ハロウィンやクリスマスとともに、日本でも定番になりつつある「イースター」。淡いパステルな色味の「卵」や「ウサギ」が可愛い、春を感じるイベントです。今回はそんなイースターにピッタリな、アメリカの定番卵料理「デビルドエッグ」をご紹介。神奈川県葉山で植物を身近に暮らしながらアンティークバイヤーとして活動中のルーシー恩田さんが教えてくれます。

Print Friendly, PDF & Email

イースターとは?

イースター

本来、イースターとはイエスキリストが十字架にかけられて処刑され、3日後に復活したことを祝うキリスト教のお祭りです。宗教的な意味合いの強い行事ですが、近年はクリスマスやハロウィンのような季節イベントとして、日本でも認知度が上がっています。日本人は真面目で大人しく思われがちですが、じつは楽しそうなものはすぐに試してみる「パーティーピープル」気質があるのかしら? 異教のコトでも垣根なし。そんな日本のマイペースな、たくましさが大好きです♡ 私的には可愛くて、美味しくて楽しいのなら、どんな宗教でもウエルカム!

イースター

イースターは年によって日付が変わる移動祝日。「春分の日の後の最初の満月から数えて最初の日曜日」がイースター当日。今年、2021年は4月4日です。クリスマスには「赤と緑」、ハロウィンには「オレンジと黒」といったテーマカラーがあるように、イースターカラーは「パステル」。春らしい淡く優しい色合いが象徴的に使われます。

子供も大人も張り切るイースター

イースターは大人も子供も大好きな春のビッグイベント。カラフルに染められた卵やお菓子を草むらに隠して、子供たちが一斉に探す「エッグハンティング」はイースターの恒例行事です。

イースターバニー

殻付きのゆで卵に絵の具などで色を塗ったり、絵を描いたりする「エッグカラーリング」や、スプーンの上に生卵をのせて徒競走をする「エッグ&スプーンレース」、長い柄のスプーンを持ち、芝生の上の卵を転がして競う「エッグローリング」などなど。イースターは日に日に明るさを増していく、気持ちのよい「春の気候」を存分に楽しめる、屋外でのアクティビティが充実しています。

イースター

雑誌ではクラフトやお花のアレンジ、パーティー向け料理など「イースター特集」が組まれるので、それも毎年のお楽しみ。家族や仲のよい友人とのパーティーやピクニックに心が踊り、子供だけではなく大人もワクワクするシーズンです。

イースターの商品

この時期、街ではイースター商戦が繰り広げられます。チョコレートメーカーからは、揃って期間限定「イースターパッケージ」が販売され、スーパーの棚がとても華やかに。日本でもカルディなどの輸入商品を扱うお店で、卵やウサギを象ったイースター用のお菓子を見かけますので、ぜひ探してみてください。

シンボルは「卵」と「ウサギ」

カラフルな「卵」と、かわいらしい「ウサギ」が象徴的なイースター。一説では「Easter イースター」という英単語は、神話に登場する春の女神「Eoster」(エオストレ)に由来しているといわれています。このエオストレは野ウサギたちを従えていたそう。なんだかディズニープリンセスのような、キャラクターを想像しちゃう♡ ウサギは「繁栄と豊穣」の象徴、卵は「多産」「復活」「新しい命」の象徴といわれています。

イースターの卵

そう! イースターの卵は「復活」を現すシンボル。処刑された後、3日後に復活したイエス・キリストと重ねて考えられています。パステルカラーの「卵」とふわふわの「ウサギ」、どちらも春を連想させる優しさを持つモチーフ。今年はイースターで春の訪れをお祝いしてみませんか? イースターパーティーには卵料理をお忘れなく!

