ガーデンライフが楽しくなるオススメの本をご紹介。緑に親しむ人の書棚に必ず見つかるスタンダードブックスからスタート。​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​

Print Friendly, PDF & Email

『赤毛のアン』

L・M・モンゴメリ著(松本侑子訳、集英社文庫)

アンは、ある事情があって両親と死に別れた孤児。施設や子だくさんの意地悪な養母のもとで暮らした後、マシューとマリラ兄妹の家に引き取られます。大の空想好きで、おしゃべりで、活発なアンが繰り広げる騒動の数々。そんなアンンに戸惑いながらも、次第に心惹かれていくマリラ、口数は少ないけれどやさしく見守ってくれているマシュー。そのマシューの死、将来の夫ギルバートとの出会い。カナダのプリンスエドワード島を舞台にした物語は、自然の営みの素晴らしさ、その美しい自然の中で生きる喜びを詩情豊かに謳い上げていきます。翻訳はこの作品を深く研究している松本侑子訳がオススメ。ガーデナーの書棚に、ぜひこの名作を。

Print Friendly, PDF & Email