今回は、家で簡単に楽しめる「アスパラガス栽培」の体験と、アスパラガスと相性のよいハーブ「オレガノ」を使った「アスパラガスのパイキッシュ」をご紹介します。目にも美しく、春を楽しむのにピッタリなメニューを、神奈川県葉山で植物を身近に暮らしながらアンティークバイヤーとして活動中のルーシー恩田さんが教えてくれます。

Print Friendly, PDF & Email

アスパラガスをHome grown!

初めてアスパラ栽培に挑戦してみました。しかも「ホワイトアスパラガス」! 家で栽培できるなんて驚きです。気分は夏休みの小学生。ドキドキワクワクしながらの自由研究です。

可愛い箱で届いたのは『sannimon(三右ヱ門・さんにもん)』の「ホワイトアスパラガス栽培キット」。箱を開けてお水をあげれば、すぐに栽培スタートです。

ホワイトアスパラ栽培キット

ホワイトアスパラガスは遮光して育てるので、付属のカバーを被せて、週に1度水を与えるだけで簡単!

ホワイトアスパラガス栽培キット
栽培開始から7日後の様子。
ホワイトアスパラガス栽培キット
栽培開始から14日後の様子。

2週目に、MYファースト「ホワイトアスパラガス」が収穫できました。せっかくなので生で食べてみたい! マヨネーズに少しハーブソルトを混ぜ、ディップ。みずみずしいフレッシュなホワイトアスパラガスは、コーンの様な優しい甘みの奥に、大人の苦みがありとても美味しい!

ホワイトアスパラ

瓶詰めではよく見かけるホワイトアスパラガス、やはり「生」は食感や香りが全然違います。ぜひスーパーなどで見かけたらお試しあれ。個人的にアスパラガスとコラボレーションさせたいハーブは「オレガノ」です。

オレガノってどんなハーブ?

オレガノって聞いたことはあるけど、実際料理に使ったことがない! という方も多いかも。オレガノはシソ科の多年草で、ほろ苦さのある爽やかさが特徴的。

オレガノ

何となく、パスタに? ピザにも? とイメージされる方も多いかも。そう! オレガノはイタリア料理に多用されるハーブです。特にトマト系のパスタソースには欠かせない存在。

例えば、スーパーでも手軽に買える「イタリアンミックスハーブ」は、バジルやタイムとともにオレガノが配合されており、これを市販のパスタソースに加えるだけでも、グッと本格的な味になります。ハーブソルトの代表選手「クレイジーソルト」にも使われています。

チリパウダー
自分好みの分量で作るチリパウダー。

以前コブサラダの記事で使った「チリパウダー」にも、オレガノはパプリカやクミンと共に配合されています。

ドライトマトのオイル漬け
ドライトマトのオイル漬けを作るときにも欠かせません。

オレガノは特に「トマト」や「卵」「チーズ」を使った料理との相性が抜群! バジルやローズマリーももちろんおすすめですが、誰かに「この料理、オレガノ使ったよ!」と言われたら、アタシ一目置いちゃうわ♡ オレガノを使うことで料理の腕前と人徳がワンランクアップ! ぜひキッチンに常備していただきたいハーブの一つです。

オレガノの効能

古代ギリシャ・ローマ時代から、薬草として使われてきたハーブ「オレガノ」。

オレガノ
オレガノはドライで使われることが多いハーブ。

アロマトリートメントでは、あまり一般的に使用される精油ではありませんが、「天然の抗生物質」と呼ばれるほどに「殺菌&抗菌作用」が高いのが特徴的。胃腸の調子を整え、消化を促進する作用があるので、お肉料理との相性もナイス。オレガノの花言葉の一つには「あなたの苦痛を除きます」というのがあるように、お疲れの心をリラックスさせる「強壮作用」にも注目です。就寝前にオレガノのハーブティーを飲めば「昨日までの私にセイ・グッバイ!」きっと明日は素敵な1日になるはずです(多分ね)。

栽培に挑戦するなら今!

キッチンガーデン
キッチン脇のタイニーガーデン。一番奥のモリモリ茂っているのがオレガノ。手前の緑の葉は、猫が大好きなキャットニップ。

昨年の今頃、小さなオレガノの苗を2鉢購入して畑に植えました。成長旺盛で元気! ご近所さんにお裾分けしても、手に余るほどの収穫量。今年は株分けして、キッチンの外にある「タイニーガーデン」にも植えてみました。家でハーブを育てていると、使いたいときに必要な分だけ使えてバンザイ! しつこくお伝えしていますが、ハーブは雑草のように強いものが多いので、家庭菜園初心者の方にもおすすめです。オレガノ栽培のコツは、水はけのよい土&お日様があたる場所。虫もつきにくいので、気軽にベランダや窓辺でも挑戦できるハーブです。多年草なので一度植えたら、毎年楽しめるのも嬉しいポイントです。

オレガノ

オレガノの葉は乾燥させることで、香りが強くなります。本来は開花直前に収穫し、乾燥させると一番香り高くなります。まあ! いつでもオッケー。難しいことは考えずに、気楽にやりましょう。葉がたくさん茂ったら収穫し、スワッグ状に束ねて日陰の風通しがよい所に吊るすだけ。数日でパリパリに乾燥するので、もみほぐして瓶詰めにします。

