庭仕事の必需品・ガーデニングブーツのお手入れ、どうしていますか? 特にこの時期は、作業中汗をかき、ブーツの中は蒸れて、放置しておくと嫌なニオイの原因にもなりますね…。そこでハーブの出番! ローズマリーやミントなどのハーブには、抗菌作用や殺菌作用があり、ニオイの発生を抑えてくれますよ。今回はハーブのシューキーパーの作り方をご紹介します。

Print Friendly, PDF & Email

シューキーパーとは?

シューキーパーというのは、靴の形を維持して、長持ちさせるために、靴の中に入れておく足の形をした木材です。シダーウッドなど固い木材で作られたものは、靴の形を維持するだけではなく、臭いを抑え、湿気を吸う作用もあります。これをアレンジしたのが、今回のハーブのシューキーパーです。

シューキーパーはガーデンブーツのお手入れにもおすすめ

ガーデニングや家庭菜園を楽しむ方にとって、ガーデンブーツ(長靴)は欠かせないアイテムですが、お手入れは万全ですか?

通気性のよくないブーツの中の温度や湿度は、雑菌にとって、絶好の環境になっています。そして、この雑菌が繁殖すると嫌な臭いがするわけです…。足をキレイに保つことも大切ですが、それより、履いていた靴の中に雑菌がいたままでは、また嫌な臭いの原因になるという悪循環にも。

そこでハーブの出番! ガーデンブーツだけでなく、冬場に履くおしゃれブーツなど、ニオイが気になる靴のケアに、ハーブのシューキーパーを使ってみませんか?

ハーブのシューキーパー

抗菌作用のあるハーブ5選

数あるハーブの中には、菌の繁殖を防ぐ抗菌作用や、細菌と闘い殺す殺菌作用を持つものがあります。今回はその中から5つ、ご紹介していきます。

1. セージ

セージ

ハーブとして使えるセージはコモンセージです。花の観賞用の園芸品種も多数ありますので、ご注意を。

2. ローズマリー/3. ペパーミント

ローズマリーとペパーミント

ローズマリーはすべての品種が使用可能。ミント類は、ペパーミントがおすすめですが、スペアミントなどの品種も可。

4. ラベンダー

ラベンダー

トゥルーラベンダーやグロッソ種がおすすめ。

5. タイム

タイム

おすすめはコモンタイムですが、クリーピングタイムやレモンタイムなどでも可。

ドライハーブを用意しよう

まずは、材料になるハーブを準備します。ペパーミント・セージ・タイム・ローズマリー・ラベンダーの中から、1~2種類お好きなものを選んでください。

これらのハーブが、お庭に生えている場合には、虫がいた形跡がないかどうかをよく確認した後、水洗いをして、日陰でしっかり乾燥させてから、使いましょう。

ドライハーブを活用しよう

虫や品質が気になる方は、販売されているドライハーブが安心です。ハーブ専門店や、インターネットなどで、クラフト用、または食品用のハーブを購入してください。

ハーブのシューキーパー(ショートサイズ)の作り方

それでは、実際に作っていきましょう。

ショートサイズのシューキーパー

このサイズは、ショートサイズの長靴はもちろん、スニーカー・パンプス・ショートブーツ・ビジネスシューズなど、靴を選ばず使えるサイズになっていますので、1つあると便利ですよ。洗えない靴には、特におすすめです。

<材料>

◯24×20cmの布 2枚

◯ドライハーブ 20g程度
抗菌作用・殺菌作用のあるハーブから、1~2種類入れましょう。

◯不織布の袋 2枚
だしやお茶を入れる袋を使います

◯コットン 適量
手芸店で購入できます

◯リボン 20cm程度を2本

◯白糸(あれば色糸も)

◯針/待ち針

<作り方>

1. 上部分を2つ折りにし、待ち針で留めて並縫いをしたのち、布を中表にしてはじを縫う

上部分を2つ折りにし、待ち針で留めて並縫いをしたのち、布を中表にしてはじを縫う

上部分は見える部分になるので、色糸を使って縫っておくとよいですよ。

2. 表面に返す

表面に返します

3. ドライハーブを不織布の袋に詰める

3、ドライハーブを不織布の袋に詰めます

各10gを2袋に詰めますが、使うハーブによって、かさが変わりますので、調整してください。

4. 詰めたハーブの袋をコットンで包む

4、詰めたハーブの袋をコットンで包みます

1で縫った袋のサイズに合うように、コットンを広げ、その上にハーブの袋を乗せて包み込んだら、軽く押して密着させておきます。

5. 縫った袋の中にハーブの袋を入れる

5、縫った袋の中にハーブの袋を入れます

6. 口をリボンで結ぶ

6、口をリボンで結びます

すき間にコットンをつめ、形を整えたら、口をリボンで結んで完成です。

ハーブのシューキーパー(ロングガーデンブーツ用)の作り方

布サイズとハーブの量を変えれば、ロングガーデンブーツ用にアレンジもできます。

布サイズとハーブの量を変えれば、ロングガーデンブーツ用にアレンジもできます。

作り方はショートサイズと一緒ですが、布24×50cmで作成したのと、中に入れたハーブは3倍使用しています。しっかりと形をキープさせたい場合には、コットンをしっかりと詰めておくことで、ロングブーツもしゃきっと立ってくれますよ。

使用するタイミングは、靴を脱いで、しばらく乾燥させたのち、ハーブのシューキーパーをポンと入れておくとよいです。お庭のハーブを活用して、作ってみてくださいね。

Credit

写真&文/堀 久恵(ほり ひさえ)

花音-kanon- 代表、ガーデンセラピーナビゲーター。一般社団法人日本ガーデンセラピー協会専門講師。

生花店勤務を経て、ガーデンデザイン・ハーブ・アロマセラピー等を学び、起業。植物のある暮らしを通じて、病気になりにくい身体を作り健康寿命を延ばすことを目指した「ガーデンセラピー」に特化した講座の企画運営と庭作りを得意とする。植物に囲まれ、日々ガーデンセラピーを実践中。埼玉県熊谷市在住。
https://kanongreen.com/

Print Friendly, PDF & Email