フラワーショップ「Bear(ベア)」の熊坂英明が届ける、花の最旬ニュース。花市場で出合った旬の花からセレクトした、珍しかったりおもしろかったりする花やグリーン、実ものを、独自の視点で語り、紡ぎ、ブーケやアレンジで紹介していきます。

Print Friendly, PDF & Email

カラーバリエーションが増えたスターチス

スターチス(Limonium sinuatum

というと紫やピンク、黄色の

カサカサしてて

仏花に入っているイメージが強い花

というのが個人的な印象

しかし昨今のドライフラワーブームや

ハーバリウムブームによって

再認識されている

スターチスの仲間は宿根系や

ハイブリッド系など花が小さく細かく

枝が分岐しているタイプもあり

地味に改良されてきたようで

(自分があまり注目してなかっただけなのかもしれないが)

先日花時間の撮影で沢山の種類を

使うことになって

カラーバリエーションの多さに驚いた

スターチスのドライフラワー

パープル系の濃淡だけでなく

八重咲きの品種があったり

本当にブルーに近い色のものや

スターチスのドライフラワー

アプリコットやベージュなども

スターチスのドライフラワー

ピンク系の品種もスモーキーピンクや

非常に淡いピンクなどニュアンスカラーが

かなり増えている

スターチスのドライフラワー

白系もクリーム、アイボリー

ピュアホワイトなどバリエーションがあり

ドライにしてもそのニュアンスが残る

スターチスのカラーパレット

スターチスのドライフラワー

今回はそのスターチスの花形ではなく

色を前面にドライにしたスターチスを

カラーパレット的にシャーレに

閉じ込めてみた

スターチスのドライフラワー

組み合わせでいろいろなニュアンスが出て

思っていた以上に可愛い

スターチスのドライフラワー

もちろんドライだけじゃなく

フレッシュな状態でも

組み合わせ次第でスターチスが

とても可愛くボリューミーなのだ

スターチスのアレンジ

湿気に弱い植物なのと

種類によって匂いがきついのを

上手に避ければわりといいかもしれない

ステキな色のスターチスの今後に注目です

Credit

記事協力

熊坂英明

熊坂英明
『ベア(Bear)』主宰。1997年より家業の生花店(東京・方南町)を継ぎ、短期渡欧や独学でヨーロピアンデザインを学ぶ。色、香り、形などで本質を感じる“花”をコンセプトに、多種多彩な花を品よく紡ぐスタイルが人気。黒と茶でまとめられたシックでスタイリッシュなショップには、同じ花でも季節によって産地を使い分ける、こだわりの花が並ぶ。ウエディングやディスプレイなども手掛けるほか、旬のおすすめ花を本サイトで発信中。
http://www.fs-bear.com
https://www.instagram.com/bearflower_scape

Print Friendly, PDF & Email