フラワーショップ「Bear(ベア)」の熊坂英明が届ける、花の最旬ニュース。花市場で出合った旬の花からセレクトした、珍しかったりおもしろかったりする花やグリーン、実ものを、独自の視点で語り、紡ぎ、ブーケやアレンジで紹介していきます。

Print Friendly, PDF & Email

クリスマスになぜ針葉樹を使うのか

クリスマスはもともとキリスト教の

キリストの誕生を祝うための儀式

ハロウィンなどと同じように

日本においては本来の意味合いは

ほとんど薄れていて

単なる年末のイベントとして

様々な業態が利用しているので

クリスマスというと漠然と

赤と白と緑のカラーリングのものの

イメージだけが印象に残っている人も

多いのではないだろうか

クリスマスの飾り

本来は

赤:キリストの血

白:純潔

緑:永遠

という意味があるけれど

宗教的に関係ない人にとっては

そんなに重要ではないという場合も多い

赤い色はサンタクロースの衣装の

イメージが強いせいか

クリスマスといえば「赤」ということで

赤い花に人気が集まるのかな

植物を扱う僕らは赤い花も重要だが

やはりグリーンが大事

クリスマスに針葉樹を使うのは

冬になって木々が葉を落としていく中で

常緑の針葉樹がいつまでも青々とした葉を

つけていることで「永遠に続く」という

「エバーグリーン」を表しているから

クリスマスの針葉樹

「永遠に続く」には転じて

良いことが長く続いて欲しいという

願いも込められている

モミの木以外にもたくさんの針葉樹がある

この針葉樹の代表がモミの木で

トウヒ、イチイ、マツ、ヒバ

コニファーと呼ばれる中のブルーバードや

ブルーアイス、コルムナリスなどなど

これらの針葉樹は色や形、香りや樹形が

非常に豊富でとても楽しい

クリスマスの針葉樹

色々な種類を混ぜることで

やわらかで優しい印象になり

葉の形が雪の結晶のようにも見えてくる

プラスチックでできたツリーやリースには

決して感じることのない生命感

これがフレッシュグリーンの魅力

街の装飾でもフレッシュグリーンを

使っているところは稀だ

やはり花屋へ行って

花の職人たちが作るフレッシュグリーンの

リースやスワッグを手に取って欲しい

ドライにはドライの

フレッシュにはフレッシュの良さがあり

一度飾ると病みつきになるので(笑)

クリスマスの針葉樹

同じように「永遠に続く」という意味で

くるりと切れ目のないリースが

クリスマスに飾られるのです

クリスマスはキリスト誕生日から数えて

4つ前の日曜日がスタート

アドベントと呼ばれ日曜日ごとに

4つのキャンドルに一つずつ灯をともして

当日を迎えます

徐々に飾り付けしながら

クリスマスを楽しみましょう!

ということで

毎晩せっせと作り込みなのです

クリスマスリース

Credit

記事協力

熊坂英明

熊坂英明
『ベア(Bear)』主宰。1997年より家業の生花店(東京・方南町)を継ぎ、短期渡欧や独学でヨーロピアンデザインを学ぶ。色、香り、形などで本質を感じる“花”をコンセプトに、多種多彩な花を品よく紡ぐスタイルが人気。黒と茶でまとめられたシックでスタイリッシュなショップには、同じ花でも季節によって産地を使い分ける、こだわりの花が並ぶ。ウエディングやディスプレイなども手掛けるほか、旬のおすすめ花を本サイトで発信中。
http://www.fs-bear.com
https://www.instagram.com/bearflower_scape

Print Friendly, PDF & Email