今回の主役はヘビイチゴ。名の由来は、ヘビが出そうな場所に生えているから、実を食べに来る小動物を狙ってヘビが来るから、ヘビが食べるから、など諸説あります。また、この名前からなんとなく毒がありそうにも思いますが、毒はありません。それどころか、解毒作用に優れ、私たちの生活の役に立つハーブなのです。今回は、ヘビイチゴの効能を活用したチンキ(チンクチャ―)の作り方をご紹介します。

Print Friendly, PDF & Email

グラウンドカバーにおすすめ! ヘビイチゴってどんな植物?

グラウンドカバーにおすすめ!ヘビイチゴってどんな植物?

ヘビイチゴはバラ科の多年草。冬の寒さに当たると一部葉を落とし、寂しくなりますが、春になると再び葉が出てきて茂るタイプです。4~6月に黄色い花を咲かせ、そのあと赤い実を付けます。食べられますが、おいしくありません(笑)。

また、ヘビイチゴは地面に這うように育っていく植物・グラウンドカバーに向くタイプ。雑草代わりになるので、草が生えて困る…というような場所に植えると、庭管理も楽になります。

きれいな草じゅうたんに

こちらは、ヘビイチゴを植えて2年目の様子。数株植えた苗がどんどん勢力を拡大し、今は砂利の駐車場側にも進出しています(笑)。ヘビイチゴは上に背丈が大きくならず、横にはっていくので、歩いていても邪魔になることがありません。しかも、病気や虫にやられることもなく、とても丈夫! 草刈をする際、10cmサイズにカットしておくようにすると、きれいな草じゅうたんになってくれますよ。

ハーブの保存方法の1つ・チンキを作ろう

ハーブがたくさん収穫できたら、長期にわたり保存できる方法を試してみましょう。

その1つが「チンキ」というもの。ジンやウォッカ、35度以上の焼酎など、アルコールに漬けて有効成分を抽出し、保存する方法です。お湯だと抽出できない成分も、度数の高いアルコールなら抽出することができます。また、チンキは、どんなハーブでも作ることができ、ハーブによって、違う作用が楽しめるのも魅力ですね。

作ったチンキの使い方は

・お湯に垂らして飲む

・ハーブティーや紅茶に垂らして飲む

・薄めて化粧水として使う

・うがい薬として使う

・マウスウォッシュとして使う

・傷の手当に使う

・ルームスプレーや虫よけスプレーの基材として使う

などがあげられます。

チンキは、日本ではあまり馴染みがない方法ですが、海外ではサプリメントの1つとして、薬局などで販売もされています。

ヘビイチゴもこの方法で長期保存が可能。特にヘビイチゴは解毒作用に優れていて、虫に刺された後に塗りこむと、スッとかゆみが引くのです。去年はそこまで収穫量がありませんでしたが、今年は思いのほか広がり、たくさん収穫ができたので、チンキにして保存したいと思います。

ヘビイチゴのチンキ作り方

それでは、ヘビイチゴのチンキの作り方をご紹介していきますね。

【材料】

◯ヘビイチゴ 25g

◯ジンやウォッカ 200ml ※35度以上の焼酎でもOK

◯保存瓶 ※事前に消毒しておきます

◯コーヒーフィルターなど濾すもの

【作り方】

1. ヘビイチゴを収穫します。押すとぽろりと実だけ取れます。ガクごと取り、あとで取り外してもOK!

2. 傷んでいるもの・虫がいた形跡があるものは除き、軽く水洗いします。

傷んでいるもの・虫がいた形跡があるものは除き、軽く水洗いします

3. 水分が残っていると、アルコールに漬けた時カビが生える原因になります。しっかり乾かす、またはペーパータオルで丁寧にふき取ります。

4. 保存容器にヘビイチゴを入れた後、その中にジンを入れます。

保存容器に入れる

軽く瓶をゆすって、馴染ませたら、冷暗所で2週間お休みさせましょう。その間、1日1回、カビが生えていないかなど様子を見守り、瓶を振って馴染ませると◎透明だったジンが、だんだん褐色に変わっていきます。下の写真は2週間前に漬けたものと、今漬けたもの。

2週間前に漬けたものと、今漬けたもの。

2~3週間経ったら、液体を濾して、ヘビイチゴは取り除きます。漬けたばかりだとアルコールが強いのですが、日が経つにつれ、ほんのり甘い香りがしてきますよ。

密閉容器に入れて保存

密閉容器に入れて保存しましょう。この状態で1年ほど保存が可能です。

かゆみ止めとしての使い方は?

ヘビイチゴのチンキは、蚊に刺された時のかゆみ止めとして重宝します。私は、庭作業の時にすぐ使えるよう、10ml程度の小さなスプレー容器に入れて持ち運んでいます。蚊に刺された場合は、すぐ水で刺された場所をよく洗い、ヘビイチゴチンキをスプレーします。たいてい、これでかゆみは忘れてしまうほど、作用を実感する日々です。ぜひお試しください!

※使用の際には、必ずパッチテストを行ってから、自己責任でお使いください。

Credit

写真&文/堀 久恵(ほり ひさえ)

花音-kanon- 代表、ガーデンセラピーナビゲーター。一般社団法人日本ガーデンセラピー協会専門講師。

生花店勤務を経て、ガーデンデザイン・ハーブ・アロマセラピー等を学び、起業。植物のある暮らしを通じて、病気になりにくい身体を作り健康寿命を延ばすことを目指した「ガーデンセラピー」に特化した講座の企画運営と庭作りを得意とする。植物に囲まれ、日々ガーデンセラピーを実践中。埼玉県熊谷市在住。
https://kanongreen.com/

Print Friendly, PDF & Email