長く厳しい冬が終わり、光あふれる春の訪れを告げるイースター。パステルカラーに染めたたまごを使ったアレンジにクローシュというフードを添えて、イースターらしいフラワーアレンジを飾ってみませんか。イースターのフラワーアレンジレシピを教えてくれるのは、フラワー&フォトスタイリストの海野美規さん。可愛いイースターアレンジを飾って、春の訪れを楽しみましょう。

Print Friendly, PDF & Email

イースターのアレンジにクローシュを手作り

イースターは毎年日にちが変動します。イースターの日の決まり方は、「春分の日のあとの、最初の満月の次の日曜日」。今年は4月17日がイースターです! さあ、春の訪れを大いに楽しみましょう。

イースターといえば、イースターエッグ。イースターカラーで色付けしたたまごを器にして、かわいらしい小さな花をアレンジしませんか。今年は、海外のガーデニング雑誌で見かけるような、クローシュというフードも添えてみましょう。亀甲に編まれたチキンワイヤーネットを丸めて手作りします。

このクローシュは、もともとは家庭菜園のレタスのような葉物野菜やイチゴなどを、野生動物から保護するために使われるもの。部屋の中では、観葉植物やキャンドルにかぶせて、ペットたちのいたずら防止に使ったり。愛犬のおやつのつまみ食いを阻止するのにも役立ちそうです。インテリアとしても、このクローシュがあると、ちょっとだけヨーロッパの田舎風に見えたりして。

チキンワイヤーのハンドメイドクローシュで、イースターアレンジを楽しみましょう。

準備するもの

イースターのアレンジ
  • チキンワイヤーネット 幅40cm×長さ約80cm
    *チキンワイヤーネットは、花資材を扱うサイト、ホームセンターなどで購入できます
  • リボン
  • 脚付き器
  • 山ごけ
  • 吸水性スポンジ
  • 生たまご 2〜3個
    *殻だけを使います
  • 着色用の色粉(紫色、ピンク色など)
  • 酢(なくても大丈夫です)
  • 容器
  • たまごの殻に入れる小石
  • 飾り用のフェイクたまご(色付き)
  • 小さな花、茎の短い花
    *今回使用したのはパンジー、ビオラ、プリムラ、ミモザ、球根付きのムスカリ

イースターのアレンジの手順

<たまごの着色>

イースターのアレンジ

花器にするたまごを染めます。

  1. 生たまごの、上から4分の1あたりで割り、中身を出します。
  2. きれいに内側を洗い、乾かしておきます。
  3. 容器(ボウルなど)にぬるま湯(40〜50℃)を入れて、色粉を入れて溶かします。
    *色粉の量はお好みで。色の濃さを見て調整してください。
    *たまごの殻全体がつかるような深さのある容器のほうが、ムラなく染まります。
  4. 酢を2〜3滴入れて混ぜます。
  5. たまごの殻を液の中に入れて、色がつくまでつけておきます。
    イースターのアレンジ
  6. 色がついたら、取り出して乾かします。
イースターのアレンジ
春らしいパステルカラーに染めました。

<チキンワイヤーネットのクローシュの作り方>

  1. チキンワイヤーネットを、プレートの大きさに合わせて筒状に丸めます。その際、器より大きくなるように注意します。
    イースターのアレンジ
  2. ネットの亀甲の形を合わせるようにして整えます。
    イースターのアレンジ
  3. 左右の両端のワイヤーをからげるようにして留めます。
    *ワイヤーの切り口に注意してください。
    *難しいようでしたら、セロテープで留めてもよいです。
    イースターのアレンジ
  4. 筒状になったネットの、上から1/3〜1/4くらいのところを絞ります。
    イースターのアレンジ
  5. 絞った部分にリボンを巻きます。

