SNSで流行りはじめ、人気に火が付き、最近では、百貨店や雑貨屋さんなどでも、よく見かけるようになったハーバリウム。今回は、この季節にピッタリな、ヒムロスギや実ものなどを使った、クリスマス・ハーバリウムの作り方をご紹介します!
作り方は難しくないので、初心者さんでも簡単に楽しくつくれますよ。

Print Friendly, PDF & Email

ハーバリウムづくりは、ストレスを減らして心身の癒しになります

ボトルの中にさまざまな植物を閉じ込めたハーバリウム。液体の中で輝く植物たちは、ずっと飾っておきたくなるほど可愛いですね。残念ながら、ハーバリウムは食べたり飲んだりできませんが、人は視覚から入る情報が9割といわれていて、見てきれいだな~と思うことが、ストレスを減らして心身を癒す「ガーデンセラピー」に繋がります。

また実際に自分で作ってみることは、ガーデンセラピーの中の一つ・芸術療法になります。手を動かし、細かい作業を通じて、脳の活性化・ストレスの発散・五感を磨くなどの作用が期待できますよ。

クリスマス・ハーバリウムの作り方<準備編>

まずは、クリスマス・ハーバリウムに入れる花材から!

ハーバリウムに使う花材は、プリザーブドフラワー加工されたものやドライフラワーが向いていて、花材店・手芸店・雑貨店・インターネットショップなどで買うことができます。

生花は水分を含んでいるため、オイルに入れた時にカビが生えることがあり、ハーバリウムには適していません。

<今回使う材料>

・ヒムロスギ   3本(10㎝程度)

・ソフトヤマイモ 1枝

・千日紅     7個

・シナモン    1本(好きなサイズにカットして使用)

・木の実     7個

・リーフ     1枚

・ハーバリウム用オイル(シリコンオイルやミネラルオイルなど) 適量

それから、ハーバリウムの容器(ビン)を用意します。

素材は、透明なガラスビンがベスト!

オイルを入れた時に、光を反射して、一番きれいに見えますよ。

ハーバリウム用のビンは、角瓶・丸瓶など、形やサイズも豊富にそろっていて、現在は、花材を扱っているお店に一緒にあることも多いです。お好みで、選んでいただければOKです。

ご家庭の空き瓶などを利用される場合には、残留物をきれいに取り除き、完全に乾燥させてからご利用ください。

併せて、はさみと、ピンセットや竹串も準備。

ピンセットは、ハーバリウムの容器に花材を入れていく際、お花の向きの細かい調整に使います。容器の底の先まで届く長さのものを用意してください。

クリスマス・ハーバリウムを作ってみよう!

それでは、つくっていきましょう♪

まず、花材たちを、手やピンセットを使いながら、ビンに詰めていきます。

はじめのうちは、詰める前に、どこにどんな花材を入れたらいいのか、机の上で並べ、完成図をシミュレーションしてみるのがオススメですよ!

また、入れる際、花材がしっかり留まるような配置をしていないと、オイルを注いだ時に、ぷかぷかと花材が浮いてきてしまいます。

例えばこのように……

丸くて軽い千日紅は、ヒムロスギの枝を斜めに配置して、浮いてこないように工夫をしています。花材は、すべてを真っすぐにしなくても平気なので、留める役割をもつ花材をうまく配置するのが、きれいにつくるポイントです!

そんな風にして、すべての花材を入れ終わったのが、こちら♪

空間が少々あるくらいで、ぎっしり花材を詰めていますが、ここはお好みで減らしていただいても構いません。

ビンを回して、どこから見てもきれいに入っているかを確認しましょう。

花材の向きなど、気になる部分がある場合は、オイルを入れてしまってからだとやりにくいため、この段階で、ピンセットや竹串を使って調整してくださいね。

続いて、ハーバリウム用オイルを入れていきます!

ポイントは、ビンの縁に沿わせるように、そーーーーっと入れていくこと!

ここで勢いよく注いでしまうと、せっかく入れた花材が沈んでいき、下の方でくっついてしまいますので、ご注意くださいね。

液を入れていくと、花材に含まれていた気泡が浮いてきます。1~2時間は、ビンの蓋をせず、空気を逃がしてあげてください。

この気泡が上がっていく様子も、とても可愛いですよ♪

そして、ビンの蓋を閉める際に、オイルの量をチェックします!

花材がオイルから出てしまっているのはNGです。必ず、オイルに全部が浸かっていることを確認しましょう。

出てしまっている部分は、ピンセットでそーっと、修正してください。

また、オイルの量は口までなみなみとは入れず、遊びの部分を残しておきます。オイルは熱膨張の作用がありますので、オイル漏れを防ぐために、遊びを残しておくことが大切です。

キャップをしっかり閉めたら、完成です!!

タグと一緒にクリスマスオーナメントを付けてみたり、花材を変えてみたりすると、また印象も変わります!

ぜひ、オリジナルのクリスマス・ハーバリウムを作ってみてくださいね♪

Credit

写真&文/堀 久恵(ほり ひさえ)

花音-kanon- 代表、ガーデンセラピーナビゲーター。

生花店勤務を経て、ガーデンデザイン・ハーブ・アロマセラピー等を学び、起業。植物のある暮らしを通じて、病気になりにくい身体を作り健康寿命を延ばすことを目指した「ガーデンセラピー」に特化した講座の企画運営と庭作りを得意とする。植物に囲まれ、日々ガーデンセラピーを実践中。埼玉県熊谷市在住。

https://kanongreen.com/

Print Friendly, PDF & Email