フラワーショップ「Bear(ベア)」の熊坂英明が届ける、花の最旬ニュース。花市場で出合った旬の花からセレクトした、珍しかったりおもしろかったりする花やグリーン、実ものを、独自の視点で語り、紡ぎ、ブーケやアレンジで紹介していきます。

Print Friendly, PDF & Email

夜に浮かび上がる真っ白な花

白い花のアレンジ

閉店後に毎日花を飾る

そのために作るものもあれば

翌日のご注文のものだったり

飾るものは大きさも色も様々

真っ暗な店内でスポットを浴びる花は

ポッと浮かび上がり

地下鉄が到着するたびに

帰路へと急ぐ人たちを待っている

白い花のアレンジ

夜が更けるにつれ

灯りが乏しくなる商店街を通り

ふと飛び込んでくる

花の色やシルエット

もちろん気がつかずに通り過ぎてゆく

人たちも多いだろう

何気なく光の方向に目を移したとき

花たちが貴方が帰ってくるのを

待っていたことに気がつく

立ち止まらなくていい

通りながら

スッと目を横にスライドすればいい

そんな瞬間を花たちは待っている

静と動

植物の動きはゆっくりだ

僕らからすれば止まっているように

見えてしまうかもしれない

故に僕らフローリストは

動きのあるものを探している

曲がったもの

伸びていくもの

しな垂れるもの

巻きつくもの

アリウム

花には意志があって動いている

そんなことを感じて欲しいと思っている

上に伸びたアリウム(ネギの仲間)は

”動”を感じさせてくれる

コチョウラン

それに対し真っ白なファレノプシス(胡蝶蘭)は

磁器のようでキリッとした”静”の印象

コチョウラン

こんな意外な組み合わせが

面白い

単純だけどただ胡蝶蘭が

飾ってあるのとは違う

何かを感じてもらいたいという

思いが誰かに届いて欲しい

そんなことを表現できる

植物に出会えることが

楽しいからやめられないのだ

Credit

記事協力

熊坂英明

熊坂英明
『ベア(Bear)』主宰。1997年より家業の生花店(東京・方南町)を継ぎ、短期渡欧や独学でヨーロピアンデザインを学ぶ。色、香り、形などで本質を感じる“花”をコンセプトに、多種多彩な花を品よく紡ぐスタイルが人気。黒と茶でまとめられたシックでスタイリッシュなショップには、同じ花でも季節によって産地を使い分ける、こだわりの花が並ぶ。ウエディングやディスプレイなども手掛けるほか、旬のおすすめ花を本サイトで発信中。
http://www.fs-bear.com
https://www.instagram.com/bearflower_scape

Print Friendly, PDF & Email