誕生日やお祝いなどでプレゼントされたアレンジメントや花束。せっかくいただいたのだから、きれいに咲く花の姿をできるだけ長く眺めていたいと思うこと、ありますよね。贈ってくださった方の気持ちを思うと、数日で捨ててしまうのも気が引けます。そんな思いが少し軽くなる、切り花を長もちさせる作業を3つご紹介します。この方法を実践していると、植物ともっと仲良くなれますよ。

Print Friendly, PDF & Email

切り花は、プレゼントされた当日が一番美しくてフレッシュです。いただいて2〜3日何もせず、放置していたら徐々に枯れた花や葉が目立ってきて、さらに2〜3日もすれば観賞価値がなくなってしまいます。でも、これからご紹介する3つの作業を行うことで、1〜2週間長もちさせることができます。上の写真は、贈られて3日目。毎日、バスケットの中に水を補充していましたが、手前のオレンジ色の花がしおれてしまいました。

作業1 保水する方法を変える

写真のように、カゴや箱などに収められたアレンジメントなら、毎日カゴの中に新しい水を注いで、オアシスという給水スポンジに水を含ませておけば2〜3日は贈られた状態でもすぐに枯れることはありません。手に持てるように花や葉があらかじめ束ねてあるブーケや花束ならば、持ち帰ったらすぐにラッピングを外して、花瓶に入れて作業2の切り戻しを行いましょう。

2〜3日カゴのアレンジメントを楽しんだら、そろそろ保水する方法を変えましょう。カゴからアレンジメントをそろ〜りと取り出してみます。多くのアレンジメントは、緑色の「オアシス」と呼ばれる給水スポンジに花茎が挿し込まれた状態です。このままでは花に水が届きにくいので、水を張った器を用意して花を一本ずつ抜き取ります。

作業2 水切りをする

水を張った器に抜き取った花や葉を入れ、入れるたびに水の中で茎の先端を切り落とします。水の中で茎を切ることを「水切り」といいますが、こうすることで新しい切り口から水を吸い上げやすくします。

オアシスから抜き取りながら、傷んでいる花や葉は外しましょう。一度傷んだり枯れたりした花は、再び水に入れても復活は難しいので捨てます。

オアシスに挿してあったつぼみは、この後咲くかどうかはその花次第。ここでは、アクセントになるので生かすことにします。水に挿し直すことで花が咲くこともあるので、経過を見守るのも花を飾る楽しみです。

作業3 毎日水を替える

元のアレンジメントの分量にあった花瓶を用意します。今回は、カゴにアレンジしてあった雰囲気を生かすために、少し小ぶりのカゴの中に小さなグラスを2つ入れて、アレンジメントをつくり直します。いただいた時についていた包装紙も生かして、底に敷きました。

贈られたアレンジメントを思い出しながら、まずは脇役となる葉やバラの実を外に向くように意識しながら花瓶に入れます。

葉の上から小ぶりの花を入れ、最後に主役となる大きめの花を入れて完成!

贈られたアレンジメントに使われていた花と葉が、どんなバランスで活けられていたから美しかったのか、など自分で活け直すことで勉強にもなりますよ。

アレンジし直した花は少し小さくなりましたが、3つの作業を行ったことで、あと数日はフレッシュな姿を眺めることができます。作業後は、毎日一度、中の水を替えてあげましょう。水を替えながら枯れてしまった花は取り除きます。

いかがでしたか? 花茎の先端を水の中で切って、新しい水に替える作業は何度か経験すると身につきます。次は、好きな花を選んで買ってきて、自分でアレンジメントをしてみましょう。植物がもっと身近になりますよ。ぜひチャレンジしてみてください。

Credit

写真&文/3and garden

ガーデニングに精通した女性編集者で構成する編集プロダクション。ガーデニング・植物そのものの魅力に加え、女性ならではの視点で花・緑に関連するあらゆる暮らしの楽しみを取材し紹介。「3and garden」の3は植物が健やかに育つために必要な「光」「水」「土」。

Print Friendly, PDF & Email