フラワーショップ「Bear(ベア)」の熊坂英明が届ける、花の最旬ニュース。花市場で出合った旬の花からセレクトした、珍しかったりおもしろかったりする花やグリーン、実ものを、独自の視点で語り、紡ぎ、ブーケやアレンジで紹介していきます。

Print Friendly, PDF & Email

グリーンのモコモコ系

夕霧草

今回の主役は写真中央のエアープランツではなく

下の苔みたいな植物

夕霧草‘ブリバグリーン’

(トラケリウム‘ジェイド’)

グリーンの夕霧草

苔のようで

パセリのようで

森のようで

なんだかミニチュアの世界のよう

以前から輸入でグリーンの品種が出ていたが

今回は北海道から

コンパクトにまとまった姿は

愛嬌があって可愛らしい

グリーンの夕霧草

緑のモコモコ系といえば

テマリソウがあるが

これはまたちょっと雰囲気が違う

夕霧草とトルコギキョウのアレンジ

形がまん丸すぎないことと微妙な起伏

いろいろな隙間にフィットして

他の形のものを引き立ててくれる

夕霧草とトルコギキョウのアレンジ

ボックスフラワーにも使いやすくて

いい感じ

テマリソウのライバル出現!

と言いたいところだが

これは今のところ期間限定だろう

耐寒性、耐暑性は強いけれど

蒸れに弱いようなので

夕霧草とトルコギキョウのアレンジ

アレンジに使うときも

あんまり詰め詰めにしないようにしたほうが

よさそうかな

夕霧草とトルコギキョウのアレンジ

トーンの暗めなパープルのトルコギキョウも

明るいグリーンやオレンジが入ると

華やかなイメージになって

お祝いのギフトにもOK

サブ花材ってやっぱり

一番大事だなぁって思う

新しいものも

今まであったものも

ちょっと様子が変わると

グッと使いやすくなることって多くて

そうしたニーズに敏感な

生産者の人たちのおかげで

僕らは楽しく仕事ができる

Credit

記事協力

熊坂英明

熊坂英明
『ベア(Bear)』主宰。1997年より家業の生花店(東京・方南町)を継ぎ、短期渡欧や独学でヨーロピアンデザインを学ぶ。色、香り、形などで本質を感じる“花”をコンセプトに、多種多彩な花を品よく紡ぐスタイルが人気。黒と茶でまとめられたシックでスタイリッシュなショップには、同じ花でも季節によって産地を使い分ける、こだわりの花が並ぶ。ウエディングやディスプレイなども手掛けるほか、旬のおすすめ花を本サイトで発信中。
http://www.fs-bear.com
https://www.instagram.com/bearflower_scape

Print Friendly, PDF & Email