二十四節気で7月7日頃のことを”小暑”といいます。この季節は、庭でフルーツを育ててみるのはどうでしょうか。実りは季節が巡る楽しみをぐんと広げてくれます。今回は、鉢植えでも十分楽しめる「ガーデン・フルーツ」をご紹介します。​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​

Print Friendly, PDF & Email

二十四節気 小暑 7月7日頃

ガーデン・フルーツの楽しみ

1本で実るものを選ぼう

日差しが眩しくなるこの頃。暑さとともに、庭で彩りを増していくのがベリー類です。ブラックベリー、ラズベリー、ジューンベリー、グーズベリー、スグリ類…。キラキラと輝く果実はまるで宝石のように美しく、夏の庭のアクセントになってくれます。果実を庭で育てるときのキーワードは「自家結実性」。果樹は種類によって、1本単体で果実を実らせる「自家結実性」と、2本以上の「受粉樹」を必要とするものがあります。家庭の庭ではスペースも限られているため、1本で実をつけてくれるものがうれしいですね。上に挙げたベリー類はすべて1本でもよく実ってくれる種類です。

一方、人気の高いブルーベリーは、2本以上の受粉樹を必要とする品種があるため、少し下調べをしてから栽培することをオススメします。というのも、ブルーベリーは土の好みにもちょっと“こだわり”を持った果樹だからです。ガーデンに咲く草花の多くはアルカリ性から中性の土を好むため、土づくりにはしばしば石灰が用いられます。しかしブルーベリーは逆に「酸性」の土を好むため、「ピートモス」というコケを使って土を酸性化する必要があるのです。これはブルーベリーと同じ「ツツジ科」の植物に共通する傾向です。ちなみに、ブラックベリーやラズベリーは「バラ科」、グーズベリー、スグリ類は「スグリ科」で、両者ともあまり土の好みにうるさくはありません。

 

夏にオススメのおいしい果樹

ベリー類の他にも、1本で結実する家庭向きの果樹はたくさんあります。オススメはパッションフルーツ。生育旺盛なつる性植物で、真夏の暑い日差しを遮るグリーンカーテンとしても有効ですし、トケイソウに似た華やかな花も目を引きます。熟した果実は甘酸っぱく、南国の香りを漂わせるデザートやドリンクとして食卓をにぎわせてくれるでしょう。

 

ガーデン・フルーツを味わおう!

ベリー類は生食もできますが、火を入れることで野性味溢れる素晴らしい香りが立ちます。朝食1食分のジャムなら、ベリー10粒程度で間に合います。耐熱容器に果実を入れ、砂糖を加えてレンジで温めるだけでOK。最盛期には、食べるのが追いつかなくなってくるため、冷凍しておくか、果実酒にして保存しましょう。

カラント酒の作り方

【材料】500ccの保存容器、レッドカラント150g、氷砂糖150g、ホワイトリカー350cc

  1. 容器を熱湯消毒しておきます。
  2. 枝から実を外し、水洗いした後、キッチンペーパーで水気を拭き取ります。
  3. 容器にレッドカラント、氷砂糖、ホワイトリカーを入れます。
  4. 約半年後、実を取り出し、ガーゼなどで漉せば、ルビー色の美しいカラント酒の完成!

 

庭植えにオススメのガーデン果樹

ラズベリー Rubus idaeus バラ科 キイチゴ属 フランスではフランボワーズと呼ばれるキイチゴの仲間。5〜6月に咲いた花が結実し、赤く色づいたら収穫どき。
ラズベリー
Rubus idaeus
バラ科 キイチゴ属
フランスではフランボワーズと呼ばれるキイチゴの仲間。5〜6月に咲いた花が結実し、赤く色づいたら収穫どき。

 

ブラックベリー Rubus バラ科 キイチゴ属 丈夫で育てやすいつる性の低木。受粉樹の必要がなく、初心者向き。枝にトゲがあるものとないものがあります。
ブラックベリー
Rubus
バラ科 キイチゴ属
丈夫で育てやすいつる性の低木。受粉樹の必要がなく、初心者向き。枝にトゲがあるものとないものがあります。

 

カラント Ribes スグリ科 スグリ属 キラキラ光る赤い果実がアクセサリーのよう。耐寒性は強いのですが、暑さは苦手なので半日陰向き。
カラント
Ribes
スグリ科 スグリ属
キラキラ光る赤い果実がアクセサリーのよう。耐寒性は強いのですが、暑さは苦手なので半日陰向き。

 

ブルーベリー Vaccinium ツツジ科 スノキ属 樹高1〜3mとコンパクトな果樹で家庭栽培向き。酸性土壌を好むので、用土調整がしやすい鉢植えで育てるのもオススメ。
ブルーベリー
Vaccinium
ツツジ科 スノキ属
樹高1〜3mとコンパクトな果樹で家庭栽培向き。酸性土壌を好むので、用土調整がしやすい鉢植えで育てるのもオススメ。
Print Friendly, PDF & Email