くなって咲き誇る雄大な草姿は、自然味があり、秋の景色に映えて、実に美しいものです。海外での人気も高く、多くの品種が作出されています。

サラシナショウマ‘ホワイト・パール’
サラシナショウマ‘ホワイト・パール’は、やや小型で花つきがよい種類。花穂が少し短く、花弁が密集して咲くのが特徴。

サラシナショウマは半日陰で、少し湿った場所でよく育ちます。暑さを嫌うので、夏に風通しのよい場所で育てるとよいでしょう。例えば、ギボウシなど半日陰向きの植物と一緒に植栽すると、しっとりとした日陰の風景が楽しめます。

‘クイーン・オブ・シバ’
‘クイーン・オブ・シバ’は、北米のサラシナショウマの交配種。深い葉色と枝垂れる花穂が特長。

秋の庭の名脇役
バーベナ

バーベナ・ボナリエンシス 
バーベナ・ボナリエンシス。

バーベナといえば、一般的な這性種が寄せ植えや花壇に利用されていますが、野趣に富んだ原種系のバーベナ・ボナリエンシスやバーベナ‘バンプトン’も、また違ったよさがあり、秋の庭の演出に役立ってくれます。

バーベナ‘バンプトン’
バーベナ‘バンプトン’

ここでご紹介する種類は、越冬して毎年楽しめるだけでなく、種子が自然に飛んで、あちこちから顔を出してくれるタイプです。春の後半から夏がメインの花ではありますが、花期が長くて秋も咲き続き、季節が進むと次第に色が濃くなって、また違った表情を見せてくれます。また、他の草花の隙間からも咲いてきてナチュラルに調和し、秋の庭を彩ってくれます。

秋のガーデン

バーベナ・ボナリエンシスを中心に、宿根センニチコウ‘ファイヤーワークス’が濃いピンクの花を咲かせて明るいアクセントとなっています。背景には、ペニセタム‘テールフェザーズ’などが風に揺れる秋花壇に。

バーベナ‘バンプトン’など

左手前にちらちらと紫の小花が群れ咲くバーベナ‘バンプトン’、奥には赤い穂を立ち上げるペルシカリア‘ファット・ドミノ’がアクセントになっています。右には、ススキ‘パープルフォール’、奥にはシックな紫の葉を伸ばすスモークツリー‘ベルベットクローク’など、秋のガーデンも写真のようにカラーコーディネイトが楽しめます。

秋深まるほど花色が冴える
アキチョウジ

アキチョウジ

まだ暑さの残る初秋から開花するアキチョウジは、秋の深まりとともに色を鮮やかに変えます。青い花色は、日中と朝晩の寒暖差が大きくなるほど色が濃くなりますが、このアキチョウジはまさに、暑い時期から肌寒い時期まで咲くので、その変化が分かりやすい花でもあります。段々と変わっていく季節の様子を楽しんでみてはいかがでしょうか。

晩秋、花色が最も濃くなる頃、半日陰で見るこの花は、まるで蛍光色のように鮮やかに目に映り、実に美しいものです。

アキチョウジ
アキチョウジ(濃色品種)を木陰で咲かせると花色が際立ちます。

その名は秋に咲く花が「丁」の字に似ていることに由来するそうです。園芸用として流通するものは野山の原種よりも色が濃く、花つきがよいです。青花の他に紫やピンク、白花もあり、近縁種のヒキオコシには赤や黒花もあります。

アキチョウジ
紫花の品種。
ヒキオコシの黒花種
ヒキオコシの黒花種。

ご紹介のように、秋だからこそ美しく見応えがある宿根草が、きっとあなたの庭の景色を変えてくれるでしょう。これまで知らなかった新しい植物を1種、2種と取り入れて、個性的なガーデンづくりに是非役立ててください。

Credit


写真&文/「おぎはら植物園」荻原範雄
長野県上田市にある宿根草と山野草を扱う植物専門店「おぎはら植物園」の店長。1979年から植物の栽培と販売をスタートさせた「おぎはら植物園」では、現在、取り扱う宿根草と山野草は4千種を超える。全国に苗生産者のネットワークを持ち、海外からの新品種の導入なども積極的に行う。近著に『四季の宿根草図鑑 決定版』(講談社)。
「おぎはら植物園」https://www.rakuten.co.jp/ogis/

撮影協力:軽井沢レイクガーデン(*)

Print Friendly, PDF & Email