フラワーショップ「Bear(ベア)」の熊坂英明が届ける、花の最旬ニュース。花市場で出合った旬の花からセレクトした、珍しかったりおもしろかったりする花やグリーン、実ものを、独自の視点で語り、紡ぎ、ブーケやアレンジで紹介していきます。

Print Friendly, PDF & Email

アジサイの仲間 ‘アナベル’

Hydrangea arborescens ‘Annabelle’

普通のアジサイよりも

ガクのような部分(花と思っているところ)の

一つひとつが小ぶりで

このグリーンになる前は真っ白花だ

その花をそのままにしておくと

だんだんとグリーンになっていく

フレッシュの状態では

水が下がりやすいアナベルも

こうなってくればその心配もなし

ほおっておけば

このままドライにもなる

フレッシュとドライの中間あたりが

使いやすい

この塊を花序というのだが

大き過ぎず小さ過ぎずが使いやすいので

そこを狙って買うことになる

今年は季節が早い感じで進んでいるので

ちょうどいい時期も短いかもしれない

アナベル

色がグリーンなので色々なものに

合わせやすい

パープルのトルコギキョウや

草っぽい植物でシンプルに束ねる

アナベルのブーケ

連日の猛暑に疲れを隠しきれないので

見た目の清涼感を大事に

おとなしめの組み合わせ

野バラの実もまだ青いけど

夏らしい感じでちょうど良い

いまごろ山に入ると

あちこちで野バラの実がなっている

アナベルのブーケ

アナベルを数本使うだけで

一気にボリュームアップするから

アレンジにもブーケにも

ついつい連続使用

アナベルのブーケ

スワッグやリースにも使えるから

オススメもしやすい

グリーンが綺麗な今がいいから

このチャンスを逃さないでね

後半は乾くのが早くなり

ドライ感が強くなるから

アナベルのブーケ

今回使用したのは

ハイドランジア‘アナベル’

トルコギキョウ‘NFリローラ’、‘ジュリアスラベンダー’

リューカデンドロン‘プラチナカップ’

スカビオサ‘まりも’

オリーブ、山吹の葉、アスチルベ、エリンジューム

野バラの実、スモークグラス

シンプルブーケって言ったけど

いろいろ使っているなぁ

Credit

記事協力

熊坂英明

熊坂英明
『ベア(Bear)』主宰。1997年より家業の生花店(東京・方南町)を継ぎ、短期渡欧や独学でヨーロピアンデザインを学ぶ。色、香り、形などで本質を感じる“花”をコンセプトに、多種多彩な花を品よく紡ぐスタイルが人気。黒と茶でまとめられたシックでスタイリッシュなショップには、同じ花でも季節によって産地を使い分ける、こだわりの花が並ぶ。ウエディングやディスプレイなども手掛けるほか、旬のおすすめ花を本サイトで発信中。
http://www.fs-bear.com
https://www.instagram.com/bearflower_scape

Print Friendly, PDF & Email