お正月を迎えるためにふさわしい花とはどういうものでしょう? お正月は年神様を家に迎えて、新しい年の始まりを祝う日です。昔の人は先祖の霊が年神様になり子孫の繁栄を見守ってくれていると考え、そんな年神様に新年の幸せをもらえるよう、縁起のよい草花に願いを込めてお正月の飾りに取り入れてきました。今回はお正月に向く伝統的な花選びと、そこに込められた願いや意味、そして現代の住まいにも合ったナチュラルなお正月飾りの楽しみ方をご紹介します。

Print Friendly, PDF & Email

1.松竹梅

松竹梅
Leungchopan、leungchopan/Shutterstock.com

「松竹梅」というと、食堂のメニューのランク分けに使われているのを思い出します。これは、江戸時代に蕎麦屋や寿司屋が「特上・上・並」を美しい呼び名に変えようと、縁起のよい「松・竹・梅」を当てはめたのが由来といわれています。松竹梅の起源は中国・宋時代に始まった文人画の画題「歳寒三友」で、冬の寒さの中でも美しい松竹梅が好んで描かれました。日本に「歳寒三友」がいつ頃伝わったかは不明ですが、日本ではそれぞれ縁起のよい植物として大事にされてきました。

お正月は別名「松の節句」とも呼ばれ、松は神様の依り代となって邪気を払う重要な役割を担っています。また常緑樹で冬でも葉を落とさず青々としているため、不老不死の象徴でもあります。「竹」は成長が早くまっすぐ育つため、生命や未来を象徴しています。また秩序正しく等間隔にできる節目が、節操のある成長を意味し、竹のしなりが柔軟な対応を意味します。「梅」は寒い冬に最も早く花を咲かせるため、希望を象徴します。また梅には「高潔」「節操」「清純」の意味があり、紅白の花を咲かせることも縁起がよいとされています。

2.千両・万両・南天

千両
千両 High Mountain/Shutterstock.com
万両
万両 Yongkiet/Shutterstock.com
南天
南天 simona pavan/Shutterstock.com

縁起のよい植物として次に挙げられるのが「千両」「万両」「南天」です。いかにもお金持ちになりそうな名前ですが、どういった意味があるのか、一つずつ解説していきます。千両と万両は江戸時代の通貨単位「両」が付いていることから、金運の願掛けとして用いられています。「南天」は「難を転じる」という言葉をもじって「魔除け」として用いられています。また赤い実を多数付けるうえに花言葉が「よい家庭」という点も、お正月飾りにふさわしいですね。3種類とも同じ時期に実が付き、姿も似ているため見分けにくいかもしれませんが、葉の形と実の付き方で違いが分かります。南天は小枝に実が複数付く形で、葉は細長く縁がなめらか。千両は、枝の先端にたくさんの実がひとかたまりに付き、葉の縁がギザギザです。また千両は上向き、万両は下向きに赤い実が付きます。

3.菊

菊
Serhii Brovko/Shutterstock.com

縁起のよい花といえば、菊が挙げられます。菊は中国から不老不死の薬として伝来しました。そのため、長生きの象徴としての意味を持っています。また中国では「重陽の節句」で菊の香りを移した「菊酒」を飲み交わし、長寿を祝うのが習わしになっています。日本でも、平安時代には菊の節句を行っていました。本来は秋の花ですが、年中手に入る現代では、長寿を願うお正月花としてもよく用いられます。品種や色形が多彩な菊ですが、お正月の生け花やアレンジメントには、華やかなピンポンマムやスプレーマムなどの小型の菊がおすすめです。大輪の菊はお供え用を連想させるので避けたほうがよいかもしれません。

4.葉牡丹

葉牡丹
small1/Shutterstock.com

冬の玄関先によく飾られている葉牡丹も縁起のよい植物の一つで、江戸時代から正月飾りとして使われてきました。もともと縁起がよいとされていたのは牡丹の花でしたが、牡丹は高価で手に入りにくく、それよりも安価で見た目が牡丹に似ている葉牡丹が代用品として使われるようになりました。葉牡丹はキャベツと同じアブラナ科アブラナ属で「ケール」という野菜です。ケールは食用として日本に渡ってきましたが、園芸が盛んだった江戸時代の日本では、観賞用として品種改良されました。葉が紅白に染まることも縁起がよいとされる理由の一つで、また葉が重なり合うことで「吉事が重なる」という意味も持っています。