悪魔の卵?「デビルドエッグ」

デビルドエッグ

アメリカのホームパーティーのド定番「デビルドエッグ」。デビルドエッグなんて、なんとも不吉な名前の料理ですが、濃い味付けや辛いスパイス味を意味する「Devile」が語源です。可愛いスイーツのような見た目で、前菜、サイドディッシュ、そしておつまみにもなり、とても優秀。実際は料理とは言えないくらい簡単で、ぜひレパートリーに加えていただきたい一品です。年中無休で大活躍なデビルドエッグですが、おそらくアメリカで一番好んで食べられるのが、このイースターシーズン。

デビルドエッグ用の皿

ちなみに、アメリカではこのデビルドエッグ専用のお皿が売られています。そのくらいポピュラーな料理なのです。卵形の窪みが付いているので、デビルドエッグ以外に使い道がないのですが、ホームパーティーには欠かせない存在。これを使うとやっぱり可愛いし、ゲストとの会話にも一役買ってくれることでしょう。アメリカのスーパーや食器店などで、わりとよく見かけます。撮影用にと家の中を探してみたら、母と私、合わせて4枚のデビルドエッグプレートを持っていました。こんなに必要かしら。一家に一皿! いかがでしょうか?

天然素材で卵をカラフルに!

卵の色付け

せっかくのイースターです。カラフルにやっちゃいましょう! 肝心の「デビルドエッグ」レシピをご紹介する前に、紫キャベツとターメリックを使った色づけをご紹介します。

■ 紫キャベツのパープルエッグ

紫キャベツの卵の着色

材料

  • 紫キャベツ(適当に刻む) 3枚ほど
  • 水 2カップ
  • お酢 1カップ
  • 砂糖 大さじ1

作り方

紫キャベツで卵の着色

材料をすべて鍋に入れ煮立てたら、火からおろし葉を取り出す。殻を剥いたゆで卵を入れ、冷蔵庫で5時間ほど漬け込む。

※漬け込む際、何度か卵を回すように混ぜると色むらが防げます。

■ ターメリックのイエローエッグ

ターメリックの着色卵

材料

  • ターメリックパウダー 大さじ1
  •  水 2カップ
  •  お酢 1カップ
  •  塩 小さじ2

作り方

材料をすべて鍋に入れ煮立てたら、火からおろし殻を剥いたゆで卵を入れ、冷蔵庫で5時間ほど漬け込む。

※ 漬け込む際、何度か卵を回すように混ぜると色むらが防げます。
※ ターメリックは色素が強く、白いキッチン用品や服などに付くとシミになるのでご注意!

卵の着色

ルーシーの基本のデビルドエッグ

イースターのデビルドエッグ

デビルドエッグには沢山のバリエーションがあります。私が子供の頃から食べているのは、スイートレリッシュ(さまざまな料理に使いやすいようにミジン切り状にしたきゅうりのピクルス。比較的スーパーでも手に入りやすいので、ぜひ探してみてください)が入る南部風で、甘塩っぱく何個でも食べられる味です。うちの卵サンドはこの味付け! そちらも最高に美味しいのでオススメです。

材料

デビルドエッグの作り方
  • ゆで卵 6個
  • マヨネーズ 大さじ2
  • スイートレリッシュ 大さじ2
  • ハーブソルト 適量
  • 黒こしょう 適量
  • ディル 適量
  • パプリカパウダー 適量

作り方

  1. 固ゆでのゆで卵を作り(12分程茹でる)、殻を剥き、冷めてから横半分にカットし黄身と白身に分ける
    デビルドエッグの作り方
  2. 黄身をフォークなどで潰し、スイートレリッシュ、マヨネーズ、ハーブソルト、黒こしょう、刻んだディルを入れ、混ぜる
    デビルドエッグの作り方
  3. 白身に②を詰める
    デビルドエッグの作り方
  4. パプリカパウダーを振り、飾りにディルを添えて完成!
デビルドエッグの作り方

冷蔵庫で数時間冷やすと味が馴染み、さらに美味しくなります。

ルーシーの「メキシカン」デビルドエッグ

メキシカンデビルドエッグの作り方

こちらは、アボカドを使ったメキシコのディップ「ワカモレ」風のデビルドエッグ。みじん切りにした玉ねぎと、爽やかなライムがクセになる味です。マヨネーズは使わずに、酸味のあるサワークリームを混ぜ込みます。アボカドを足すので量が増えます。余った具は、サンドイッチやチップスのディップにどうぞ!

