新しい年は、季節の花を飾ることを習慣づけてみませんか。フラワー&フォトスタイリストの海野美規さんによる月1回のWeb上フラワーアレンジメントレッスンでは、身近に咲く季節の花や暮らしの道具を取り入れながら、簡単で可愛い花の飾り方をご紹介しています。今回は一年の始まりにふさわしく、真っ白なチューリップのお正月風アレンジメントを教えてくれます。和の空間にも、洋の空間にも似合いますよ。

Print Friendly, PDF & Email

素材は3つ。色は白とグリーンのシンプル構成

庭のチューリップが咲き出すのは3~4月頃ですが、切り花のチューリップは、クリスマスの頃から登場します。チューリップは早春の花。元気で伸びやかなチューリップを新年に飾りませんか。一重咲きで純白のチューリップと、庭で咲き始めたスイセン、松の小枝(お正月飾りや門松を再利用しても構いません)を合わせてみました。チューリップのしなやかな茎を生かして、自然なラインを楽しみましょう。

使った花と器

・白いチューリップ  10本
・白いスイセン    2本
・松         2本

器/ブック形の器

手順

  1. どちらか一方の隅を起点にして入れていきます。この場合、右角を起点にします。
    チューリップを1本ずつ、前から見て長さのバランスを考えながら入れます。チューリップの葉も入れます。
  2. スイセンは、チューリップと松をつなぐような感じで入れます。
  3. 最後に、松を垂直に立てるように入れます。
  4. 赤白の水引を器に巻いて結びます。

壁の前に置くことを前提にして、奥行きがなく後ろ側は平らな状態です。厚みのないブック形の器なので、花も厚みを持たせずまとめました。

新春ということで、赤白の水引を器に。
中央よりもやや上で、帯ひものように結びました。

または、赤白2本の水引を蝶々結びにして、松に添えるだけのシンプルなあしらいもいいですね。

チューリップは品種によって、次の日になると起き上がってきたり、垂れたり、日光に向かって向きを変えてしまうことがあります。活けてから伸びたり、花が開いたり閉じたりとよく動く植物です。様子を見て切り戻し、手直しをしてください。毎日活け直せるのも楽しみな花です。

買ってきたばかりのチューリップは、少し茎が柔らかめでうつむき気味です(手順4)。次の日は水がよく上がり、元気に起き上がってきたので、長さを調整して少しデザインを整えました。

併せて読みたい

クリスマスやお正月にもぴったり! 冬こそ楽しめるおしゃれなリースの寄せ植え
正月に飾りたい 一年のスタートを彩る清々しくて縁起のよい植物8種
小さな庭と花暮らし 「新年の迎え花」

Credit

アレンジ作成・写真・文/海野美規(Unno Miki)

パリで『エコール・フランセーズ・ドゥ・デコラシオン・フローラル』に入門、ディプロムを取得。『アトリエ・サンク』の山本由美氏、『From Nature』の神田隆氏に師事。『草月流』師範。フランス、ハンガリー、シンガポールでの暮らしを経て、現在日本でパリスタイル・フラワーアレンジメントの教室『Petit Salon MILOU(プチ・サロン・ミロウ)』を主宰。http://www.annegarden.jp

Print Friendly, PDF & Email