トップへ戻る

秋花壇に植える草花8選! 秋色植物を育てよう

秋花壇に植える草花8選! 秋色植物を育てよう

montreep/shutterstock.com

夏の暑さもようやく一段落して、朝晩の風に秋の気配を感じられる季節。色彩に満ちた秋のガーデニングシーズンの到来です。今回は、秋花壇の演出にぴったりな植物を8種セレクトし、その魅力と育て方ポイントをご紹介します。

Print Friendly, PDF & Email

アスター

Flower_Garden/shutterstock.com

ガーデニングシーンで幅広く活躍する人気の高いアスターは、晩夏から秋にかけて花を咲かせ、花色や花形、草丈、咲き方など、非常にバリエーションに富んだ花。アスターと呼ばれるものには一年草と宿根草がありますが、ガーデニングでは宿根アスターがよく使われます。花色には、代表的な青紫の花のほか、白やピンク、紫、赤などの花があります。日当たりのよい場所で、水はけのよい土に植え付けて育てます。枝数を増やし、花を多く咲かせるために、5~6月頃に切り戻しを。また、よく増えて根詰まりを起こしやすいので、鉢植えの場合は毎年植え替えをするとよいでしょう。

ユウゼンギク
mahey/Shutterstock.com

⚫︎『春から秋までの花壇で大活躍! ガーデンを彩る宿根アスター』

ケイトウ

montreep/shutterstock.com

ふわふわとした質感の花穂と、カラフルで鮮やかな色彩が、秋のガーデンに欠かせないケイトウ。矮性品種は寄せ植えにも合わせやすく、使い勝手のよい花です。花姿はキャンドルのような形の花穂のほか、鳥のとさかに似たもの、玉状の固まりになるものなどいくつかのタイプがあります。日当たりと水はけのよいところで育てて、極端な乾燥に気をつけましょう。毎年タネを播いて育てる一年草で、移植を嫌うので、苗を植えつける際には根鉢を崩さないように植えます。

ケイトウ
aimful/Shutterstock.com

⚫︎『ケイトウの特徴や育て方を知ってトサカのような独特の花姿を楽しもう』

ノゲイトウ
AndperfumeInd/Shutterstock.com

⚫︎『ノゲイトウはおしゃれな庭のアクセントにぴったり! 育て方や特徴を解説』

センニチコウ

Amarita/shutterstock.com

丸い小さな小花がぽんぽんと咲く、可愛らしい夏~秋の花。日本では、仏花として親しまれていますが、丈夫で育てやすく、紫やピンク、白、赤などのバリエーションがあり、花壇の彩りにもとても重宝します。花に見える部分は実は苞で、花もちがよいのも嬉しいところ。名前の通りに長期間咲き続くカサカサとした花は、ドライにするのも簡単で、フラワーアレンジメントにもオススメです。基本的に一年草ですが、キバナセンニチコウは3℃程度を保てば冬越しさせることもできます。背が高くなる種類は、適宜支柱を立てて育てます。伸びすぎて姿が乱れてきたら、少し切り戻して新芽を出させるとよいでしょう。

kmksk/shutterstock.com

⚫︎『センニチコウの育て方。コツとお手入れ、植え替えや寄せ植えを一挙紹介します』

ルドベキア

J Need/shutterstock.com

夏~秋にかけて、黄色やオレンジ、赤茶色など暖色系の花を咲かせるルドベキア。一株でもよく枝分かれして、一面に鮮明な色の花を咲かせる姿は遠目からでもよく目立ち、ガーデンに色の面を加えてくれます。品種によって一・二年草タイプ、または宿根草タイプに分かれます。丈夫で育てやすく、肥料もあまり必要としません。苗を植えつけるほか、春、または秋にタネを播いても育てることができます。秋播きした場合は、冬は凍らない程度に防寒しましょう。宿根草タイプは、数年に一度、株分けを兼ねて植え替えるとよく育ちます。

