フラワーショップ「Bear(ベア)」の熊坂英明が届ける、花の最旬ニュース。花市場で出合った旬の花からセレクトした、珍しかったりおもしろかったりする花やグリーン、実ものを、独自の視点で語り、紡ぎ、ブーケやアレンジで紹介していきます。

Print Friendly, PDF & Email

紅と白

和のイメージでの装花に

マムとダリアを使って制作

和だからと言って和花を使う

というわけではなく

普通にバラなど洋花も使う

花材だけでなく

この紅と白の組み合わせで

和が感じられるように構成していく

紅白のダリアのアレンジ

ボール咲きやカクタス咲きのダリアを混ぜて

ダリア咲きやボール咲きのマムを混ぜる

シンメトリーの形は

いろいろな表情の花を使うことで

リズムに変化が生まれ

均一な感じがなくなる

紅白のダリアのアレンジ

花の表情を確認して

みんなが一斉にこっち向いてると

恥ずかしいから

ちょっとはにかむように

色々な向きで差しながら

フォルムを作っていく

紅白のダリアのアレンジ

花の間からヒュルっと出ているのがリキュウソウ

紅白のダリアのアレンジ

シモツケという花

ダリアの間にところどころ入ってる

小さなツブツブの花がシモツケ(下野)

この初夏の草花がいい感じで

バランスを整えてくれる

バラ科でspiraea japonicaという学名

spiraeaがギリシャ語で螺旋という意味

下野国(今の栃木県)で最初に発見されたので

シモツケと名付けられたそう

シモツケの花

シモツケは草ではなくて低木

ツブツブのグリーンのつぼみが

アレンジや花束に

爽やかな印象を与えてくれる

シモツケ

こういった何気ない季節モノが

加わることで

いつもの見慣れた花たちが

ググッと艶やかさを増して

”今”という瞬間に

ぴったりとはまってくれる

もしかしたら

気づかれないぐらいの脇役が

その全体の雰囲気を作っている

だからその時期にしかないものが

欲しくなってしまうのだろう

ちなみにこのシモツケは

咲き進むと花弁がハラハラと

散りやすいけど

出てくるとやっぱり

一度は買いたくなってしまう

Credit

記事協力

熊坂英明

熊坂英明
『ベア(Bear)』主宰。1997年より家業の生花店(東京・方南町)を継ぎ、短期渡欧や独学でヨーロピアンデザインを学ぶ。色、香り、形などで本質を感じる“花”をコンセプトに、多種多彩な花を品よく紡ぐスタイルが人気。黒と茶でまとめられたシックでスタイリッシュなショップには、同じ花でも季節によって産地を使い分ける、こだわりの花が並ぶ。ウエディングやディスプレイなども手掛けるほか、旬のおすすめ花を本サイトで発信中。
http://www.fs-bear.com
https://www.instagram.com/bearflower_scape

Print Friendly, PDF & Email