フラワーショップ「Bear(ベア)」の熊坂英明が届ける、花の最旬ニュース。花市場で出合った旬の花からセレクトした、珍しかったりおもしろかったりする花やグリーン、実ものを、独自の視点で語り、紡ぎ、ブーケやアレンジで紹介していきます。

Print Friendly, PDF & Email

KIZUNAというバラ

2011年の東日本大震災後に

フランスのオールドローズ協会から

日本のために贈られたつるバラ

”KIZUNA”

1862年に日本から持ち帰った

1包みのノイバラのタネがリヨンの

バラ育種の名家より150年の歳月を経て

新しく作出されたバラが日本に贈られた

バラ‘KIZUNA’

アプリコットピンクの

カップ咲きの花を房状につけ

優しい香りがする

バラKIZUNA

つぼみと開花したものとで

形と色が微妙に変化し

さまざまな表情で楽しませてくれる

バラKIZUNA

切り花向きの品種ではなく

花首が柔らかいので

通常よく目にするスプレーバラに比べ

くたっと顔を垂れていて知らないと

元気がないように見えるかもしれないが

もちろん元気でふくよかな花から

いい香りがする

バラKIZUNA

当然育成も曲者で

切り花用として育てるには

いろいろと苦労があるようなので

切り花用に生産している農家は

ほとんどない

ただこの花には心を引きつける

何かがあるような気がする

モダンな器にノスタルジックに

バラKIZUNA

自然な動きのまま花瓶に飾るのもいいが

野バラの実とパニカム

白ヤマブキの葉を足してざっくりと

バラKIZUNA

バラの俯く表情はそのままに

飾らずにさりげなく

背の高い花器に入れてあげれば

座った位置からちょうど

クライミングローズを見上げるような感覚で

花顔を見ることができる

バラKIZUNA

飾るたびに色々なものを

思い出させてくれる

そんなバラ

バラKIZUNA

あなたの記憶を呼び戻す

その花はなんですか・・・

Credit

記事協力

熊坂英明

熊坂英明
『ベア(Bear)』主宰。1997年より家業の生花店(東京・方南町)を継ぎ、短期渡欧や独学でヨーロピアンデザインを学ぶ。色、香り、形などで本質を感じる“花”をコンセプトに、多種多彩な花を品よく紡ぐスタイルが人気。黒と茶でまとめられたシックでスタイリッシュなショップには、同じ花でも季節によって産地を使い分ける、こだわりの花が並ぶ。ウエディングやディスプレイなども手掛けるほか、旬のおすすめ花を本サイトで発信中。
http://www.fs-bear.com
https://www.instagram.com/bearflower_scape

Print Friendly, PDF & Email