フラワーショップ「Bear(ベア)」の熊坂英明が届ける、花の最旬ニュース。花市場で出合った旬の花からセレクトした、珍しかったりおもしろかったりする花やグリーン、実ものを、独自の視点で語り、紡ぎ、ブーケやアレンジで紹介していきます。

Print Friendly, PDF & Email

クリスマスと赤い花

クリスマスが近づくにつれ

赤い花に人気が集まるため

赤い花が高騰していく

この時期になったからといって

赤い花が突然増えるわけではないので

決まった量をそれぞれが取り合う形

とはいっても昨日まで¥200で売っていた

ガーベラが突然¥500なんてことはなく

2〜4割アップかいつもと同じ値段で売る

やっぱりお客様はアレンジもブーケも

クリスマスっぽくとかが増えてくるので

必然的に赤い花の消費量が多くなり

仕入れのたびに高くても赤いものを

がんばって集めることになる

赤いガーベラのパスタシリーズ「モデナ」

ガーベラのパスタシリーズ‘モデナ’

パスタのような花びらの真紅バージョン

思っていたよりも素敵な赤でお気に入り

赤いセロシア(ケイトウ)「スカーレットマスコット」

セロシア(ケイトウ)‘スカーレットマスコット’

炎のような形でこの時期に合わせて

生産されている品種

赤いダリア「ガーネット」

みんな大好きダリア「ガーネット」

サイズとインパクト大!

そんなに長持ちする花じゃないけど

赤いレナンセラ(ラン)

レナンセラ(ラン)

お店よりも暖かい部屋のほうが調子いいかな

プロテア「ヴィーナス」

プロテア‘ヴィーナス’

濃いめの発色が赤い花によく合う

その下のバラ‘カンパネラホットピンク’など

赤以外にも合わせやすい

濃いめのピンクの花にも

赤いバラ

花以外にもリンゴやサンキライなどの

実ものやオーナメントなどで

クリスマスを盛り上げていく

12月に入ると春の花

スイートピー、チューリップ

ラナンキュラス、アマリリスなども

店頭にたくさん並び始める

あとは針葉樹系が充実していれば安心

ところが今年は針葉樹系グリーンが

市場にあんまり無くてちょっと一苦労

今年の前半の暑さが影響しているのかな

とにかく今年は花業界にとっては

厳しい年だったかな

残すはあと1か月

クリスマス、お正月の年末商戦

花に携わる人は一番の頑張りどころ

今年もいっぱい頑張って

来年もいっぱい頑張る

リースのように終わりなく続き

世の中が素敵な花で溢れるといいな

リース

さあ明日も素敵な花との出会いを求めて

市場へと向かうぞ

リース

Credit

記事協力

熊坂英明

熊坂英明
『ベア(Bear)』主宰。1997年より家業の生花店(東京・方南町)を継ぎ、短期渡欧や独学でヨーロピアンデザインを学ぶ。色、香り、形などで本質を感じる“花”をコンセプトに、多種多彩な花を品よく紡ぐスタイルが人気。黒と茶でまとめられたシックでスタイリッシュなショップには、同じ花でも季節によって産地を使い分ける、こだわりの花が並ぶ。ウエディングやディスプレイなども手掛けるほか、旬のおすすめ花を本サイトで発信中。
http://www.fs-bear.com
https://www.instagram.com/bearflower_scape

Print Friendly, PDF & Email