プチプラ雑貨を使って、もっと暮らしと花を楽しんでみませんか? 100均などのプチプラ雑貨とフラワーアレンジを日々楽しむ、フラワーデザイナーの川守由利子さんに、旬のプチプラ花コーデを教えていただきます。

Print Friendly, PDF & Email

 ふだん使いに楽しめるアクセサリーを自分で手作り

ドライフラワーやプリザーブドフラワーのピアスやイヤリングを付けている人を見かけては、自分でいつか作ってみたいと思っていました。街でよく見るのは、カスミソウのプリザーブドフラワーのもの。耳元で小花が揺れるさまが、とてもおしゃれです。

100円ショップではいまや、アクセサリーの材料やドライフラワー、プリザーブドフラワーまでもが手に入ります。これは作ってみよう! と、早速ダイソーに行ってきました。

私はイヤリング派なので、作るのはイヤリングです。作り方は、イヤリングもピアスも同じ。金具が違うだけで、簡単に手作りできちゃいます。

揺れるイヤリングの材料はすべて100均で!

イヤリングの材料は、ほとんどダイソーで揃えました。

手作りイヤリング

カスミソウやアジサイなどの植物素材と、アクセサリーの金具。全部で700円ほどでした。

イヤリング用の金具はひと袋に、2つ入っていたので、カスミソウとアジサイの2つを作ることにしました。

手作りイヤリング

ほかには、“カツラ”と呼ばれる、ドライフラワーやプリザーブドフラワーをまとめるための金具も購入。こちらは、イヤリング作りには欠かせない材料です。

接着剤は、使い切りの少量タイプを選びました。

手作りイヤリング

接着剤は使い終わっていないのに、固まっていることがあります。ですから、使い切りタイプは、時々しか接着剤を使わない人向き。おすすめです。

アクセサリー作りの接着剤は、金属に使えるものを選びました。木工用接着剤でも代用可能です。

花材を小分けにして、パーツを準備します

まずは、サーモンピンクのカスミソウを切り分けるところから始めました。

手作り花のイヤリング

枝分かれしているものを、小さくカットしていきます。

花の手作りイヤリング

茎の長さが1cmくらいになるようにしました。全体の長さは大体4.5cm前後です。

花の手作りイヤリング

細かな作業を続けて、かわいい作品が完成

花材を準備したら、実際にイヤリングを作っていきましょう。作業は細かいけれど、難しくはないので、楽しみながら進めてみて。

①カットしたカスミソウ何本かを、一つにまとめます。

花の手作りイヤリング

これを、2つ用意。

耳から花が垂れ下がるイメージなので、下を向けながら2つの花の量を調整していきます。

花の手作りイヤリング

②クラフトワイヤーを10cmほどでカット。これを2本用意します。

花の手作りイヤリング

③クラフトワイヤーで、カスミソウの茎部分をグルグルと巻いてまとめます。このとき、クラフトワイヤーは端を少し残しておきましょう。ワイヤーは上から下に巻きおろしていきます。

花の手作りイヤリング

④巻き終えたら、残しておいたワイヤーと巻きおろしたワイヤー、それぞれを合わせて、ネジネジとネジってしっかりまとめます。

花の手作りイヤリング

残ったワイヤーは、ハサミでカット。今回、私が使ったワイヤーはとても細く、クラフトバサミでもカットできました。

同じものを、2つ用意します。

⑤次に、花とカツラをセットしていきます。

花の手作りイヤリング

カツラの長さに合わせて、カスミソウの茎部分(ワイヤーを巻いた部分)をカットします。

花の手作りイヤリング

⑥カスミソウの茎部分に、少量の接着剤をつけます。

花の手作りイヤリング

⑦カツラの中に、接着剤を付けた茎部分を入れ込みます。

花の手作りイヤリング

⑧イヤリング用金具と、その袋の中に入っていた丸カンと言われる小さな丸い金具、そしてペンチを用意します。

花の手作りイヤリング

購入した100均のイヤリング用金具の袋の中には、丸カンが入っていました。もし入っていない場合は、金具とは別に丸カンを購入しておきましょう。

⑨丸カンを、ペンチで広げます。

花の手作りイヤリング

1本のペンチで丸カンを広げる作業が難しい場合は、ペンチをもう1本用意して2本使うと開けやすくなります。

⑩カンを開けたら、この中にカツラとイヤリングの丸い部分を入れて、丸カンを閉じます。

花の手作りイヤリング

片耳のイヤリングが完成しました。もう一つも同じ作業をします。

2つが完成したら、並べてみて、花の長さをみます。バランスが悪い場合は、ハサミでカットして整えます。

花の手作りイヤリング

調整したら、サーモンピンクのカスミソウで、かわいいイヤリングができあがり。

花の手作りイヤリング

早速、着けてみました。

花の手作りイヤリング
*鏡に向かっての自撮りのため、カメラのレンズが入ってしまい、見苦しくてすみません。

かわいいイヤリングは、これからの季節に活躍してくれそうです!

今回の材料をご紹介

【花材と材料】

・カスミソウ(ドライフラワー)…100円*ダイソー

・イヤリング用金具…100円*ダイソー

・カツラ…100円*ダイソー

・クラフトワイヤー…100円*ダイソー

・接着剤…100円*セリア

合計500円(税抜)

ほかに、ペンチとクラフトバサミを用意。

シーンに合わせて、花や色を変えても素敵です

花の手作りイヤリング

次に、白いアジサイと、商品名が「カスピア」と書かれていたスターチスでも、イヤリングを作ってみました。

作り方はカスミソウのイヤリングと同じです。ただ、最初に花の量を多くしすぎて、カツラの中に茎が入りませんでした。

花の手作りイヤリング

そのため、ワイヤーを一度外して、アジサイやスターチスの量を減らし、花の量のボリュームをダウン。

花の手作りイヤリング

茎の周りをすっきりさせたら、カツラの中に茎が入りやすくなりました。

これで、白いほうのイヤリングも完成!

花の手作りイヤリング

イヤリング作りは楽しいうえに、実用的なのも嬉しいですね。持っている洋服に合わせて、ほかの色や花でも作ってみようと思います。

Credit

記事協力


川守由利子
『ブーケ・ドゥ(Bouquet Doux)』主宰。
花店勤務を経て、2006年に独立。『花時間』第6回フラワーアーティストオーディションに優勝し、現在、東京・自由が丘にて花教室を主宰している。アトリエ名は、“甘くやさしい花束”という意味の仏語から。その名のとおり、心なごみ笑顔になる、柔らかな印象のアレンジを中心に、雑誌やwebでも活躍中。手作りが得意で、プチプラ雑貨と“花”を組み合わせて楽しむアイデアを連載中。
http://bouquet-doux.com
https://www.instagram.com/bouquetdoux_flower

Print Friendly, PDF & Email