日本はクリスマスとお正月が短期間にやってきて年末年始は何かと忙しいですね。でも、それぞれの飾りを作るのは大変! そこで、クリスマスのスワッグ(壁飾り)が、お正月飾りにヘ〜ンシン!の術をご紹介。クリスマス飾りにお正月の定番植物を使い、お正月飾りにオージープランツを使うという想定外の組み合わせですが、これが意外と馴染むのです。提案するのは、ガーデンプロデューサーの遠藤昭さん。ワークショップでも人気のスワッグ作りと、スワッグの由来とお正月飾りに選ばれている植物の由来をご紹介します。

Print Friendly, PDF & Email

クリスマススワッグの由来とお正月由来の植物

スワッグ

飾るだけでクリスマスとお正月の雰囲気をインテリアや玄関扉にプラスできるスワッグ。最近は、フラワーショップでも各店によって、個性的なデザインのものが売り出されていますよね。

スワッグは、海外では伝統的な装飾アイテムとして古くから親しまれてきました。16世紀にスカンジナビアからイギリスに伝わったとされるスワッグは、ドイツ語で「壁飾り」や「揺れるもの」を意味し、季節の花や生の枝などを一つに束ねて、壁面やドアに吊るして飾るのが一般的で、ヨーロッパでは魔除けの意味もあるようです。

スワッグの作り方は、花材を束ねて結ぶだけという手軽さで、日本でもリースに続けて作る人が増えていますね。これまではクリスマス飾りのスワッグが先行して人気でしたが、近年、お正月用スワッグも増えています。

お正月飾り
Stray Toki/Shutterstock.com

日本の正月を飾る松飾りは、正月の神を迎える依代 (よりしろ) の一種とされています。松は冬でも葉が落ちない常緑樹なので、古くは中国で生命力や長寿などの象徴で神が宿る木とされていました。また、松は「祀る(まつる)」ともいわれている木であることから、門松などには松が使われています。一方、南天が正月飾りに使用されるのは、「難を転じる」に通じるので、日本では古くから縁起のよい木とされてきたことから。南天を植えると家が栄える、お金持ちになれる、災難から逃れられる、などの意味があるのです。

クリスマス&お正月スワッグ

ということで、ヨーロッパの風習と日本由来の縁起のよい植物、さらには華やかさとボリュームがプラスできるオージープランツを花材として加える、2度も3度も飾れる年末年始大活躍のスワッグの作り方をご紹介します。

スワッグ作りに準備したい花材

手作りスワッグ

上写真左から、

  • ユーカリ
  • 南天
  • ミカン
  • 根引き五葉松
  • バンクシア
  • ワタの枝

今回、メインとなるのは、堂々とした風格の根引き五葉松です。

京都の由緒ある寺社や、旧家などでは「根引き松」と呼ばれる門松が飾られます。「根引き松」は根がついたままの若い松で、枝に和紙を巻き水引が掛けられています。この“根を付けたまま”にしているのは意味があり、「地に足のついた生活ができるように」、「成長し続けていけるように」という願いが込められています。

「五葉松=御用を待つ」という意味合いもあり、商売人に昔から大変人気のある植物です。見た目には、シルバーがかった葉の色も魅力で、クリスマスツリーのドイツトウヒに近く、クリスマススワッグにも意外とマッチします。

超希少松「昇竜根引松」の松飾り 詳しくはこちら

バンクシア・フーケリアナ

オージープランツのバンクシア・フーケリアナです。

ドライフラワーを使用しますが、バンクシアの中でも最も美しく魅力的な花です。

ユーカリ ポプラスベリー

続いてつぼみ付きのユーカリです。

ポプラスベリーという名で流通していますが、先端にぷつぷつとついているものは、実ではなくつぼみ。実はガムナッツと呼ばれる茶色いものです。

しめ縄飾り

ミカンと稲穂がついたしめ縄飾りです。

稲穂が正月に使用されるのは、「実り多き歳でありますように」という願いが込められています。

ナンテン

次はお正月の定番植物、南天です。

「難を転じる」南天ですが、この赤い実は、クリスマス飾りと一緒に使うとクリスマスホーリーのように見えてきます。

綿の実

次は綿の実がついた枝です。雪のイメージとして使います。

ユーカリ

その他、クリスマススワッグ用のみに、ユーカリの枝を使用しています。

スワッグらしい形にバランスをとるのに活躍してくれます。お正月用に加えない理由は、正月らしい五葉松の美しい樹形をクリアに引き立てたいことからです。

まずはクリスマススワッグ作り

作り方のポイントは、クリスマススワッグからお正月飾りに作り替えるという前提で、使用する花材や飾りものを、別々のパーツに制作し、組み合わせを楽に変えられるようにするのがポイントです。

