スッキリと爽やかな香りが、暑い夏に心地のよいハーブ「レモングラス」。東南アジア原産で手がかからずに栽培が可能で、「茎」と「葉」それぞれを料理やハーブティーに楽しめるハーブです。今回は香りの効能と合わせて、「茎」の部分を使って作るエスニックなポークチョップのレシピと、それを使ったベトナム風サンドイッチ「バインミー」を、神奈川県葉山で植物を身近に暮らしながらアンティークバイヤーとして活動中のルーシー恩田さんが教えてくれます。

Print Friendly, PDF & Email

夏に爽やかなレモングラス

レモングラス

暑い日が続くと食欲が落ちたり、料理をするのが面倒! と感じることもありますよね。一人暮らしだとなおさら。でもね、こんな時こそ料理を作り食べてほしいのです。量も味のさじ加減も自分で調節できるし、何より自分のためにご飯を作る行為は、自分のことを大切に「気にかけていますよ」という意思表示のセルフアクション。特に「人生が上手くいかない」と感じた日こそ、まっすぐ家に帰って、「冷や奴」や「ヤキソバ」など、どんなに簡単なものでもいいから、作ってみてください。何か一つ「成し遂げた」気持ちになり、すーっと心が落ち着くかもしれません。多分。

ハーブ
バジルやミントで夏の畑は賑やか。

夏はハーブのハイシーズンです。先ほどの冷や奴にシソを添えたり、焼きそばにバジルやパクチーを混ぜるのもおすすめ。簡単な料理でもハーブの香りで、奥深い味わいに! なかでも夏のおすすめは「レモングラス」。タイやベトナム料理では、鳥や魚料理の臭み消しと風味付けに使われています。日本ではハーブティーとしてはメジャーですが、料理ではあまり馴染みのないハーブかもしれません。レモングラスの香りは、スッキリとした柑橘系の清涼感で、少しショウガにも似ています。乾燥させたものも売っていますが、フレッシュなものは断然香りがよく、脳天をスパーン! と突き抜けるような爽やかさ。私も大好きな香りです。スーパーなどではあまり見かけませんが、ネット通販などでは簡単に手に入ります。あっぱれ、便利な世の中。

レモングラスのレシピ

レモングラスの葉はハーブティーに、茎は料理に使える優れたハーブです。2020年はレモングラスの「葉」と「茎」を楽しむ2種のレシピをご紹介しましたので、そちらもぜひ。

●『レモングラスの「葉」と「茎」を楽しむ2種のレシピ

レモングラス栽培2年目

レモングラス
昨年のレモングラス、かなり立派に成長しました。

大好きな香り! と豪語しながらも、昨年初めてレモングラス栽培に挑戦しました。栽培は大成功。山ほどの収穫、夢のレモングラス長者で気分は最高! ご近所にもお裾分けして喜ばれました。本来は多年草なので越冬させようと鉢上げをしましたが、残念ながら失敗。熱帯地域が原産の植物なので寒いのは苦手なレモングラスちゃん、冬場の気温が5℃以上ないと越冬できないそう。私の住む神奈川県葉山町は比較的温かいので、大丈夫かなー? と思っていましたがダメでした。とはいえ、ご近所には地植えのまま越冬しているレモングラスたちを見かけるので、来年に乞うご期待。

レモングラス
今年のレモングラス。昨年に比べると迫力が足りませんがスクスク成長中。左は巨大な月桃。

今年の5月頃、気分新たに苗を購入し再挑戦。今年開墾したばかりの痩せた土に植えましたが、なんとか成長中。レモングラスは鉢植えでもいいですが、小学生の頃のアタシのように縦も横もかなり成長しますので、できれば地植えで十分なスペースを確保して植えるといいでしょう。日当たりと土がよく、水をたっぷり与えれば、ほとんどお世話の必要はありません。ある程度大きくなったら、その都度必要な分だけ外葉から収穫し、ハーブティーやハーブウォーターに! 10月頃まで楽しめます。レモングラス栽培はとっても簡単! ほぼほったらかしでも大丈夫。来年はレモングラス栽培に挑戦してみませんか?

レモングラスの香りと効能

レモングラス

その名の通り、レモンのような香りがする「草」なので、レモングラスという単純な命名がされています。レモンの香りがする理由は「シトラール」という芳香成分が含まれるから。レモングラスには、このシトラールが本家のレモン以上に含まれているため、レモンよりも強く鮮やかでビビッドな香りがします。

レモングラスの虫除け

レモングラスは虫除けとしてもよく使われている精油です。シトラールという成分には虫が嫌がる「昆虫忌避作用」があるので、虫除けスプレーやアウトドア用キャンドルに配合されることが多く、「虫除けの香り!」とイメージする方も多いでしょう。

レモングラス

レモングラス精油には「鎮痛作用」や「血行促進作用」があり、アロマトリートメントでは筋肉痛や肩こりのほか、むくみや冷え性のケアとしても使われています。また、「抗菌&抗ウィルス作用」もあり、生活に役立つ精油の一つ。ボディー、ハンドソープやシャンプーなどにもよく配合されています。スッキリとした香りでお風呂タイムがさらに爽快になるのでおすすめ!

