30代にメルボルンに駐在し、オーストラリア特有の植物に魅了された遠藤昭さん。帰国後は、オーストラリアの植物を中心としたガーデニングに熱中し、神奈川県の自宅の庭で100種以上のオージープランツを育てた経験の持ち主。ガーデニングコンテストでも数々の受賞歴があり、60㎡の庭づくりの経験は25年になるという遠藤さんに、庭で育てがいのあるオージープランツを解説していただきます。

Print Friendly, PDF & Email

日本でも育てやすいオーストラリア原産のブルーの花

オーストラリアの花はブルーが多い。青い空を映し出しているのだろうか?

今回、ご紹介するクサトベラ科のブルーファンフラワー(学名: Scaevola aemulaの原産地は、西オーストラリアではなく、メルボルンがある南東部。つまり、比較的温暖湿潤な気候で、他の多くのオージー草花の原産地である西オーストラリアほど乾燥していない。比較的日本の気候に近いので、育てやすいはずだ。

本来多年草で大きく広がるが、日本では一年草扱いとなっている。しかし、神奈川の横浜あたりだと霜除けすれば越冬し、多年草として楽しめる。4月頃から10月頃まで、扇形の青紫の花が咲き続ける。乾燥に比較的強く、ハンギングなどにも適している。

ブルーファンフラワーの性質と育て方

育て方は、他のオージープランツ同様に、日当たりのよいところで、やや乾燥気味に管理するとよい。苦手なのは、梅雨時の過湿と、雨上がりのピーカンの天気。土が濡れている時に西日などの強い太陽に当たり、鉢の温度が上がるのがよくないようだ。真夏は鉢の温度が上がらない工夫をするとよい。

用土は赤玉6、鹿沼土1、腐葉土3のブレンドが、適度に保湿効果もあってよいようだ。西オーストラリアの植物ほどリン酸を嫌うことはないが、液体肥料を施すより、発酵油粕の置き肥のほうが、根に優しくて調子がよい。

ブルーファンフラワーの生かし方

このブルーファンフラワー、オーストラリア南東部が原産地とされているが、西オーストラリアでも原生しているスポットに遭遇した。葉も大きくやや大型だが、花は確かにブルーファンフラワーだ。ガイドさんもそう解説していた。

ブルーファンフラワーは成長が進むと、こんもりと垂れ下がってくれるので、縦に扇状に広がるコルディリネ・オーストラリスと好相性だ。剣葉が放射状に天に伸び、ブルーファンフラワーが柔らかく根元を引き締めてくれる。

また、ドライなイメージの花だが、和の雰囲気も持っているので、和の器に入れて、石灯籠とヤツデの前に置いてみると、意外とマッチしてくれた。

暑い夏にブルーの花は涼しげで嬉しい。この花を眺めていると、乾いたオーストラリアの風が吹いてきて、日本の蒸し暑さを吹き飛ばしてくれる。そんな気分になれる、ブルーファンフラワーだ。

Credit


写真&文/遠藤 昭
「あざみ野ガーデンプランニング」ガーデンプロデューサー。
30代にメルボルンに駐在し、オーストラリア特有の植物に魅了される。帰国後は、神奈川県の自宅でオーストラリアの植物を中心としたガーデニングに熱中し、100種以上のオージープランツを育てた経験の持ち主。ガーデニングコンテストの受賞歴多数。川崎市緑化センター緑化相談員を8年務める。コンテナガーデン、多肉植物、バラ栽培などの講習会も実施し、園芸文化の普及啓蒙活動をライフワークとする。趣味はバイオリン・ビオラ・ピアノ。著書『庭づくり 困った解決アドバイス Q&A100』(主婦と生活社)。
ブログ「Alex’s Garden Party」http://blog.livedoor.jp/alexgarden/

Print Friendly, PDF & Email