材料

メキシカンデビルドエッグの作り方
  • ゆで卵 6個
  • アボカド 2個
  • ライム(レモン)汁 大さじ1
  • サワークリーム 大さじ1
  • 塩 小さじ1/2程
  • 玉ねぎ(みじん切り)  大さじ3
  • パクチー 適量
  • 胡椒 適量
  • お好みで飾りのミニトマト

作り方

  1. 固ゆでのゆで卵を作り(12分程茹でる)、殻を剥き、冷めてから横半分にカットし黄身と白身に分ける
  2. 皮から外したアボカドにライム汁をかけて、フォークなどで軽く潰し混ぜ、黄身、サワークリーム、塩、玉ねぎ、刻んだパクチーを加え混ぜる
    ※しっかりとライム汁を和えないと、アボカドが変色するので注意!
    メキシカンデビルドエッグの作り方
  3. 白身に②を詰め、カットしたミニトマトを添える
  4. 飾りにパクチーと胡椒を散らして完成
メキシカンデビルドエッグの作り方

ルーシーの「カレー」デビルドエッグ

カレーデビルドエッグの作り方

材料

カレーデビルドエッグの作り方
  • ゆで卵 6個
  • マヨネーズ 大さじ2
  • カレー粉 小さじ1/4
  • クミンパウダー 小さじ1/4
  • 砂糖 小さじ1/3
  • お好みで飾りのピンクペッパーやスプラウト

作り方

  1. 固ゆでのゆで卵を作り(12分程茹でる)、殻を剥き、冷めてから横半分にカットし黄身と白身に分ける
  2. 黄身をフォークなどで潰し、マヨネーズ、カレー粉、クミンパウダー、砂糖を加えよく混ぜる
    カレーデビルドエッグの作り方
  3. 白身に②を詰め、ピンクペッパーとスプラウトを散らして完成
カレーデビルドエッグの作り方

お好みですが、口金を使ってポイップすると綺麗です。

サンドイッチにも

デビルドエッグのサンドイッチ

パーティーの翌日、デビルドエッグが残っていたら刻んでサンドイッチに挟んで朝ご飯に! 今回のレシピは卵サンドのフィリングにもピッタリです。その場合は少しマヨネーズを多めにすると滑らかになります。

デビルドエッグのサンドイッチ

フィンガーフードのように、パクっと食べられる「デビルドエッグ」。想像力を働かせれば、家にあるものでいくらでもアレンジできる、ポテンシャル高めの簡単料理です。ジャパニーズスタイルに挑戦するなら、スイートレリッシュの代わりに「らっきょう」がおすすめ。麺つゆに漬け込んだ卵をからしマヨネーズで和えた「煮卵風デビルドエッグ」も美味しそう!

今年もお花見は難しそうですね。お家でデビルドエッグを作り、イースターパーティーなんていかがでしょうか? ぜひお試しください。

Credit

ルーシー恩田

写真&文/ルーシー恩田
アンティークバイヤー/IFA認定アロマセラピスト/ITEC認定リフレクソロジスト
20代に訪れたタイ・チャン島でのファスティング(断食)経験から、心・体・生活環境などを全体的にとらえることにより、本来の自然治癒力を高め病気に負けない体づくりを学び啓発される。会社員としてデザインの仕事をしながら英国IFAアロマセラピストの資格を取得。退職後は更なる経験と知識の向上のためイギリスへ渡り、英国ITEC認定リフレクソロジストの資格を取得。現在は家業のイギリスアンティークの買付と販売をしながら、アロマセラピスト的な視点で自家栽培の野菜とハーブを使ったお料理教室やワークショップを開催している。
Say it with Lucy’s https://www.lucys-antique.com
Instagram http://instagram.com/say_it_with_lucys

Print Friendly, PDF & Email