5.福寿草

福寿草
Shirakami/Shutterstock.com

福寿草は雪国に最も早く春の訪れを告げる花で、新春を迎えるのにふさわしい縁起花とされています。キンポウゲ科の多年草で、主に北海道から九州の山中に生育していますが、江戸時代から多くの変わり花が選別され、また古典園芸品種も存在するため、マニアの間では収集意欲を高める花として知られています。お正月に使われるのは3〜4cmの鮮やかな黄金色の花で、南天との寄せ植えにも使われます。本来の開花期は2〜4月頃で、元々は旧暦のお正月頃に真っ先に咲く花だったため「福告げ草」と呼ばれていました。その後、福寿草の花期が長いことから「幸福」と「長寿」を連想させ、お正月を祝う花として名付けられたのが「福寿草」です。別名「元日草(がんじつそう)」や「朔日草(ついたちそう)」とも呼ばれる、名前もまさにお正月にぴったりの花です。

6.水仙

水仙
sirokuma/Shutterstock.com

厳しい冬の寒さに負けず、美しい花を咲かせる水仙も縁起のよい花とされています。水仙は中国の古典に出てくる言葉で、「水にある仙人」という意味。この花の美しさと爽やかな芳香がまるで仙人のようだということから名付けられました。また雪の中でも咲くので、雪国に春の訪れを告げる「雪中花」とも呼ばれています。水仙はヒガンバナ科で1万種以上の園芸品種があり、その原種および花形、花色、草姿などから12系統に分類されています。なかでも代表的な種類にラッパズイセン、八重咲きスイセン、房咲きスイセン、口紅スイセンなどがあり、系統によって開花時期が異なります。お正月によく使われるのは、12月から開花する日本水仙です。房咲きで凛とした姿が美しい日本水仙は、花の少ない冬場でも手に入りやすい貴重な花材として、古くから迎春用に用いられてきました。

7.蘭

ラン
Olena Antonenko/Shutterstock.com

蘭は中国で縁起のよい植物を意味する「四君子」の一つです。四君子とは梅、蘭、竹、菊の4つで、それぞれの植物が君子(徳の高い人)と似た特徴を持っているといわれ、四季を表す画題や着物の図柄としても用いられています。花の女王とも呼ばれる蘭は、ほのかに香る様子から「品格」を表しています。その艶やかな花姿はお正月の生け花やアレンジメントにも使われています。お正月によく飾られるのは、豪華な花姿で高級ギフトとしてもおなじみの「胡蝶蘭」と、耐寒性があり2カ月もの間花が楽しめる「シンビジウム」。一般に育てるのが難しいことで有名な蘭ですが、この2種は丈夫で育てやすい品種です。また、どちらも豪華な大型サイズから可愛らしいコンパクトサイズまでさまざまな品種があるので、飾る場所に合わせた花選びができます。

植物が使われる正月飾りの種類

お正月のしつらえは日本各地で異なり、縁起のよい植物がいろいろ使われています。そんな土地ごとの伝統を今に伝えるお正月飾りと、初心者でも取り入れやすい現代風のアレンジ飾りについて解説します。

1.門松

門松
Tonic Ray/Shutterstock.com

お正月の玄関前を飾る門松は、年神様が降りてくるときの目印として松飾りを立てたのが始まりといわれています。常緑の松は神が宿る木と考えられ、その後、竹が長寿を招く縁起物として添えられました。飾り方については、門の両脇に置くため2つで一対とし、向かって左側を雄松、右側を雌松と呼びます。また3本の竹は長さが異なり、最も長いものが男性、最も短いものが女性を表し、中間の長さのものが間を取り持つことで一家の健康や安泰を表現しています。ちなみに関東と関西の門松は、松と竹の位置関係が異なります。関東の門松は松が低い位置にあり竹の高さが目立つのに対して、関西の門松は、竹より高い位置まで松が飾られています。

