シソ科の常緑低木・ローズマリー。地中海沿岸原産のハーブで手入れもしやすく、庭に植えるのにもおすすめの植物です。ローズマリーは、独特な強い香りがしますので、「これを飲むって、おいしいの…?」と不安になる方もいらっしゃるかもしれません。でも、おいしくアレンジする方法があるんです! 今回は、ローズマリーをシロップ(コーディアル)にしてみましょう。

Print Friendly, PDF & Email

ローズマリーってどんなハーブ?

ローズマリーは、鼻につんとくるような清涼感ある強い芳香成分を持っていて、軽く触れただけでも、さわやかな香りが楽しめるのが特徴のハーブです。庭植えにも人気があり、病害虫にやられることもほとんどなく、育てやすいハーブともいえます。「私の庭にある!」という方も多いのではないでしょうか?

ローズマリー

ローズマリーは「記憶のハーブ」と呼ばれていて、程よい刺激が、脳の血流量を増やし、集中力アップに役立ってくれます。他にも消化促進作用・利尿作用・防腐作用・血行促進作用もありますよ。

また、抗酸化作用が強いハーブの1つ。私たちの体は、呼吸によって、酸素を取り込んでいますが、そのうち約2%が活性酸素になるといわれています。活性酸素は、殺菌力が強く、体内で細菌やウイルスを撃退する働きを持っていますが、活性酸素が増えすぎると、細胞を傷つけ、シワやしみなど肌の老化、糖尿病や動脈硬化などの生活習慣病の原因となってしまうのです。これを「酸化」と呼びます。

また、活性酸素を増やす要因は、呼吸だけではなく、ストレス、食品添加物、タバコ、多量飲酒、紫外線なども影響します。体内に活性酸素を無毒化する仕組みはあるものの、現代人は入ってくる活性酸素の量が多すぎて、処理が間に合っていません。

というわけで、私たちはこの活性酸素から体を守る「抗酸化」をいかにできるかが、健康維持のカギ! そこで活躍するのがハーブたち。ハーブは抗酸化作用を豊富に含んでいて、日々摂取することで酸化を抑えてくれるといわれています。特に、ローズマリーには抗酸化作用をもたらす成分が多く含まれているんですよ。育てているなら摂らないなんてもったいない!

ハーブを育てて使う・ガーデンセラピー

このように、日々取り入れることで、私たちの身体に優しく作用してくれる、植物の力は偉大! 庭でハーブを育て、ハーブティーにして飲んだり、料理に使ったりと、生活の中に取り込み、ハーブが持つ有効成分を健康づくりに役立てる取り組みが、「ガーデンセラピー」という植物療法です。

ハーブティー

ガーデンセラピーは、園芸・食事・森林・芸術・芳香療法の5つの自然療法の総称。1つ1つの療法は昔から存在していますが、活用のアプローチが違うだけで、元をたどれば植物で、すべてつながっているのです。今回の主役・ローズマリーを例にとってみましょう。ローズマリーを育てることは、指先を使う園芸療法。そして庭作業をしていると、とても良い香りに包まれ、リフレッシュすることができます。これは芳香療法に。育てたローズマリーを使って、フレッシュハーブティーを楽しむことは食事療法に。植物を育てること・ガーデニングは単なる1つの趣味にとどまらず、心身の健康づくりにもつながっています。

ガーデンセラピーで大切なことは、継続すること! 時々どこかでハーブティーを飲むのではなく、日々の暮らしの中に取り入れ、細く長く続けることで、身体への作用も現れやすくなります。ぜひガーデンセラピーを続けてみてください。

庭で採れたローズマリーをおいしく飲む方法は?

独特な香りがするローズマリー。これを飲むとすごい味がしそう…、想像がつかない、と思っている方も多いかもしれません。ローズマリーを単体で飲むと確かに味が強いので、少しアレンジをしてみましょう。

私がよく作るのがローズマリーのシロップ。コーディアルとも呼ばれる、ハーブの有効成分が含まれた、イギリスの伝統的なハーブの飲みものです。水やお湯、炭酸などで割って飲んだり、かき氷のシロップや、お菓子作りの甘味にも使えます。

ローズマリーコーディアル

気になる味は、つんとしたローズマリー独特の香りはほのかに感じられる程度で、甘味も加わりますが、甘すぎず、スッキリサッパリした印象です。このシロップを炭酸で割った「ローズマリーソーダ」はお客さまにもとても好評ですよ。

ローズマリーのシロップ作り方

そんなローズマリーのシロップの作り方をご紹介しましょう!

【材料】

◯フレッシュのローズマリー(葉だけ) 8g程度

◯てんさい糖 50g

◯水 100ml

◯レモン汁 大さじ1

【作り方】

1. フレッシュのローズマリーを軽く洗い、茎から葉を取り鍋に入れる

フレッシュのローズマリーを軽く洗い、茎から葉を取り鍋に入れる

2. 水を加えて火にかけ、沸騰したら弱火にして、5分煮出す

3. 煮出した液体をこし、鍋に戻し、てんさい糖を加える

煮出した液体をこし、鍋に戻し、てんさい糖を加える

4. 再び鍋を火にかけ、てんさい糖が解けたら、火を止める

5. レモン汁を加えて、完成

この色はお砂糖の色によるもの

この色は砂糖の色によるもの。てんさい糖で作っているので、色は茶色になりますが、砂糖はお好みのものを使ってください。作ったら、密閉容器に入れ、冷蔵庫で保管し、早めに使い切りましょう。

Credit

写真&文/堀 久恵(ほり ひさえ)

花音-kanon- 代表、ガーデンセラピーナビゲーター。一般社団法人日本ガーデンセラピー協会専門講師。

生花店勤務を経て、ガーデンデザイン・ハーブ・アロマセラピー等を学び、起業。植物のある暮らしを通じて、病気になりにくい身体を作り健康寿命を延ばすことを目指した「ガーデンセラピー」に特化した講座の企画運営と庭作りを得意とする。植物に囲まれ、日々ガーデンセラピーを実践中。埼玉県熊谷市在住。
https://kanongreen.com/

Print Friendly, PDF & Email