ぷっくり膨れたふうせんと、爽やかな色合いが可愛いフウセンカズラ。夏には華奢なつるがよく茂り、緑のカーテンとしても人気の植物です。今回フラワー&フォトスタイリストの海野美規さんに教えていただくのは、このフウセンカズラをくるりと丸めて作るリース。ここでは、秋の花やカボチャを合わせた季節のアレンジと、シンプルにフウセンカズラだけで作るリースの2パターンをご紹介いただきます。

Print Friendly, PDF & Email

可愛らしいフウセンカズラ

フウセンカズラ
秋にはたくさんのふうせんが。

ライトグリーンの紙風船のような果実が可愛らしいフウセンカズラ。ふーっと息を吹き込んで膨らませたかのように丸々した果実が、軽やかに秋風に揺れています。

夏にはつるがぐんぐん伸びるので、グリーンカーテンにしているお庭をよく見かけます。

フウセンカズラ

私は、春に種を播きました。支柱を立てること以外、あまり手をかけませんでしたが、順調に育ってくれました。8月の終わり頃から実がつき始め、9月中旬にはたくさんのふうせんが風に揺られています。極小の白い花も可愛らしいですよね。

フウセンカズラ

フウセンカズラの茎は、華奢に見えて意外と強く、くるりと丸めてリースにすることができます。

今回は、フウセンカズラのリースをベースにしたバスケットトレイのアレンジを楽しんでみませんか。もうすぐハロウィンですから、小さなカボチャを合わせました。そして、フウセンカズラを丸めただけの、簡単で、優しい雰囲気のナチュラルリースもご紹介します。

フウセンカズラのリース

バスケットアレンジに使った花

秋の花
  • フウセンカズラ 6〜7本
  • キバナコスモス 3〜4本
  • 秋海棠(シュウカイドウ) 3〜4本
  • キャットテイル 3〜4本
  • 金水引 2〜3本
アレンジの材料
  • カボチャ(小) 2個
  • ワイヤー製のバスケットトレイ 1個
  • バスケットに入るサイズの器 1個
  • アルミワイヤー 50cmほど

フウセンカズラをメインにしたいので、花はあまり多く入れないようにしました。

愛らしい丸いふうせん(果実)には、あまり大きくない花、素朴な草花が似合うと思います。

秋の花

バスケットアレンジ&ナチュラルリースの手順

フウセンカズラのリースのアレンジ

<フウセンカズラのリースのバスケットアレンジ>

フウセンカズラのリース
  1. アルミワイヤーをくるくると適当に丸めます。両端はフック状にします。
    ワイヤーの先端にはセロテープやマスキングテープを巻いておくと、器のキズ防止とすべり止めになります。
  2. 器にアルミワイヤーを取り付けて、水を入れます。
    フウセンカズラのリースのアレンジ
  3. ワイヤーのバスケットトレイに器を入れて、空いているところにはカボチャを入れます。
  4. フウセンカズラの茎を、器の中のアルミワイヤーに絡げて留まるようにします。
    何本か入れるうちに留まりやすくなります。
    アレンジの材料
  5. フウセンカズラを1本ずつ、リース状に巻いていきます(ラフな感じで)。
    同じ方向に巻くときれいにまとまります。
    フウセンカズラのリースのアレンジ フウセンカズラのリースのアレンジ フウセンカズラのリースのアレンジ
  6. フウセンカズラでリースのベースができたら、それぞれの花を入れます。
    フウセンカズラの茎を花留めにします。
    フウセンカズラのリースのアレンジ フウセンカズラのリースのアレンジ フウセンカズラのリースのアレンジ
    それぞれの花は、フウセンカズラのつるの間から顔を出すような感じにすると、楽しい雰囲気になります。
    フウセンカズラのリースのアレンジ フウセンカズラのリースのアレンジ
  7.  出来上がり!
フウセンカズラのリース フウセンカズラのリースのアレンジ

出来上がりを上から見たところ。

フウセンカズラのリースのアレンジ

<フウセンカズラのナチュラルリース>

フウセンカズラのリース

このナチュラルリースは、70〜80cmほどの長さのフウセンカズラのつるを、ただ丸く巻いていくだけです。

フウセンカズラのリース

フウセンカズラの茎はしなやかですが、意外としっかりしているので、そのまま巻いただけできれいに形ができます。葉っぱとフウセンがきれいに見えるように、あまりきつくしないで、ふわっと絡げていきましょう。

フウセンカズラのリース

出来上がり!

フウセンカズラのリース

なんでもリース

フウセンカズラのフライングリース
フウセンカズラのフライングリース。

リースというと、クリスマスをイメージするでしょうか。

クリスマスリースに使う植物といえば、モミやスギ、ヒバなどのエバーグリーン(常緑樹)ですね。冬でも青々とした葉の常緑樹は、古くから強い生命力の象徴とされてきました。そして、葉自体に殺菌作用や抗菌作用があるものが多く、そこから「災いから家族を守るもの」という意味が生まれたといわれています。香りもいいですしね。

そんなリースですが、常緑樹だけでなくても、他にもいろいろな植物で作ることができます。

古代オリンピックで勝者に贈られたのは、月桂樹のリースでした。マラソンの勝者にも月桂樹のリースです。

子どもの頃作ったのは、クローバーのリース。

ハーブのリースもいいですね。ローズマリーやオレガノなどは、長く伸びた茎をそのままくるりと丸めてキッチンへ。

ハーブのリース
ローズマリーやオレガノなど、伸びたハーブの茎を丸めてリースに。

ナチュラルリースは、オアシスやリングなど特別な道具を使わなくても、そのまま丸めただけで素敵なリースに見えるところが嬉しいです。

フウセンカズラのリース

フウセンカズラも華奢に見えて、リースにするにはちょうどよい強度があります。ドライになると葉っぱは色があせてきますが、ふうせんは萎むことなく丸いままの可愛らしいリースです。

Credit

写真・文/海野美規(Unno Miki)
フラワー&フォトスタイリスト。ハーバルセラピスト。愛犬あんとの暮らしを通じて、動物のための自然療法を学ぶ。パリで『エコール・フランセーズ・ドゥ・デコラシオン・フローラル』に入門、ディプロムを取得。『アトリエ・サンク』の山本由美氏、『From Nature』の神田隆氏に師事。『草月流』師範。フランス、ハンガリー、シンガポールでの暮らしを経て、現在日本でパリスタイル・フラワーアレンジメントの教室『Petit Salon MILOU(プチ・サロン・ミロウ)』を主宰。
https://www.annegarden.jp/

Print Friendly, PDF & Email