レモングラスの香り

レモングラスの香りは、エネルギッシュで爽快! 過度の興奮状態や神経過敏で「交感神経」のスイッチが切れないときに嗅ぐと、パチン! と指を鳴らすように「副交感神経」へとスイッチを切り替えてくれます。「鎮静作用」を持ちながらも精神を高揚させてくれるので、「気分が乗らないわぁー」って時や、「さぁ!ここ一番の大勝負!」ってときにもイチオシ。仕事や人間関係の悩みから、頭の中をいつも同じ光景や不安がグルグル、思考がパターン化しているときにも頼れる精油です。いつもお伝えしていますが、私の勝手な見解によると心地よいと感じる香りは、あなたが「今」必要としている香り。嗅覚で求める本能です。効能を難しく考える必要なんてないのです。

(※レモングラス精油は高濃度で使用すると皮膚刺激があるので、敏感肌の方は注意が必要です。妊娠初期は使用を避けてください)

嗅覚といえば! やっぱり美味しい香りで鼻がクンクン。はーい! そろそろご飯の時間ですよー♡ 今日のメニューはレモングラスを使ったレモングラスポークッチョップです。

ルーシーのレモングラスポークチョップ

レモングラスポークチョップ

さて!本題に入りましょう。今回ご紹介するのはレモングラスの茎の部分を使い、ニンニクやナンプラーでペーストを作り、そこにお肉を漬け込むレシピ。後半ではベトナム風サンドイッチ、バインミーに仕立てます。もちろん! ご飯のお供としても優秀です。隠し味は私の必殺技! 五香粉を使います。

材料

レモングラスポークチョップの材料
  • 厚切り豚ロース 3枚

タレ

  • レモングラス茎 2本
  • ニンニク 1片
  • 玉ねぎ 1/6個
  • ナンプラー 大さじ2
  • 胡椒 小さじ1/2
  • 砂糖 35g
  • ごま油 大さじ1
  • 塩少々
  • 五香粉 少々
  • オイスターソース 小さじ1

※レモングラスが手に入らなければ、生姜とレモン果汁で代用可能です。

作り方

  1. レモングラスの茎は外の皮を1〜2枚外し柔らかい部分を刻む。
    レモングラスポークチョップの作り方
  2. ニンニク、玉ねぎをぶつ切りにし、①と他のタレ材料全てをハンドブレンダーやミキサーにかけて、ペースト状にする。
    レモングラスポークチョップの作り方
  3. すじ切りした豚肉を②に漬け込み一晩〜24時間漬け込む。
    レモングラスポークチョップの作り方
  4. 漬け込んだ豚肉を20分程常温においてから、オーブンやフライパンで火が通るまで焼く。
レモングラスポークチョップ
焼き茄子、パクチー、煮卵でポークチョップ丼。

甘みとコクでお米との相性も抜群。刻んで焼豚代わりにチャーハンに使うのもおすすめです。冷めてもデリシャス! もし、レモングラスが手に入らなければ、生姜とレモン果汁で代用可能です。

ルーシーのポークチョップバインミー

ポークチョップバインミー

バインミーとはベトナムからやってきたサンドイッチのこと。本場ベトナムのバインミーといえば、バターやパテ、野菜、ハーブ、肉、なますなどを挟んだものがポピュラーですが、ここはルーシー流に自由にやりましょう。今回のテーマはLA育ちのフィリピーノがベトナム料理店でバイトしながら作ったバインミー! Yo! レッツ ドゥー ディス メーン!

材料

  • レモングラスポークチョップ 適量
  • バゲット 人数分
  • キュウリスライス 適量
  • シソ、えごま、パクチー、バジル、イタリアンパセリなどのハーブ 適量
  • 人参や大根 適量
  • マヨネーズとスイートチリソース 適量
  • お好みでシラチャーソース

基本のエスニックなますダレ

  • 酢 大さじ3
  • 砂糖 大さじ2
  • 塩 小さじ1
  • ナンプラー 小さじ1

作り方

  1. 適当な大きさにカットした人参や大根に塩少々を加え混ぜ、そのまま5分から10分ほど置いておく。水気をぎゅっと絞り、エスニックなますダレを混ぜ数時間漬け込む。

    ポークチョップバインミーの作り方
    切り方も一工夫。これはアメリカで買ったポテト用カッター。
  2. キュウリをスライスする。

    ポークチョップバインミーの作り方
    タイのピーラーを使って見た目も可愛く。ネット通販で1,000円程。
  3. スイートチリソースとマヨネーズを1:1、お好みでシラチャーを少々混ぜる。
  4. バケットに切り込みを入れ軽く焼き、③のソースを内側上部にたっぷり塗る。
  5. シソやエゴマはそのまま挟み、他のハーブは粗みじんにする。
  6. ポークチョップを適当な大きさにカットし、すべての具材を挟んで完成!
ポークチョップバインミー

大体の量は適当で大丈夫! コツは濃いくらいに味が染み込んだポークチョップ、キュウリは歯ごたえを残すために少し厚切りに、ハーブは数種類使うと香りに深みが出ます。大胆に作ってガブっといきましょう。付け合わせには、油で揚げるエビせんがおすすめです。

海外どころか、国内ですら気軽に足を延ばせない日々が続いています。残暑を感じながら、このレモングラスポークチョップ&バインミーで、気分だけでも遠い異国の地へ、ボンボヤージ! ぜひお試しください。

Credit

ルーシー恩田

写真&文/ルーシー恩田
アンティークバイヤー/IFA認定アロマセラピスト/ITEC認定リフレクソロジスト
20代に訪れたタイ・チャン島でのファスティング(断食)経験から、心・体・生活環境などを全体的にとらえることにより、本来の自然治癒力を高め病気に負けない体づくりを学び啓発される。会社員としてデザインの仕事をしながら英国IFAアロマセラピストの資格を取得。退職後は更なる経験と知識の向上のためイギリスへ渡り、英国ITEC認定リフレクソロジストの資格を取得。現在は家業のイギリスアンティークの買付と販売をしながら、アロマセラピスト的な視点で自家栽培の野菜とハーブを使ったお料理教室やワークショップを開催している。
Say it with Lucy’s https://www.lucys-antique.com
Instagram http://instagram.com/say_it_with_lucys

Print Friendly, PDF & Email