【クリスマス用の飾り 材料】

クリスマススワッグ作り

クリスマス用には赤いリボンと松ぼっくりがアクセントになってくれます。ラッピングペーパーやラフィアなども用意しておきましょう。

【お正月用の飾り 材料】

お正月スワッグ作り

麻紐、麻の帯、しめ縄、ラフィア、水引飾り、ワイヤー長いもの・短いもの各6本、輪ゴム、花切り鋏を用意します。

【手順1】飾りのパーツを作る

お正月飾り

正月飾り用のしめ縄に稲穂とミカンをワイヤーで括りつけておきましょう。

【手順2】本体を作る

スワッグ作り

順番としては、先にお正月用の花材を束ね、後からクリスマス用の花材を載せるイメージです。では、まずはお正月飾りの花材を準備して、束ねる前にラフにバランスを見るために並べてみるとよいでしょう。

【手順3】根元を縛って切りそろえる

スワッグ作り

使用するのは、根引き五葉松、バンクシア、つぼみ付きのユーカリの枝、南天、綿の枝です。お正月用には五葉松の樹形を強調するために、つぼみのないユーカリの枝は使用しません。

バランスが取れたら麻紐でしっかり縛ります。

スワッグ作り

各花材の長さを切り揃えますが、根引き松はあえて根は残しておきます。

【手順4】本体を作るお正月用の束の根本全体を麻の帯で巻く

スワッグ作り

束ねた正月用の花材の根本付近をしっかり固定するため、さらに麻の帯で巻いて輪ゴムなどで固定します。

【手順5】お正月の束にクリスマスの花材を加える

クリスマススワッグ作り

【手順4】の束にユーカリを加えるとクリスマス用の花材部分になります。ユーカリの枝はクリスマスの後に簡単に取り外せるよう、別に束ねます。

【手順6】クリスマスの雰囲気をアップする飾り付け

クリスマススワッグ作り

これにクリスマス用のラッピングを巻きつけて(上写真左)、その上にリボンを結んだら、松ぼっくりをワイヤーを留めつけて、クリスマス用は出来上がりです。

クリスマススワッグ作り

異なるリボンも試してみました。やはりちょっとしたことで、随分と雰囲気が変わるものですね。

クリスマススワッッグをお正月仕様にお色直し

お正月飾り

さて、クリスマスが終わったら、クリスマス用に取り付けた飾りとラッピングを取り外し、さらにユーカリを取り除き、お正月用の飾りに付け替えます。これでお正月飾りにヘ~ンシン! です。

スワッグ作り

お正月後に、五葉松を再びユーカリの枝と取り換えると、普通のスワッグになりますね。庭で切ったアカシアなど、ドライになりそうな枝を足してあげると、より魅力的なスワッグが出来上がります。

忙しい時期だからこそ、3通りにも楽しめるスワッグを作ってみませんか?

リボンやラフィアなど、少しパーツをアレンジするだけで随分と印象が変わります。お手持ちのもので色々試してみると楽しいですね。

では、Merry Christmas & Happy New Year 2022!

別デザインのスワッグの作り方も併せてご覧ください。

オリジナルのお正月飾り! 素敵な「スワッグ」の作り方

超希少松「昇竜根引松」の松飾り 詳しくはこちら

Credit


写真&文/遠藤 昭
「あざみ野ガーデンプランニング」ガーデンプロデューサー。
30代にメルボルンに駐在し、オーストラリア特有の植物に魅了される。帰国後は、神奈川県の自宅でオーストラリアの植物を中心としたガーデニングに熱中し、100種以上のオージープランツを育てた経験の持ち主。ガーデニングコンテストの受賞歴多数。川崎市緑化センター緑化相談員を8年務める。コンテナガーデン、多肉植物、バラ栽培などの講習会も実施し、園芸文化の普及啓蒙活動をライフワークとする。趣味はバイオリン・ビオラ・ピアノ。著書『庭づくり 困った解決アドバイス Q&A100』(主婦と生活社)、『はじめてのオージープランツ図鑑』(青春出版)。
ブログ「Alex’s Garden Party」http://blog.livedoor.jp/alexgarden/

Print Friendly, PDF & Email