2.しめ縄

しめ縄
pink caribbean/Shutterstock.com

しめ縄というと、神社の鳥居にある大きな飾りを思い出しますね。しめ縄を張った内側は神聖な区域とされ、そこから不浄なものを寄せ付けないという意味があります。お正月のしめ飾りもそれと同じで、神聖な場所に年神様をお迎えするという意味を持っています。

<飾る場所>

しめ縄の「しめ」は「神様が占める場所」という意味があり、本来は神様が訪れる全ての場所にしめ縄を飾ります。家庭では、神棚、門、玄関の扉、台所や水回りにしめ縄を飾るとよいといわれています。

<しめ縄としめ飾り>

飾り付けされていないものを「しめ縄」、しめ縄に縁起のよい装飾を付けたのを「しめ飾り」と呼び、玄関先に飾られます。装飾は地方によって異なりますが、代表的な中には植物の特徴に縁起を担いだものがあります。

①橙:実がなると何年も枝にとどまるため、放っておくと1本の木に何代にもわたる実が付きます。これにより一族の繁栄を意味します。
②裏白:裏が白いことから清らかな心、潔白などを意味し、また左右に葉が広がることから、夫婦円満や夫婦和合を意味します。
③ゆずり葉:新しい葉が伸びると古い葉が落葉することから、世代交代で家系が絶えないことを意味します。

年末になると、フラワーショップなど各地でワークショップが開催されています。お気に入りの花材を使ってしめ飾り作りに挑戦してみませんか?

3.生け花

生け花
H.Tanaka/Shutterstock.com

近年、お正月用の生け花にも、洋風の花も使われるようになりましたが、昔から使われてきた花にはそれぞれ意味があります。床の間に生け花を飾るのは、部屋の中に年神様を迎える準備として。福寿草、水仙、菊、葉牡丹など縁起がよいとされる花を活けます。また、その時気をつけたいのは、床の間には掛け軸も飾るため、掛け軸に描かれている植物は避けること。現代では和室のない家庭もあり、床の間以外の場所に花を活けることもあります。例えば棚やサイドボードの上などを床の間に見立てて花を活けてもよいでしょう。また有名ホテルのお正月花を見に行ってみるのも面白いですよ。

4.アレンジメント

フラワーアレンジメント
Olena Antonenko/Shutterstock.com

お正月にフラワーアレンジを飾るお家も多く、ほどよく和のテイストが入った華やかなアレンジメントが人気です。使う植物は、縁起のよい花の中でも、蘭(胡蝶蘭やシンビジウム)や菊(ポンポンマムやスプレーマムなど小ぶりで明るい雰囲気のあるもの)がよく選ばれます。紅白や黄色などの花色を中心に組み合わせ、そこに松や南天などの枝物と、水引や組み紐などの和小物をあしらって和の雰囲気を演出するとよいでしょう。お正月用の和小物は100円ショップでも手に入るので、気軽に取り入れることができます。また最近では、クリスマスからお正月までそのまま楽しめるリースやフラワーアレンジも人気です。ライフスタイルに合わせてアレンジを楽しんでみてください。

フラワーアレンジメント
Olena Antonenko/Shutterstock.com

<可憐でナチュラルな雰囲気の餅花を作ってお正月を飾ろう>

餅花

雪深く、冬に花の少ない関東以北の地方では、花の代わりに紅白の餅を柳に付ける「餅花」をお正月に飾ることで、五穀豊穣や一家繁栄を祈っていました。白とピンクが枝垂れる姿はとても可愛らしく、そのまま飾っても素敵ですが、しめ縄やフラワーアレンジの彩りに加えるなど、和洋さまざまにアレンジ可能です。そしてじつは、市販のカット餅を使うと、とても簡単に作れます。ぜひ一度チャレンジしてみてはいかがでしょう?

