プチプラ雑貨を使って、もっと暮らしと花を楽しんでみませんか? 100均などのプチプラ雑貨とフラワーアレンジを日々楽しむ、フラワーデザイナーの川守由利子さんに、プチプラ花コーデを教えていただきます。

Print Friendly, PDF & Email

そろそろ節分♪  節分には、ヒイラギを飾りましょう。

節分のヒイラギ 節分のヒイラギ飾り

スーパーで、このヒイラギとお豆の枝を合わせて198円。これに、昨年末からドライで取ってある、野バラの実を合わせていきます。

ヒイラギは袋から取り出して、バラバラにしてみます。

節分のヒイラギ飾り

バラしたものをもう一度、手の中でバランスを見ながらまとめます。

節分のヒイラギ飾り

まとめたら、輪ゴムで軽く縛って…。

節分のヒイラギ飾り

次に、麻紐を用意しました。

節分のヒイラギ飾り

束ねた部分を、輪ゴムの上からグルグルと巻きます。

節分のヒイラギ飾り

最後は簡単に留めました。

節分のヒイラギ飾り

これで完成~♪

今回、イワシは省略しました。ヒイラギやイワシは、魔除け(鬼除け)として節分に飾ります。”尖っている”ヒイラギと、”臭い”イワシ、で鬼が家の中に入ってくることを防ぐという意味合いがあるようです。

ヒイラギ飾りをはずすのは、節分の翌日の立春。このヒイラギは、半紙にくるんでお塩で清めて処分したいと思います。

【材料】
*使用花材*
・ヒイラギ
・豆の枝
以上、ひと束198円。
・野バラの実(以前にドライにしたもの)
ほかに、麻紐、輪ゴムを用意。

本日もお読みくださり、ありがとうございました!

ダイソーの英字リボンを試しにつけてみました。

節分のヒイラギ飾り

ちょっと、カジュアルなイメージに♪

節分のヒイラギ飾り

昔からの習わしを、最近少しずつ、暮らしに取り入れるようになりました。若いときは興味なかったことが、年齢を重ねると、真似事でもやってみようかなと思って…。歳を重ねるのも悪くないですね♪

Credit

記事協力

川守由利子

川守由利子
『ブーケ・ドゥ(Bouquet Doux)』主宰。
花店勤務を経て、2006年に独立。『花時間』第6回フラワーアーティストオーディションに優勝し、現在、東京・自由が丘にて花教室を主宰している。アトリエ名は、“甘くやさしい花束”という意味の仏語から。その名のとおり、心なごみ笑顔になる、柔らかな印象のアレンジを中心に、雑誌やwebでも活躍中。手作りが得意で、プチプラ雑貨と“花”を組み合わせて楽しむアイデアを連載中。
http://bouquet-doux.com
https://www.instagram.com/bouquetdoux_flower

Print Friendly, PDF & Email