ルドベキア
Lijuan Guo/Shutterstock.com

⚫︎『ルドベキアとエキナセアは似ているようで違う! 2種の特徴と違いを解説』

ブロンズ色のルドベキア
Mike Russell/Shutterstock.com

⚫︎『ルドベキアの栽培方法! 花言葉や綺麗に育てるコツをご紹介』

ダリア

Kostin SS /shutterstock.com

赤やピンク、オレンジ、黄色、複色など幅広い花色を持ち、花形も人の目を惹きつける大輪品種から可愛らしい小輪品種、豪華な八重咲きやポンポン咲き、シンプルな一重咲き、変化咲きなど、バリエーション豊かな花姿を持つダリア。秋のガーデンの主役花としても活躍します。多くは春植え球根として扱われる多年草タイプですが、タネから育てる品種も多く流通しています。球根植物なので乾燥に強く、根腐れには注意が必要。茎が伸びてきたら倒れないように適宜支柱を立て、花がらはこまめに摘み取りましょう。場所によっては、冬は球根が凍らないように掘り上げて保管します。

ダリア 育て方
写真/遠藤 昭

⚫︎『寄せ植えや花壇に活躍「ダリア」の種類と上手な育て方』

セダム

T.W. van Urk/shutterstock.com

多肉植物として広く知られているセダムですが、実は花壇の彩りとしてもよく使われています。丈夫で乾燥に強く、よく広がって地面を覆うので、グラウンドカバーにぴったり。種類が豊富なので、選ぶ楽しみもあります。葉の紅葉が美しく、晩夏に咲かせた花が秋になるにつれ花色を深める‘オータム・ジョイ’など、品種によっては秋花壇の彩りとしてもオススメ。水はけ、日当たりのよい場所で育てます。耐寒性、耐暑性が強いものが多く、丈夫で育てやすい花ですが、高温多湿には弱いので、梅雨から夏にかけて注意が必要。雨がかからず、風通しのよい場所で夏越しさせるとよいでしょう。

トウガラシ

nop16/shutterstock.com

実りの秋、ともいうように、秋はさまざまな植物が実を結ぶ季節。花壇にも実物を取り入れると、ぐっと秋らしさが出ます。観賞用のトウガラシは、オレンジや赤、紫などカラフルな色彩と可愛らしい形の艶やかな実をつけ、秋花壇の演出にぴったり。ハロウィンの飾りとしてもオススメです。植えつけの適期は5~8月頃。水はけがよく、肥沃な土を好みます。根鉢を崩して植えつけるとよく育ちますが、あまり大きくしたくない場合には、すでに実のついた株を、根鉢を崩さずに植えるとよいでしょう。

観賞用トウガラシ
Yui Yuize/Shutterstock.com

⚫︎『カラフルで個性的! 観賞用トウガラシ(唐辛子)の手入れや増やし方を解説』

グラス類

JPL Designs/ Shutterstock.com

秋らしいガーデン風景をつくる際に、ぜひ取り入れたいのがグラス類。細い茎の先に柔らかな穂を伸ばすグラス類の姿は、それだけで秋らしい情緒にあふれています。日本でも、ススキが風に穂を揺らす姿は、秋の風情を感じさせる代表的な光景の一つですね。グラス類は丈夫で手がかからず、放任でもOKな種類が多いのも嬉しいところ。非常にたくさんの種類があり、草丈や葉色、穂の様子などもさまざまなので、シーンに合わせたものを選びましょう。写真は光沢のある銅色の葉に赤紫がかる穂が美しい‘パープル・ファウンテン・グラス’。

オーナメンタルグラス
Sergey V Kalyakin/Shutterstock.com

⚫︎『秋から初冬まで変化を楽しめるオーナメンタルグラス 〜小・中型種10選〜』

オーナメンタルグラス
J Need/Shutterstock.com

⚫︎『秋から初冬まで変化を楽しめるオーナメンタルグラス 〜大型種10選〜』

ここでご紹介したものの他にも、秋らしい雰囲気を感じさせる植物はたくさんありますし、紅葉がきれいな植物を取り入れるのも効果的。ぜひ、自分らしい秋のガーデンを楽しんでくださいね。

Photo/ 1,3)pongsakorn chaina/ 2)Flower_Garden/ 4)Amarita/ 5)J Need/ 6)Kostin SS/ 7)T.W. van Urk/ 8)nop16/ 9)JPL Designs/ Shutterstock.com

秋花壇に植える草花8選! 秋色植物を育てよう<1:アスター、ケイトウ>

秋花壇に植える草花8選! 秋色植物を育てよう<2:センニチコウ、ルドベキア>

秋花壇に植える草花8選! 秋色植物を育てよう<3:ダリア、セダム>

秋花壇に植える草花8選! 秋色植物を育てよう<4:トウガラシ、グラス類>

Print Friendly, PDF & Email

連載・特集

GardenStoryを
フォローする

ビギナーさん向け!基本のHOW TO