ドライミント
こちらはミント。オレガノとミントのハーブティーもおすすめです。

オレガノ、ミント、バジルなどのドライハーブ作りは、夏の終わりに楽しみな「季節仕事」。今回は昨年収穫した「自家製」ドライオレガノを使います。

ドライオレガノ
昨年収穫し、ドライにしたオレガノ。

ルーシーの「アスパラガス」パイキッシュ

アスパラガスのパイキッシュ

さーて! 今回の主役アスパラガスとオレガノを使った「パイキッシュ」をご紹介します。ベーコンの旨味とブルーチーズのコクがクセになる一品。お手軽な冷凍のパイシートを使いますが、焼き上がりが美しく、味も最高! な嬉しい料理です。チーズだけではなく、卵を使うことでフィリング(具)に一体感が生まれ、焼きたてはもちろん、冷めても美味しく仕上がります。栽培キットで育てたアスパラガスは、ほとんど「生」のまま食べてしまったので、このレシピでは近所のスーパーで買ってきたホワイトアスパラガスを使用します。

<材料>

アスパラガスのパイキッシュの作り方
  • アスパラガス 10本程(今回はかなり太かったので半分に切りました)
  • 冷凍パイシート 2枚
  • a) チーズミックス 140g
  • a)ブルーチーズ 大さじ2
  • a)ベーコン 2枚
  • a)卵 1個
  • a)牛乳 大さじ2
  • a)乾燥オレガノ 適量
  • a)ハーブソルト 小さじ1
  • a)胡椒 小さじ1/2
  • レモン皮 お好みで

<作り方>

  1. ホワイトアスパラガスは皮が固いので、穂先の下の部分から根元までピーラーで皮を剥き、根元(1cm程度)の固い部分を切り落とす。グリーンアスパラガスも必要であればピーラーで下数センチをピーラーで剥く。
    アスパラガスのパイキッシュの作り方
  2. アスパラガスは1〜2分下茹でして、冷水で冷まし、水気を切ってオリーブオイル(分量外)で和えておく。
    アスパラガスのパイキッシュの作り方
  3. 冷凍のパイ生地をパッケージの表示通りに解凍し、2枚のパイシートの縁を少し重ねて伸ばし1枚にする。そして、画像のように内側1cmの所を一周、軽く切り込みを入れる。
    ※こうすることで縁が立ち上がります。完全には切らないように!

    アスパラガスのパイキッシュの作り方
    2枚のパイシートを重ねた部分には、少し水をつけると付きやすいです。
  4.  200℃に余熱したオーブンで③のパイシートを10分焼いて、冷ましておく。
    ※焼きたては膨らみますが、冷めると落ち着きます。
  5.  ベーコンは細かく切り、他のa) の材料を全てボウルに入れ、よく混ぜる。
    アスパラガスのパイキッシュの作り方
  6. 冷ました④のパイシートに⑤をのせて、アスパラガスを綺麗に並べ、ハーブソルトを散らす。
    アスパラガスのパイキッシュの作り方
    アスパラガスはパイシートのフチの内側の長さに合わせて切りそろえておく。

    アスパラガスのパイキッシュの作り方
    パイシートの縁に溶き卵を塗ると、いい焼き色になります。私は⑤で混ぜた材料の水分を「サッ!」っと手で塗っただけ(照)。それで十分です。
  7. 200℃に余熱したオーブンで⑥を15分焼き完成!
    アスパラガスのパイキッシュの作り方

仕上げにレモンゼスト(皮を擦りおろしたもの)をかけると、口の中でチーズの「こってり」感に、レモンの爽快さがベストマッチ!

アスパラガスのパイキッシュ

もちろん、グリーンのアスパラガスだけで作ってもオッケーです。日本では4〜6月がアスパラガスの旬。季節の彩り野菜はテーブルのお楽しみです。スナップエンドウなどで代用するのも美味しそう! なんならキノコ数種類とか、ナスやトマト、ズッキーニの夏野菜バージョンもいいかも。ルールには捕らわれず、料理をもっと「自由」に「お気軽」に楽しみましょう!

Credit

ルーシー恩田

写真&文/ルーシー恩田
アンティークバイヤー/IFA認定アロマセラピスト/ITEC認定リフレクソロジスト
20代に訪れたタイ・チャン島でのファスティング(断食)経験から、心・体・生活環境などを全体的にとらえることにより、本来の自然治癒力を高め病気に負けない体づくりを学び啓発される。会社員としてデザインの仕事をしながら英国IFAアロマセラピストの資格を取得。退職後は更なる経験と知識の向上のためイギリスへ渡り、英国ITEC認定リフレクソロジストの資格を取得。現在は家業のイギリスアンティークの買付と販売をしながら、アロマセラピスト的な視点で自家栽培の野菜とハーブを使ったお料理教室やワークショップを開催している。
Say it with Lucy’s https://www.lucys-antique.com
Instagram http://instagram.com/say_it_with_lucys

Print Friendly, PDF & Email