プチプラ雑貨を使って、もっと暮らしと花を楽しんでみませんか? 100均などのプチプラ雑貨とフラワーアレンジを日々楽しむ、フラワーデザイナーの川守由利子さんに、プチプラ花コーデを教えていただきます。

Print Friendly, PDF & Email

リースやプリザーブドフラワー、ドライフラワーなどに使うドライオレンジ。資材屋さんで買うと、まあまあのお値段です。ちょっと使いたいものがあるので、プチプラに仕上げるために作ってみることにしました。

オレンジは近所のスーパーでひとつ98円でした。写真のようにスライスしたオレンジを、電子レンジでチンします。水分がたくさん出るので、下にはキッチンペーパーを厚めに敷きました。

ドライオレンジの作り方

600Wで4分チンし、取り出したら裏返し、さらに600Wで4分チン! 取り出すとこんな感じです。

ドライオレンジの作り方

さらにこちらをオーブントースターに入れます。焦げないように見張りながら、まずは2分。その後、裏返して2分。この間ずっと、焦げないか頻繁にチェックします。もしここで、焦げそうなものがあれば、それだけ取り出してください。

ここで、もう少し入れておいたほうがいいものは追加で1分加熱しました。

加熱後のオレンジがこちらです。だいぶ水分が抜けました。その後、またキッチンペーパーを敷いて、1週間しっかりと乾かしたら完成!

いい感じになりました。甘いオレンジの香りがしてきて、とっても好きな香りでした。これでフラワークラフトを楽しんでみようと思っています!! また見に来てくださると嬉しいです。

*使用花材*
・オレンジ98円
*そのほかキッチンペーパーを用意

本日もお読みくださり、ありがとうございました!

アロマテラピーとしても、人気のあるオレンジ。私は精油で毎晩、ラベンダーと一緒に、芳香浴を楽しんでいます。ラベンダーもオレンジも、安眠を促す作用があるそうです。

Credit

記事協力

川守由利子

川守由利子
『ブーケ・ドゥ(Bouquet Doux)』主宰。
花店勤務を経て、2006年に独立。『花時間』第6回フラワーアーティストオーディションに優勝し、現在、東京・自由が丘にて花教室を主宰している。アトリエ名は、“甘くやさしい花束”という意味の仏語から。その名のとおり、心なごみ笑顔になる、柔らかな印象のアレンジを中心に、雑誌やwebでも活躍中。手作りが得意で、プチプラ雑貨と“花”を組み合わせて楽しむアイデアを連載中。
http://bouquet-doux.com
https://www.instagram.com/bouquetdoux_flower

Print Friendly, PDF & Email