トップへ戻る

【クリスマスレシピ】サクサクふわふわの華やかケーキ〈メレンゲルーラード〉

【クリスマスレシピ】サクサクふわふわの華やかケーキ〈メレンゲルーラード〉

雪のようなメレンゲの上に、イチゴやラズベリーの赤が映えるメレンゲルーラード。スペシャル感たっぷりの見た目と、サクサクふわふわの新食感が楽しいメレンゲケーキは、みんなが喜ぶ、クリスマスにもぴったりの一品です。イギリス菓子研究家でパティシエのThe Pudding Party Tomoさんに、このお菓子との出合いと作り方について教えていただきましょう。

Print Friendly, PDF & Email

本で見つけた気になるお菓子

メレンゲルーラード

メレンゲルーラードって、どんなお菓子? この名前を初めて耳にする方もいらっしゃるかもしれませんね。一言でいうと、メレンゲで作るロールケーキ。ケーキ生地の代わりにふわふわのメレンゲをシート状に焼いて、クリームとフルーツを巻き込んでロールケーキにします。

私がこのお菓子を知ったのは、まだイギリスで働く前のこと。東京にあるイギリス風のティールームで働いていたときに、当時の先輩が「この本、絶対気に入るよ」と一冊の本を貸してくれました。イギリスの田舎にあるティールームを紹介したもので、その中にこのお菓子が載っていたのです。

今でこそイギリスが大好きな私ですが、じつは当時、初めて挑んだロンドンでの語学留学がうまくいかず、敗北感を抱いていたところでした。季節が冬だったとか、理由はいろいろありますが、とにかくイギリスなんて大嫌い! と思っていたのです。それなのに、なぜかイギリス風のティールームで働くことに。イギリスに行った後だったのと、その店が私の大好きな町にあったという、単純な理由からでしたが、思えば不思議な巡り合わせでした。このティールームのおかげで今の私があると言っても過言ではありません。大嫌いと思っていたイギリスに、再び導かれることになったのですから。

イギリス本
集めたイギリス本の数々。今も大切にしています。

店までの毎日の通勤は、片道1時間半。電車の中で、いつも本を読んでいました。先輩に借りた本に夢中になって、次第に読むのはイギリス関連の本ばかりになりました。本に出てくるイギリスの田園風景は美しく、お菓子も素朴でとっても美味しそう! 日本では見たこともないお菓子がたくさんある。これはもう行くしかない! 本が伝える景色に魅せられ、私はそう決めました。

大都市ロンドンに行ったのが間違いだった。田舎に行けばよかったんだ! 私は再びイギリスでの語学留学を計画しました。本で紹介されているコッツウォルズ地方の数々のティールームを訪ねられるよう、コッツウォルズの中心地、チェルトナムの語学学校を調査。斡旋業者に頼んだロンドン留学の失敗に懲りて(それから節約のためにも)、自力で見知らぬ町の学校を調べ、英語もろくにできないのに入学手続きをし、学生ビザを取得しました。お金の許す限り滞在することにしたのです。

コッツウォルズでついに遭遇

コッツウォルズ
花々に囲まれた、コッツウォルズらしい石造りの家。

さて、無事コッツウォルズに乗り込んだ私。語学学校の生活はとっても楽しかったのですが、この留学の一番の目的は、休日にバスを乗り継いでいろいろな村に行き、お菓子を食べることでした。夏休みなどの長い休暇には電車も使って、イギリス各地の田舎に出向きました。英語が特に好きというわけでもなく、語学力は日本の学校で培った程度。でも、乏しい英語でも頑張って話せば伝わる! という精神です。自分でもすごい行動力だと思いますが、大抵のことはなんとかなる!

ティールーム巡りでは、いつもクリームティーというスコーンと紅茶のセットを注文していましたが、コッツウォルズの小さな村のティールームで、ついに見つけたのです! あの本に出てきたメレンゲルーラードを。いつか食べてみたいと思っていた、よく分からないお菓子!

いつものようにクリームティーを食べた後、待望のメレンゲルーラードを注文しました。その店のものは、ヘーゼルナッツ風味のふわふわサクサクのメレンゲでチョコレートクリームをロールしてあります。ワクワクしながら一口。しかし……率直な感想は「とてつもなく甘い……!」でした。それでも、これはどうやって作るのだろう? と、興味をそそられます。メレンゲをどんな風に焼いて、ロールケーキの生地にするのだろう? その謎は解けないままでしたが、食い倒れの旅、いえいえ、語学留学を無事終えて、私は帰国の途に就きました。

コッツウォルズのティールーム
コッツウォルズ、チッピング・カムデンのよく通ったティールーム。

それから1年後、ラッキーなことに、私はワーキングホリデーで再びイギリスに向かうことになりました。パティシエとして働くことになったコッツウォルズのホテルでは、イギリス伝統のお菓子を作っていましたが、その中にあったのです。あのメレンゲルーラードが!