餅花の作り方

材料/柳などの枝1本、カット餅1個(半分にカット)、片栗粉(まぶす用)、食紅耳かき1杯くらい

  1. 耐熱容器にカット餅を入れ、電子レンジで30秒程加熱し柔らかくする。
  2. 1の半個分に片栗粉をまぶし、小さくちぎりながら枝に巻き付ける。
  3. 少しの水で溶いた食紅を、1の残り半個分にかけて染み込ませ、片栗粉をまぶして小さくちぎりながら枝に巻き付けて完成。
    餅花の作り方 餅花の作り方 餅花の作り方

*食紅を練り込む際に指先が赤く染まるのが嫌な方は、すべて白い餅花にして、後から少しの水で溶いた食紅を小筆で餅花に塗ってもOKです。

5.寄せ植え

正月の寄せ植え
THMEYA/Shutterstock.com

鉢植えは切り花より長く楽しむことができるので、お正月用に華やかで縁起のよい植物を寄せ植えにして飾るのも素敵です。お正月用の寄せ植えに向く代表的な植物といえば、寒さに強く育てやすい葉牡丹です。大きさや色、葉の形が異なる葉牡丹だけを組み合わせても、迎春用の寄せ植えになります。葉牡丹や南天、福寿草などの正月花に、ビオラやガーデンシクラメン、アリッサムなど、冬でも華やかに咲く花を合わせると、華やかでボリュームのある寄せ植えを楽しむこともできます。また、通常の寄せ植えにお正月風のピックを刺したり、和テイストの鉢カバーをあしらうだけでも正月飾りになります。これなら初心者の方でもチャレンジしやすいですね。

年末になるとお正月に向けた花鉢が出回り、梅や松の盆栽、ガーデンシクラメンや洋蘭など、室内用の華やかな花鉢を贈り物でいただくこともあります。上手に活用して長く楽しんでください。

正月の寄せ植えで新年を祝う! おすすめ花材と作り方

お正月飾りで気を付けるポイントは?

お正月に何を飾るか決まったら、いよいよ飾り付けです。ここでは飾る際に気を付けるしきたりや、飾り花を長持ちさせるポイントをご紹介します。

1.飾り付けのタイミング

お正月の飾り付けは12月28日までにすませるのがよいとされています。29日は「二重苦」につながり、31日は「一夜飾り」になって縁起が悪いとされているので、28日までに飾れなかった場合は30日に飾るとよいでしょう。

2.飾る期間

お正月は1月7日まで(関西は15日まで)を松の内といい、年神様が滞在している期間になります。その間は美しく花を咲かせておきたいので、フラワーアレンジメントや生け花は飾る場所に注意を払いましょう。温度が高すぎたり乾燥しすぎたりすると枯れやすくなるので、エアコンの風が当たる場所や直射日光が当たる場所は避けましょう。また水もこまめに替えると、より美しく長持ちします。

3.飾りの始末方法

小正月の頃、神社やお寺の境内に、門松やしめ飾りなどを持ち寄って燃やす「左義長」は「どんど焼き」とも呼ばれ、地方では田畑で行うところもありますので、近所で行われるどんど焼きに持ち寄り、一緒に焚き上げてもらいましょう。新年に訪れた年神様は、その煙に乗って天上に帰っていくとされています。もし間に合わない場合は、自宅で処分する方法もあります。飾りを分解して塩を振り、新聞紙などに巻いてから袋に入れて燃えるゴミの日に出しましょう。

お正月のお花は意味を理解した上で飾ろう

古くから伝わるお正月飾りには独特の造形美があり、いつの時代も静謐な空間をつくりあげてきました。近年は日本文化の価値が見直される機会が増え、伝統を取り入れながらも現代的なアレンジを楽しむ若い世代も増えています。今回ご紹介したお正月に関わるしきたりと意味を理解することで、お正月の準備がより楽しく意味深いものになるでしょう。今年はぜひ、新年への願いを込めながら、自分らしいお正月飾りを楽しんでみてください。

Credit

文&写真(記載外)本間のぞみ
福島県会津若松市生まれ。デザイン事務所のアシスタントを経てガーデニング雑誌編集部に入社。庭のある暮らしや食に関する記事をつくる中で、さまざまな食のプロに出会い魅了され、和菓子店、ベーグル店、ビストロなどで経験を積む。現在2人の子どもを育てながら、地元の母がつくった会津野菜や食品を使ったレシピを提供中。

Print Friendly, PDF & Email