トップへ戻る

いつものイチゴジャムを2種のハーブで‘大人’イチゴジャムに!

いつものイチゴジャムを2種のハーブで‘大人’イチゴジャムに!

イチゴの季節も終盤ですが、春先には、ジャム用の小粒イチゴも出ています。いつものイチゴジャムにハーブをプラスして、ちょっと‘大人’なイチゴジャム手作りしてみましょう。作り方はとっても簡単です!

Print Friendly, PDF & Email

イチゴジャム×ハーブは相性ぴったり!

ジャムの定番イチゴジャムですが、ハーブを2種類入れることで、ちょっといつもとは違った‘大人な’イチゴジャムを楽しむことができます。今回使用するハーブは、ハイビスカスとローズヒップ。

写真左側:ハイビスカス/右側:ローズヒップ
写真左側:ハイビスカス/右側:ローズヒップ

乾燥の食用ハーブ(ハーブティー用)を使用します。ハーブ専門店やインターネット通販で購入可能です。

すぐ腐るものではありませんが、空気に触れるとハーブの命である香りが飛びやすくなります。少量をこまめに買い足すようにしましょう。続いて、ハイビスカスとローズヒップの効能を詳しく紹介します。

ハイビスカスのプロフィール・効能

ハイビスカスというと、南国の花をイメージされる方も多いかもしれませんね。ハーブティーには、「ローゼル」という種類の食用ハイビスカスのがく部分を使用します。

ハーブティー

ハイビスカスにお湯を注ぐと、こんな鮮やかな赤色に! この赤色はアントシアニン色素によるもので、眼精疲労をサポートします。パソコンやスマホが手放せない現代人は、積極的に摂りたいハーブです。ちなみに、ハイビスカスはローズヒップとブレンドされることが多いため、よくローズヒップでこの赤色が付くと誤解されますが、ハイビスカスの色素によるものです。

味は酸味が強め。この酸味は、クエン酸やハイビスカス酸によるもの。新陳代謝を高めて、疲労回復に役立ちます。

また、利尿作用に優れており、体内の余分な水分や老廃物を排出するので、むくみが気になる時や味の濃いものを食べた後などに二日酔いにおすすめのハーブです。

酸っぱい味が好きな方は、お茶として飲むのもおすすめですが、私は酸っぱいのが苦手…。でもハイビスカスの作用は摂取したい。というわけで、これから紹介するように、甘いものに入れて摂ったりしています。

ローズヒップのプロフィール・効能

ローズヒップのプロフィール・効能

ドッグローズの偽果から種を取り除き、乾燥させたものです。レモンの20~40倍のビタミンCを含むといわれています。ビタミンCは、皮膚や骨、血管に多く含まれるコラーゲン繊維を作るために必要です。体の中のビタミンCが欠乏してしまうと、肌の衰えや肌荒れ、全身の倦怠感や疲労感にもつながります。また、ビタミンCは水溶性で、尿として排出されてしまうので、日々の補給が大事。ハーブで摂取できれば、胃に負担もかからず美味しい健康対策にも!

高い栄養素を持つローズヒップは、ほかにも、疲労回復や風邪・インフルエンザ予防にも〇。

味は、ビタミンCがたくさん含まれているというイメージから、酸っぱいと思われるかもしれませんが、酸味よりは、うまみを感じます。酸っぱい主な原因は、よく一緒にブレンドされる先述のハイビスカスのせいかもしれません。

定番イチゴジャムにハーブを添えてみよう!

それでは、ハイビスカスとローズヒップを使ったイチゴジャムを作っていきましょう。

【材料】

◯イチゴ 500g

◯ラカントS 150g
ラカントSは、「羅漢果」と「エリスリトール」から作られた、安心でカロリーゼロの自然派甘味料。「羅漢果」はウリ科の植物で、あらゆる病の予防と治療に効果を発揮する「長寿の神果」として、古くから漢方として親しまれています。また、エリスリトールは、トウモロコシを発酵させて作られる天然甘味成分です。糖尿病の方が砂糖の代わりに使える糖分として開発された甘味料で、砂糖と同じ甘さです。

*エリスリトールは大量に摂るとお腹が緩くなることもあるようですので、ご自身の体調を見ながら食べることをおすすめします。
*ラカントSを使用すると、冷えると糖分が結晶化し、じゃりじゃりした感じがします(温めると戻ります)。
*ラカントSでなくても、お好みの砂糖でOKです。

◯ハイビスカス 小さじ1

◯ローズヒップ 小さじ1

【作り方】

1. イチゴを適当な大きさにカットします。

いちごを適当な大きさにカットします

2. 鍋にイチゴを入れたら、砂糖を加えて、なじませます。

鍋にいちごを入れたら、砂糖を加えて、なじませます

3. そのまま30分ほど置きます。

4. 弱火にかけて、灰汁を取りながら、20分ほど煮詰めます。

弱火にかけて、灰汁を取りながら、20分ほど煮詰めます

5. ハイビスカスとローズヒップを入れて、さらに10分ほど煮詰めます。ハイビスカスの色素のおかげで、色がさらに赤くなります。

色がさらに赤くなります

6. 煮沸消毒した保存瓶に入れて、完成です。

煮沸消毒した保存瓶に入れて、完成です

通常のジャムと同様にいただけます。

バゲットに塗って。

バゲットに塗って。

ミルクプリンに添えて。

ミルクプリンに添えて。

ハーブティーのように煮出して成分を摂取するより、ハーブをそのまま食べることで、ハーブの持つ作用を丸ごと取り入れることができます。毎日の暮らしの中に、ハーブを取り入れて、健康づくりに役立ててくださいね。

Credit

写真&文/堀 久恵(ほり ひさえ)

花音-kanon- 代表、ガーデンセラピーナビゲーター。一般社団法人日本ガーデンセラピー協会専門講師。

生花店勤務を経て、ガーデンデザイン・ハーブ・アロマセラピー等を学び、起業。植物のある暮らしを通じて、病気になりにくい身体を作り健康寿命を延ばすことを目指した「ガーデンセラピー」に特化した講座の企画運営と庭作りを得意とする。植物に囲まれ、日々ガーデンセラピーを実践中。埼玉県熊谷市在住。
https://kanongreen.com/

Print Friendly, PDF & Email

人気の記事

連載・特集

GardenStoryを
フォローする

ビギナーさん向け!基本のHOW TO