フラワーショップ「Bear(ベア)」の熊坂英明が届ける、花の最旬ニュース。花市場で出合った旬の花からセレクトした、珍しかったりおもしろかったりする花やグリーン、実ものを、独自の視点で語り、紡ぎ、ブーケやアレンジで紹介していきます。

Print Friendly, PDF & Email

くすみイエローの‘リテラチュール’

’リテラチュール’というバラ

標準的なバラの形とは違い

中心に向かって花弁が短くなり

クシュクシュっとした形

この秋口は国産のバラがまだ

本来の大きさではなく小さめで

花弁の巻きも少し少なめだ

くすみイエローのバラ‘リテラチュール’のアレンジ

秋になるといろいろな花の色が

濃くなったり赤みを帯びたりしていく

それに合わせてちょっとくすみ感のある

バラや他の花たちが欲しくなってくる

この‘リテラチュール’というバラは

’テナチュール’という褐色のバラの枝変わり

別名をテナチュールレモンという

グリーン/イエローから咲き進むに連れ

ベージュになってゆく

咲いた姿や色でクラシカルな雰囲気に

くすみイエローのバラ‘リテラチュール’のアレンジ

自分が好んで使うことはあっても

お客様に選ばれることが少ない色で

合わせるものによっては

目立たなくなってしまう

ただ パキッとした色でなく複雑な色で

優しい雰囲気が愛おしい

‘リテラチュール’をメインに丸く束ねて

くすみイエローのバラ‘リテラチュール’のアレンジ

こんなに開いた感じで綺麗なまま長持ちの

‘リテラチュール’

今回合わせたのはマリーゴールド‘バニラ’

リューカデンドロン‘ライムブッシュ’

アンスリウム(ビンテージカラー)

カクレミノ

くすみイエローのバラ‘リテラチュール’のアレンジ

アンスリウムは‘ベティベール’

アンスリウム‘ベティベール’

開花してからの時間によって

さまざまな表情があり

夏に限らず重宝する

くすみイエローのバラ‘リテラチュール’のアレンジ

リューカデンドロンの先端が

ちょっぴり赤茶になっていて

紅葉したような雰囲気

くすみイエローのバラ‘リテラチュール’のアレンジ くすみイエローのバラ‘リテラチュール’のアレンジ

仕上がりのイメージも

何色ですと表現しにくいが

いい雰囲気だ

花には言葉で表現しきれない

美しさと雰囲気がある

百聞は一見にしかず

だからこそ花は楽しいのだ

くすみイエローのバラ‘リテラチュール’のアレンジ

Credit

記事協力

熊坂英明

熊坂英明
『ベア(Bear)』主宰。1997年より家業の生花店(東京・方南町)を継ぎ、短期渡欧や独学でヨーロピアンデザインを学ぶ。色、香り、形などで本質を感じる“花”をコンセプトに、多種多彩な花を品よく紡ぐスタイルが人気。黒と茶でまとめられたシックでスタイリッシュなショップには、同じ花でも季節によって産地を使い分ける、こだわりの花が並ぶ。ウエディングやディスプレイなども手掛けるほか、旬のおすすめ花を本サイトで発信中。
http://www.fs-bear.com
https://www.instagram.com/bearflower_scape

Print Friendly, PDF & Email