プチプラ雑貨を使って、もっと暮らしと花を楽しんでみませんか? 100均などのプチプラ雑貨とフラワーアレンジを日々楽しむ、フラワーデザイナーの川守由利子さんに、プチプラ花コーデを教えていただきます。

Print Friendly, PDF & Email

ここのところずっと飾っていた、カスミソウとユーカリが、そろそろ終わりの時期になりました!

スワッグのドライ

カスミソウは、以前キャンドゥの花瓶に活けて飾ったものです。結構長く楽しませてくれました。

カスミソウもユーカリも、まだまだ楽しめそうなので、今度はドライフラワーにすることに! ドライフラワーは、作る過程の姿も楽しみたい!と思い、スワッグにしてみることにしました。

ほかには、ダイソーのコットンリボンを用意しました。

スワッグのドライ

スワッグは、花束を作るような感覚で、花を束ねます。花を下に向けて飾るので、下を向けたときにどうなるかな〜♪

スワッグ

時折、花を下に向けて、その表情を確認しながら…。

スワッグ作り

束ね終わったら、輪ゴムで留めます。

スワッグ作り

本数が少ないので、簡単に束ねられました。

次に針金を用意。

スワッグ作り

適当な長さでカット。S字フックを作っておきます。

フック

これを輪ゴムの中に入れ込みます。

スワッグ作り

その上を、ダイソーのリボンで結びました。

スワッグ作り

これで完成〜(^^♪。

スワッグ

フックをつけておくと、こんなふうに飾ることができて便利です。

スワッグ

【材料】
*花材など*
・カスミソウ
・ユーカリ
ともに以前の使用分
*その他*
・リボン(ダイソー)・・・100円
以上、価格は税抜き。
ほかに、輪ゴムと針金を用意。

今日もお読みくださり、ありがとうございました♪

先日のヒヤシンスのミニリースと一緒に飾ってみました♪

スワッグとミニリース

リースやスワッグなどの壁飾りは、クリスマス以外もすごく身近に飾りやすいアイテムだなって思います。

Credit

記事協力

川守由利子

川守由利子
『ブーケ・ドゥ(Bouquet Doux)』主宰。
花店勤務を経て、2006年に独立。『花時間』第6回フラワーアーティストオーディションに優勝し、現在、東京・自由が丘にて花教室を主宰している。アトリエ名は、“甘くやさしい花束”という意味の仏語から。その名のとおり、心なごみ笑顔になる、柔らかな印象のアレンジを中心に、雑誌やwebでも活躍中。手作りが得意で、プチプラ雑貨と“花”を組み合わせて楽しむアイデアを連載中。
http://bouquet-doux.com
https://www.instagram.com/bouquetdoux_flower

Print Friendly, PDF & Email