30代にメルボルンに駐在し、オーストラリア特有の植物に魅了された遠藤昭さん。帰国後は、オーストラリアの植物を中心としたガーデニングに熱中し、神奈川県の自宅の庭で100種以上のオージープランツを育てた経験の持ち主。ガーデニングコンテストでも数々の受賞歴があり、60㎡の庭づくりの経験は20年になるという遠藤さんに、庭で育てがいのあるオージープランツを解説していただきます。

Print Friendly, PDF & Email

丈夫なオーストラリアン・マリーローズ

ウエストリンギアは、一般的には「オーストラリアン・ローズマリー」と呼ばれている。葉も花も実にローズマリーに似ているが、残念ながら葉に香りはない。白花と薄紫の花があり、葉は白または黄色の斑入りもある。

僕がこのウエストリンギアに出会ったのは、約20年前。オージープランツのマニア仲間が、斑入りの珍しい品種が手に入ったと、苗を譲ってくれたのが栽培の始まりだ。当時は、斑入りのウエストリンギアは極めて珍しかった。だいたい珍しい品種というのは、育てにくく枯れやすい。ところが、このウエストリンギアは丈夫で、かれこれ20年以上も育っている。

やがて、日本では、斑入りの品種Westringia fruticosa variegataの方がポピュラーになったようだ。

オーストラリアの園芸サイトでも、この低木のウエストリンギアは丈夫で育てやすく、生け垣やグラウンドカバー、鉢植えのスタンダード仕立て、観葉植物としてなど、あらゆる用途に使いやすいと記されている。

擁壁の上から、下に枝垂れて育った我が家のウエストリンギア。

日本で育つオージープランツの多くは、西オーストラリア原産ではなく、オーストラリア東海岸のものが多いが、このウエストリンギアもcoastal rosemary や coastal westringiaと呼ばれ、シドニーのあるニューサウスウエールズ州の海岸沿いに原生し、海岸の崖に生えているようだ。それで、我が家でも擁壁の上に植えてみたら、枝垂れてよく育った。

庭木として植えっぱなしで重宝する銀葉の茂み

比較的丈夫なので、ミントブッシュの台木にも使用されている。紫の花はミントブッシュ。

樹形が美しく年中花が咲くのも魅力

Photo/ tamu1500/ Shutterstock.com

近年、日本でも、庭木として人気だ。このウエストリンギアの魅力は何といってもシルバーリーフや、斑入りの美しい葉である。そして、ローズマリーは樹形が乱れやすいが、このウエストリンギアは枝がまっすぐ伸びるので、樹形が美しい。そして花が一年中咲く。そして何よりも、庭木として魅力的なのは、病害虫がまず発生しないということである。また、オージープランツの中では耐寒性も抜群である。

挿し木で簡単に増やせるのも嬉しいところ。庭木は、種類によっては剪定や病害虫に意外と悩まされやすいが、ウエストリンギアなら庭やベランダで、名脇役として活躍してくれるだろう。

併せて読みたい

芳香も魅力の庭木ミントブッシュ【オージーガーデニングのすすめ】
草取りで心が折れそうな人へ。除草剤の効果的な使い方
水苔(みずごけ)の基本的な戻し方・使い方【土を使わない栽培法】

Credit

写真&文/遠藤 昭
30代にメルボルンに駐在し、オーストラリア特有の植物に魅了される。帰国後は、神奈川県の自宅でオーストラリアの植物を中心としたガーデニングに熱中し、100種以上のオージープランツを育てた経験の持ち主。ガーデニングコンテストの受賞歴多数。現在は、川崎市緑化センター緑化相談員を担当しながら、コンテナガーデン、多肉植物、バラ栽培などの講習会も実施。園芸文化の普及啓蒙活動をライフワークとする。著書『庭づくり 困った解決アドバイス Q&A100』(主婦と生活社)

Print Friendly, PDF & Email