トップへ戻る

お庭で育てたハーブ活用法! 簡単! ミントビネガーを作ろう

お庭で育てたハーブ活用法! 簡単! ミントビネガーを作ろう

ハーブ初心者さんも育てやすい「ミント」を、ご自宅で一鉢、育ててみませんか? 自分で育てていれば、自宅で好きな時、好きなだけ使えてとっても便利! 摘みたてのミントを、おいしく飲んだり食べたりと、幅広く楽しめますよ。今回は、ミントの基本情報・育て方のコツと、たくさん収穫できた時の保存におすすめ! なミントビネガーの作り方をご紹介します。

Print Friendly, PDF & Email

ミントとは?

今回の主役はミント。たくさんの種類が存在し、ハーブとしても人気がありますね。ミントは全世界で繁殖してきた歴史のある植物で、日本には2000年以上前に中国から伝わってきたといわれます。ハーブというと、地中海のような、カラッとした気候を好む種類が多い中、ミントは日本のジメジメとした湿気のある気候にも強く、丈夫に育ってくれるのも嬉しい点ですね。

まずは、庭で育てるのにおすすめの代表的なミントを3種類ご紹介します。

ペパーミント

ペパーミント

ペパーミントの爽やかな清涼感と刺激的な風味の主成分は、メントール。メントールには、鎮痛・鎮痒・冷却・防腐・殺菌作用があるため、湿布や軟膏など医療分野でもよく使われますね。

また、メントールには胃の消化促進作用があるため、食後のティーとしてもおすすめで、食べすぎ・飲みすぎなどで胃の調子が悪い時や、胃のむかつき症状、胃潰瘍の予防にも○。

スペアミント

スペアミント

スペアミント(spearmint)のスペア(spear)とは「槍(やり)」の意味で、実際に葉の先は尖った形をしています。

スペアミントの主成分はl-カルボン。清涼感のある香りですが、ペパーミントと比べるとマイルドなので、飲食におすすめ。サラダに添えて生で食べたり、料理やお菓子、ハーブティー、カクテル(酒)のモヒートに加えるミントとしても、よく使われています。

アップルミント

アップルミント

丸い葉っぱを持つことから、和名を丸葉薄荷ともいいます。産毛に覆われていて、触るとふわふわした感触も楽しめます。甘いりんごの香りを持つミントです。

こちらもペパーミントと比べるとマイルドで、飲食におすすめ。乾燥させてしまうと風味が落ちるので、料理やお菓子、ハーブティーなど、フレッシュ(生葉)のまま使うとよいでしょう。

ミントの育て方

ミントは、冬にはいったん葉を落とし、春にまた出てくる宿根草(多年草)です。先述の通り、日本の環境にも適応しやすく、初心者さんも育てやすいハーブです。育てる際のコツをお伝えしますね。

栽培のコツ1 ミントは水が好きな植物

ミントは水が好きなハーブです。土の表面が乾いたら、たっぷり水やりをすることが基本。完全に水が切れると枯れてしまいます。葉が一度チリチリになってしまうと復活しないので、乾燥しすぎないよう管理しましょう。特に夏場の乾燥には要注意です。

栽培のコツ2 ハダニに注意

梅雨明けから10月くらいまでの高温で乾燥した時期にハダニが発生します。ハダニは、葉裏について養分を吸い取る害虫で、葉っぱの色が白くかすれたような状態になってしまいます。乾燥を好み、夕立などで葉が洗い流されると発生率はグンと減ります。水やりの際に、葉の裏にも水をかけるなどして対策しましょう。

栽培のコツ3 収穫を兼ねて摘心

少し大きくなったら、収穫を兼ねて摘心をしてみましょう。摘心とは、上に伸ばしっぱなしにせず、適当なところで先端を切る作業です。

摘芯

こうすることで、脇芽が伸びて収穫量も増えますよ。また新芽はとってもやわらかく、お茶にしても、料理に利用しても、おいしいのが魅力。自分で育てる人しか得られない特権でもあります。ぜひやってみてください。

栽培のコツ4 増えすぎ注意

ミントは、繁殖力がとても強い植物です。地下茎でどんどん根を伸ばしていき、気が付けば庭中ミントが! ということにもなりかねません。庭植え(地植え)にする際には、スペースとよく相談して植えてください。心配な方は、鉢栽培からスタートしてみるのもおすすめ。

育てたミントの活用法「ミントビネガー」を作ろう

ミントが育ってきたら、ミントビネガーを作ってみましょう。ミントを酢に浸けるだけ、ととても簡単にできるのですが、1本作っておくと便利に、そしておいしく使えます。「ミントと酢!?」と驚かれるかもしれませんね。どんな味がすると思いますか? 意外なことに、酢特有の酸っぱさが取れて、まろやかになって、使いやすくなるんですよ。ぜひお試しください。

【材料】

  • りんご酢 150ml
  • ミントの葉 適量
    *1種類でもいいですし、2~3種類混ぜてもOK
    *酢にしっかり浸かる量をご用意ください
  • 150mlビン 1個

【作り方】

作り方

1. ミントを摘んで、軽く洗い、よく乾かします

2. ビンを煮沸消毒します

3. ビンの中にミントの葉を枝ごと入れます

4. りんご酢を注ぎ入れ、蓋をして、一度しっかり振ります

5. 冷暗所に置き、2週間ほど寝かせます。毎日1回、しっかり振りましょう

6. 2週間後、こして完成です!

作ったミントビネガーの使い方

作ったミントビネガーは、普段、酢を使う時と同じように使えます。おすすめの使い方は、ミントビネガーソーダ。

ミントビネガーソーダ

ミントビネガーを6~8倍に炭酸水で薄めて飲みます。私は個人的には酸っぱいものが苦手なのですが、このミントビネガーは常備しているほどお気に入りです。疲れを感じた時の、クエン酸補給にもおすすめです。

植物を育てて食べる! ガーデンセラピーを始めましょう

日々植物に触れ、自分たちの手で育てたハーブを食べることは、ストレスを減らし、心と体を健やかに保つことにつながります。そんな植物を使った自然療法を総称して、「ガーデンセラピー」と呼んでいます。

今回紹介したように、ミントを育てて、食べる・飲む・使うという一連の流れを意識してみると、楽しみの幅が広がりそうではありませんか? ぜひチャレンジしてみてくださいね。

Print Friendly, PDF & Email

人気の記事

連載・特集

GardenStoryを
フォローする

ビギナーさん向け!基本のHOW TO