今年もバレンタインが近づいてきました。今回のフラワー&フォトスタイリスト、海野美規さんのWeb上アレンジメントレッスンでは、自分に贈る、華やかな赤色の「自分フラワー」アレンジを作ります。むずかしい決まりやテクニックは一切なし。ちょっとしたコツと自由な発想で、アレンジメントが楽しく、上手になりますよ。

Print Friendly, PDF & Email

赤い花を集めて、「自分フラワー」アレンジ

赤い花のアレンジ

もうすぐバレンタインデー。チョコレート好きな方には嬉しいシーズンですね。

近年は、「義理チョコ」や「本命チョコ」というよりも、高級なチョコレートを自分へ贈るという「自分チョコ」が増えているとのこと。私もすっかり「自分チョコ」派です。

赤い花のアレンジ

チョコレートが自分への贈り物なら、バレンタイン・フラワーも自分へ贈るというのはいかがでしょうか。

フリフリの花びらが美しいラナンキュラスと一重のチューリップ、八重咲きのアネモネ。どれも春を代表する花です。バレンタインカラーの花を集めて、赤い器にアレンジしました。

気分もお部屋も元気になる、真っ赤な「自分フラワー」アレンジです。

赤いチューリップ

使った花と器

赤い花のアレンジ
  • ラナンキュラス
  • チューリップ
  • アネモネ

各5~6本ずつ。

アネモネは、紫色と白を少し入れてアクセントにしました。

オーバル型の赤い器 丸型の赤い器

器は、オーバル形のドット柄のものと、クッキーの入っていた丸いプラスチック製のものを使ってみました。ドット柄は、少々可愛らしくなりすぎたでしょうか? でも「自分フラワー」なのですから、自分が好きなようにアレンジするのが一番です。

「自分フラワー」アレンジの作り方手順

オーバル形も丸形も、どちらも同じ手順です。

オーバル形の「自分フラワー」アレンジ

オーバル型の赤い花のアレンジ
  1. 器の中にセロファンやビニール袋を入れて、オアシスを入れます。
  2. チューリップの葉を使います。葉のついているところでカットします。
    赤い花のアレンジの作り方
  3. チューリップの葉をくるくると巻いて、オアシスに挿します。
    赤い花のアレンジの作り方
  4. ラナンキュラスを入れます。
    赤い花のアレンジの作り方
    高低差をつけ、グループにして(グルーピング)入れましょう。
  5. 同じように、チューリップ、アネモネを入れます。
    赤い花のアレンジの作り方 赤い花のアレンジの作り方

出来上がり!

オーバル型の赤い花のアレンジ

丸形の「自分フラワー」アレンジ

丸形のアレンジも、オーバル形と作り方は同じです。

  1. 器の中にセロファンやビニール袋を入れて、オアシスを入れます。
  2. チューリップを葉のついているところでカット。
    赤い花のアレンジの作り方
  3. チューリップの葉を巻いて、オアシスに挿します。
    赤い花のアレンジの作り方
  4. 高低差を意識し、グルーピングしながらラナンキュラスを入れます。
    赤い花のアレンジの作り方
  5. チューリップ、アネモネを入れて完成。
赤い花のアレンジの作り方

赤色がパッと目を引く華やかなフラワーアレンジができました。

丸型の赤い花のアレンジ

真っ赤なイチゴの季節

2月というと、いろいろな場面で赤い色を目にします。バレンタイデーもあり、イチゴの美味しい季節でもあり、赤鬼も登場したり…やはり、2月はRedなイメージです。

イチゴの本来の旬は、もう少し春になってからだと思いますが、いつの頃からか、クリスマスが近づくにつれどんどんスーパーに並び始めるようになりましたね。今年は寒波のせいで寒い日々が続きますが、いよいよイチゴの季節の本番。あのキラキラ真っ赤な色が嬉しいです。

『吾輩は猫である』の中には、苦沙弥先生がひと月に8缶のジャムを舐めていたというくだりがあります。甘党だった夏目漱石は、ジャムが大好きだったのだそうです。『漱石、ジャムを舐める』(河内一郎/著)では、当時のジャムについて詳しく書かれているのですが、ここでいう「ジャム」は杏でもなくリンゴでもなく「イチゴのジャム」に間違いないそうです。

手作りイチゴジャム

私も大のジャム好き。特にイチゴジャム。漱石のように、ひと月に8缶もの量は食べませんが、3〜4瓶くらいは空けると思います。市販のイチゴジャムではやはり甘さが気になり、手作りするようになりました。手作りジャムは、甘さ控えめ、レモン多め、少しゆるめ。自分好みのジャムに仕上げます。嬉しいことに、私の住む静岡はイチゴの生産が盛んで、自宅から車で少し行ったところにイチゴ農園があり、朝摘みイチゴを買うことができます。ジャム用のイチゴも箱売り。たくさん買ってジャムを作り、イチゴのない季節にも作れるように、冷凍イチゴにして保存もしておきます。

手作りイチゴジャムの作り方

私のイチゴジャムの作り方は、いたってカンタンです。イチゴ300g、砂糖80〜90gくらい、レモン汁1/2〜1個分。耐熱ガラスのボウルに材料を入れて、レンジで10分。取り出して、アクを取りかき混ぜて、もう一度レンジで5~6分くらい。様子によってレンジ時間を追加します。取り出したら、スプーンの背でイチゴを粗めに潰して出来上がり。保存食というより、短い期間で食べ切るフレッシュジャムみたいな感覚です。このジャムがあると、朝食が楽しみで楽しみで。

赤いペーパーナプキンとガラスコップで小さな赤いアレンジも

赤い花のテーブルアレンジ

朝のテーブルに、手作りイチゴジャムと、厚切りの食パン、フレッシュな真っ赤なイチゴ、目玉焼きとサラダ、そうそうコーヒーも。

そこへ、赤い小さなアレンジを添えます。鮮やかな赤い花で、パッと目が覚める気がします。

赤い花のテーブルアレンジ

小さなアレンジは、マグカップやガラスコップで十分です。ガラスコップなら、赤いペーパーナプキンを巻いて赤い器に。ラナンキュラスなど3~4輪を短めに入れるだけで、カンタンにレッドなアレンジになります。

赤いテーブルアレンジの作り方 赤いテーブルアレンジの作り方
赤いテーブルアレンジの作り方
一回り小さなコップに紙ナプキンをくるりと巻き、ガラス容器に入れれば赤い器に。
赤いテーブルアレンジの作り方
内側のコップに水を入れ、短く切った花をシンプルに活けます。
赤いテーブルアレンジの作り方

赤い花にエネルギーをもらって、元気よく朝の時間を楽しみましょう!

赤い花のテーブルアレンジ

Credit

写真・文/海野美規(Unno Miki)
フラワー&フォトスタイリスト。ハーバルセラピスト。愛犬あんとの暮らしを通じて、動物のための自然療法を学ぶ。パリで『エコール・フランセーズ・ドゥ・デコラシオン・フローラル』に入門、ディプロムを取得。『アトリエ・サンク』の山本由美氏、『From Nature』の神田隆氏に師事。『草月流』師範。フランス、ハンガリー、シンガポールでの暮らしを経て、現在日本でパリスタイル・フラワーアレンジメントの教室『Petit Salon MILOU(プチ・サロン・ミロウ)』を主宰。
https://www.annegarden.jp/

Print Friendly, PDF & Email