<アレンジの手順>

  1. 器の中に吸水性スポンジ(乾いたまま)を入れます。
    花器用のたまごを置く場所をあらかじめ決め、その部分のスポンジを少し削ってくぼみを作るとたまごが安定します。
  2. 山ごけをスポンジを隠すように置きます。
  3. 吸水性スポンジのくぼみに合わせて、着色したたまごを置きます。その際、たまごの中に小石を入れると安定します。
    イースターのアレンジ
  4. たまごの中に水を入れて、ビオラなど茎の短い花を彩りよく入れます。
    イースターのアレンジ イースターのアレンジ
  5. 球根付きのムスカリを山ごけの中から出ているように置きます。
    イースターのアレンジ
  6. 飾り用のパステルカラーのフェイクたまごを置きます。
    イースターのアレンジ イースターのアレンジ
  7. チキンワイヤーネットのクローシュをかぶせます。
    イースターのアレンジ
イースターのアレンジ

出来上がり。

イースターのアレンジ

アレンジメントの花材はイースターらしいカラフルで小ぶりな花がぴったり。ワスレナグサやスプレーバラ、デルフィニウム、ユキヤナギやストックなどもおすすめです。ハーブ類などでフレッシュなグリーンをプラスしても素敵ですね。また、ウサギ型のピックなどで飾り付けてもよいでしょう。

イースターバニーとイースターエッグ

イースターのアレンジ

イースターは、キリストの復活をお祝いする日ではありますが、同時に春の訪れのお祭りでもあります。

ヨーロッパの冬は厳しく長く、植物も動物も長い休眠のとき。けれども春になれば、木々は一斉に芽吹き、花が咲き、草木で山々はうっすらと色づいて、まさに「山笑う」ときがやってきます。キリストが復活したという姿と重ねて、大いに喜ばしい、ウキウキ、キラキラした季節がイースターです。

この時期ヨーロッパに旅行すると、パティスリーやブーランジェリー、インテリア雑貨店、ブティック、デパートなど、街中のウィンドウがイースターカラーに彩られ、ウサギ、ニワトリ、たまごのモチーフをたくさん目にします。ウサギは多産で子孫繁栄の象徴。たまごは生命の始まりや復活の象徴ということで、ウサギとたまごは、イースターには欠かせないものなのです。ちなみにイースターバニーは、イースターの前にイースターエッグを運んできて、庭のあちらこちらに隠します。子供たちがたまごを探すエッグハントは、ホワイトハウスでも毎年の恒例行事ですね。

大人も子供も、イースターバニーとイースターエッグを見ると、「あぁ、イースターなんだな〜、春なんだな〜」と感じるでしょうね。

イースターカード

イースターカード
ハンガリーで購入したイースターカード。

ブダペスト在住中、3月に入ると、文房具店や本屋さんなどでイースターのポストカードやグリーテングカードが売られているのをよく見かけました。イースターバニーや、イースターエッグのカードが並んでいるコーナーはパステルカラーでとても明るい雰囲気でした。イースターバニーに誘われて、みなさん足を止めて楽しそうにカードを選んでいました。

当時はもうすでにEメールが一般的になっていたのですが、まだまだ郵便でカードを贈る習慣があったのだなと、今でも手元に残っているカードを見ると感心します。私もハンガリーの方を見習って、どなたかにイースターカードを贈るつもりだったのかなと思いを巡らせましたが、どうも思い出せません。

日本でも、年賀状や暑中見舞いのはがきを出す風習はどんどん薄らいでいます。季節のカードを贈り合うというのは、やはり素敵なことだなとあらためて思います。

講師紹介

海野美規

海野 美規(うんの みき)

パリで『エコール・フランセーズ・ドゥ・デコラシオン・フローラル』に入門、ディプロムを取得。『アトリエ・サンク』の山本由美氏、『From Nature』の神田隆氏に師事。『草月流』師範。フランス、ハンガリー、シンガポールでの暮らしを経て、現在日本でパリスタイル・フラワーアレンジメントの教室『Petit Salon MILOU(プチ・サロン・ミロウ)』を主宰。http://www.annegarden.jp

『ガーデンストーリー』にて、2017年10月サイトオープン時から季節のアレンジメントと愛犬と健やかに暮らすための料理や工夫などをテーマに執筆中。自宅で定期的にアレンジメントのレッスンを開催。

Print Friendly, PDF & Email