プチプラ雑貨を使って、もっと暮らしと花を楽しんでみませんか? 100均などのプチプラ雑貨とフラワーアレンジを日々楽しむ、フラワーデザイナーの川守由利子さんに、旬のプチプラ花コーデを教えていただきます。

Print Friendly, PDF & Email

驚愕! 種類豊富に揃う100均のドライフラワー!

数年前から花の世界では、ドライフラワーが流行しています。

ドライフラワーはインテリアのワンポイントとして飾るほか、花のクラフトで楽しむなど、ここ数年で身近な存在になってきました。いまでは、100均でもドライフラワーが置かれています。さらに、プリザーブドフラワーまで100均にあるんです!

プリザーブドフラワーを100均で発見したときは本当に驚き、しばらくその場を離れることができませんでした。少量で販売されているので購入しやすく、また誰もが気軽に立ち寄れる100均にあるということで、プリザーブドフラワーが以前よりぐっと身近に感じられるようになりました。

今回は、ドライフラワーとプリザーブドフラワーを、ダイソーとセリアで1,000円(税抜き)分購入してみました。

プリザーブドフラワー

写真の小さなブーケタイプは「プリザーブドフラワー・ドライブーケ」と書かれていて、プリザーブドフラワーとドライフラワーがミックスで束ねてあります。

ドライフラワー

容器に入っているものの商品名は「ドライフラワーパーツ」と書かれていました。アジサイやカスミソウなどが入っていて、何色を購入しようか迷うほど色のバリエーションが展開されています。

100均のプリザーブドフラワー

購入したアジサイは、私が仕事でよく使うプリザーブドフラワーととてもよく似ています。

小さなバラのプリザーブドフラワーは、1輪ずつパッケージに入って売られていました。プリザーブドって高価なので、これが100均で購入できるなんて…と嬉しく感じました。

100均のドライフラワー

こちらは少し大きめのタイプで、ラッピングもおしゃれ。このまま壁に飾ってもいいですね。写真右の大きなパッケージのほうは、人気のユーカリが入っていて、これで200円です。

1,000円でこんなにたくさんのドライフラワーやプリザーブドフラワーを購入できるなんて、感動! いろいろなアレンジを楽しむことができますね。1,000円で購入した花たちで作るアレンジを、今回は紹介します。

ナチュラルさがおしゃれ。木製のディスプレイボックス

購入したドライフラワーでどんなアレンジしようか…、まっ先に思いついたのが、キャンドゥで売られている木製のディスプレイボックスでした。

100均の木箱

ナチュラルな木の風合いがやさしい雰囲気で、ドライフラワーとの相性がよさそう! しかも、窓付きで開閉ができ、ドライフラワーやプリザーブドフラワーをアレンジするのにもってこいです。

100均のディスプレイボックス

窓があることでホコリを避けられ、花が長持ちします。サイズは正方形が、約17×17×厚み5㎝。長方形が19×13.5×厚み4.8㎝。使い勝手のよい大きさです。

【アレンジのアイデア1】400円で完成する花のリースボックス

正方形のディスプレイボックスを使って、アレンジしてみます。

花のリースボックス

材料はディスプレイボックスのほかに、リースの土台、プリザーブドフラワー・ドライブーケなど2袋、この中にはスターチスやアジサイ、カスミソウなどが入っていました。

作り方を紹介します。

  1. まず、リースの土台を解体します。
    花のリースボックスの作り方
  2. バラバラに解体できたら、この中からつるを数本取り出します。
    花のリースボックスの作り方
  3. ②のつるでディスプレイボックスに入るサイズの小さな円を作ります。その際は2〜3カ所を麻紐で留めていきます。
    花のリースボックスの作り方
  4. グルーでディスプレイボックスに、③のリースをしっかりと固定します。
    花のリースボックスの作り方
  5. リースベースの上に、ドライフラワーやプリザーブドフラワーをアレンジしていきます。
    花のリースボックスの作り方
    花は、袋から取り出したら、ハサミで短く茎をカットします。
    花のリースボックスの作り方
  6. の材料を、ディスプレイボックス内のリースの土台にグルーで固定していきます。
    花のリースボックスの作り方
    アレンジしていくと、素材によっては粉々になってしまうものもあったので、それははずして…。しっかりした形の花だけをつるの半分にアレンジしていきます。
    花のリースボックスの作り方
    リースの半分は、つるのナチュラルな風合いを残して完成!
    花のリースボックスの作り方
    つるを見せることで、ニュアンスが加わるだけでなく、花材が少量ですんだので一石二鳥でした。
  7. アレンジし終わったら、箱の中をお掃除しましょう。
    ディスプレイボックスを手で持ち上げて裏返し、アレンジしたほうを下にして、片方の手で上からコンコンと叩き、花の破片などを落とします。
    花のリースボックスの作り方
    ここでしっかりと固定できていないものも落ちるので、もう一度つけ直したり、グルーの糸を切ったり。仕上げをしていきます。
  8. 最後に、ディスプレイボックスの蓋を閉めて完成です!
花のリースボックスの作り方

白と紫の色合いがとても好み♪ 全体的にナチュラルな印象なので、なごみますね。

今回はブーケのパーツの中から、自分の好きな色だけを使ってアレンジをしてみました。残った素材は、また別のアレンジに使ってみたいと思います。

【花材と材料】

  • プリザーブドフラワー・ドライブーケ…100円×2袋*ダイソー
  • ディスプレイボックス…100円*キャンドゥ
  • リースベース…100円*セリア

合計400円(税抜)

ほかに、麻紐、ハサミ、グルーとグルーガンを用意。

【アレンジのアイデア2】イニシャルオブジェでお気に入りを作る!