やった! ついに作り方を学べる! それまでメレンゲといえば、フワフワの卵白を泡立てたものか、焼いたらサクサクのクッキーになるものの、2種類しか知らなかった私。初めて作るメレンゲ生地に、これで焼いて大丈夫なの? と心配になりましたが、焼き上がったものは、あのティールームで食べたサクサクふわふわのメレンゲ生地そのものでした。

メレンゲルーラード

そのホテルでは、メレンゲ生地に無糖の生クリームとフルーツを巻き込んで、ロールケーキにしていました。ティールームで初めて食べたルーラードはちょっと甘すぎると思ったけれど、このレシピはフルーツの酸味で意外とさっぱりしています。

今でもよく作るこのお菓子。初めて食べる人は必ず感動しますので、ぜひ作ってみてくださいね! 作り方は、以前ご紹介したパブロバとよく似ています。生地がメレンゲで軽いので、たくさん食べられてしまう危険なお菓子です。ご注意くださいね。

メレンゲルーラードの作り方

メレンゲルーラードの作り方

材料(ロールケーキ1本分)

〈メレンゲ〉天板1枚分

  • 卵白……4個分
  • グラニュー糖……200g
  • コーンスターチ……小さじ1(片栗粉で代用可)
  • バニラエッセンス……小さじ1
  • モルトビネガー……小さじ1(白ワインビネガーやレモン果汁で代用可)

〈トッピング〉

  • 生クリーム……200ml
  • イチゴなど、好みのベリー類を好きなだけ
  • 粉糖……適量
モルトビネガーとバニラエッセンス
右は英国サーソン社のモルトビネガー。左はバニラエッセンス。

作り方

1.オーブンを160℃に予熱する。

2.メレンゲを作る。卵白に、分量のグラニュー糖のうち、大さじ1をまず入れて、ふんわりするまで泡立てる。

メレンゲルーラードの作り方

3.ふわっとしたら、残りのグラニュー糖の1/3を入れ、またツノが立つまでしっかり混ぜる。

メレンゲルーラードの作り方

4.3と同じように、残りのグラニュー糖を2回に分けて加え、その都度ツノが立つまでしっかり混ぜる。

メレンゲルーラードの作り方

5.コーンスターチ、バニラ、モルトビネガーを入れ、混ぜる。

メレンゲルーラードの作り方
メレンゲルーラードの作り方

6.混ざったら、クッキングペーパーを敷いた天板にメレンゲを流す。

メレンゲルーラードの作り方
メレンゲルーラードの作り方

天板の四隅にメレンゲを少しつけて、クッキングペーパーを貼り付けると、メレンゲを平らにしやすい。

メレンゲルーラードの作り方

7.スパチュラなどで平らにならす。

メレンゲルーラードの作り方

それほど神経質になる必要はなく、このような感じで大丈夫。
大体平らになったら、160℃のオーブンで約20分焼く。

8.焼き上がり。

メレンゲルーラードの作り方

9.焼き上がったらすぐに、茶こしを使って、粉糖をメレンゲの表面全体にたっぷりと振りかける。

メレンゲルーラードの作り方

10.もう1枚のクッキングペーパー(後でこのペーパーを使ってケーキを巻く)を上にかぶせ、メレンゲ生地をひっくり返す。

メレンゲルーラードの作り方

底に敷いていたクッキングペーパーをゆっくりと剥がす。

メレンゲルーラードの作り方

11.ペーパーを剥がしたら、底面にも粉糖をたっぷりと、茶こしを使って振りかける。

メレンゲルーラードの作り方

メレンゲはこのまま置いておく。

12.氷水を入れたボウルにもう一つボウルを重ね、生クリームを泡立てる。

メレンゲルーラードの作り方

13.メレンゲ生地に(底側が上)生クリームを塗っていく。

メレンゲルーラードの作り方

14.好みのフルーツを並べる。

メレンゲルーラードの作り方

このように横1列に並べると、どこを切ってもフルーツが均等にある状態になる。

15.クッキングペーパーを使いながら、ロールケーキを作る要領でメレンゲを巻く。

メレンゲルーラードの作り方

16.皿に置いて、フルーツを飾り付けたら完成!

メレンゲルーラードの作り方

ハーブの緑を添えれば、ぐっとクリスマスらしくなりますよ。今年のケーキにぜひどうぞ。

メレンゲルーラード
Print Friendly, PDF & Email

連載・特集

GardenStoryを
フォローする

ビギナーさん向け!基本のHOW TO