長方形のディスプレイボックスは、イニシャルオブジェを使ってアレンジしてみることにしました。

ドライフラワーのイニシャルオブジェ

イニシャルオブジェも100均で調達できます。100均にはさまざまなイニシャルが売られているので、自分の好きなイニシャルを選んでみてください。花はこちらも、プリザーブドフラワー・ドライブーケを2袋です。中にはバラ、スターチス、カスミソウやラグラスなどが入っています。

作り方はこちらです。

  1. ディスプレイボックスの上の蓋を開けて、グルーをつけたイニシャルオブジェをボックスの中に固定します。
    ドライフラワーのイニシャルオブジェの作り方
  2. プリザーブドフラワー・ドライブーケを取り出し、茎をハサミでカットします。
    ドライフラワーのイニシャルオブジェの作り方
  3. ディスプレイボックスの中に、花を置いてみます。どんなふうにアレンジするのか、イメージを見てみましょう。
    ドライフラワーのイニシャルオブジェの作り方
  4. イメージが決まったら、花をグルーで固定します。今回は向かって左上と右下にアレンジすることにしました。
    一番底の部分にくる花材から、グルーを付けて固定します。
    ドライフラワーのイニシャルオブジェの作り方
  5. ④の上に、ほかの材料を重ねるようにアレンジしていきます。
    ドライフラワーのイニシャルオブジェの作り方
    グルーは1カ所にしっかりとつけるようにしました。
    ドライフラワーのイニシャルオブジェの作り方
  6. こちらも最後はフレームを持ち上げて裏返し、上からコンコンと叩いて小さなカスなどを落としていきます。
    ドライフラワーのイニシャルオブジェの作り方
    これで完成!
ドライフラワーのイニシャルオブジェの作り方

イニシャルを活用することで、空間にインパクトをつけながらアレンジすることができました♪

【花材と材料】

  • プリザーブドフラワー・ドライブーケ…100円×2袋*セリア
  • ディスプレイボックス・・・100円*キャンドゥ
  • イニシャルオブジェ・・・100円*キャンドゥ

合計400円(税抜)

ほかに、ハサミ、グルーとグルーガンを用意。

【アレンジのアイデア3】 10秒で完成しちゃうボックスの花飾り

リース作りやスワッグ作り…。一度はやってみたいけれど、不器用だしできるかなあと、思う方にはこちらがおすすめ! 簡単なのに、完成度の高い作品ができあがります。

用意するのはプリザーブドフラワー・ドライブーケ1袋とディスプレイボックス、あとはグルーとグルーガンです。

ボックスの花飾りの作り方

作り方は、既にブーケタイプになっている材料を、ディスプレイボックスにグルーで固定するだけ!

ボックスの花飾りの作り方

あっという間にフレームアレンジが完成です! 10秒もかからずにできちゃいます。

グルーがない場合は、木工用接着剤でもOK。木工用接着剤の場合は、接着してからひと晩はそのままの状態で置いてしっかりと固定させましょう。

もう少し手を加えたいときは、タグを付けたりハーバリウム用のフィルムを貼ったりしてみて。おしゃれ度がアップしますよ。

ボックスの花飾りの作り方

このフィルムは、ハーバリウム用の商品でセリアで見つけました。カッターでカットしてプラスティック用の接着剤で固定すればOK。

ボックスの花飾りの作り方

文字が入ると、仕上がりがさらに素敵に見えてくるから不思議。

ドライフラワーの花飾り

100均には、ハーバリウムやアロマワックスバー、またレジンアクセサリーの材料など、ドライフラワーやプリザーブドフラワーと相性がいいものがたくさん売られています。

100均って日々、進化していますね。新しい商品はもちろん、今までは100均になかったものがどんどん入荷しているので、100均に行く楽しみがまた増えました♪

Credit

記事協力


川守由利子
『ブーケ・ドゥ(Bouquet Doux)』主宰。
花店勤務を経て、2006年に独立。『花時間』第6回フラワーアーティストオーディションに優勝し、現在、東京・自由が丘にて花教室を主宰している。アトリエ名は、“甘くやさしい花束”という意味の仏語から。その名のとおり、心なごみ笑顔になる、柔らかな印象のアレンジを中心に、雑誌やwebでも活躍中。手作りが得意で、プチプラ雑貨と“花”を組み合わせて楽しむアイデアを連載中。
http://bouquet-doux.com
https://www.instagram.com/bouquetdoux_flower

Print Friendly, PDF & Email