フラワーショップ「Bear(ベア)」の熊坂英明が届ける、花の最旬ニュース。花市場で出合った旬の花からセレクトした、珍しかったりおもしろかったりする花やグリーン、実ものを、独自の視点で語り、紡ぎ、ブーケやアレンジで紹介していきます。

Print Friendly, PDF & Email

南半球の花プロテア

クイーンプロテア”マグニフィカ”

花が20センチぐらいもあって

存在感がすごい

クイーンプロテア”マグニフィカ”

本当は大きな花じゃなくて

小さな花の集まり

クイーンプロテア”マグニフィカ”

ドライフラワーとしても存在感があって

人気があるのだがまあまあ(値段が)高い

小心者なので使う用事がないと買えない

クイーンプロテア”マグニフィカ”

今回はお祝い事があったので使ってみる

日本とは季節が真逆の南半球の植物なので

「春に咲く花」ということになる

自分には春にこんな大きな花が咲いている

風景をちょっと想像できないが

なぜか南半球の花たちは秋の花と

仲が良い

クイーンプロテア”マグニフィカ”

黄色いつぶつぶはウメモドキ

ウメモドキといえば秋に真っ赤な

実をつける枝物

ちょっと違うものが好きな自分は

黄色いウメモドキに心を奪われる

Ilex serrataという植物で

「ゴールデンバブーム」という品種

ウメモドキ

今回はエキゾチックなプロテアと

巨大なケイトウや以前紹介した

ユーカリのロブスタなどを使って

ウメモドキ

急に寒くなって市場の花の量も少なめ

頑張って花を集めてこないと

なかなか思うような仕入にならないけれど

ちょっとでも気にいった花たちが

手に入ると仕事が楽しくなる

クイーンプロテア”マグニフィカ”とウメモドキ

ちなみにこういうお花のお届けに行くと

たまにコロコロと実が落ちるので

帰り道は転がってないか

拾いながら帰るのです

Credit

記事協力

熊坂英明

熊坂英明
『ベア(Bear)』主宰。1997年より家業の生花店(東京・方南町)を継ぎ、短期渡欧や独学でヨーロピアンデザインを学ぶ。色、香り、形などで本質を感じる“花”をコンセプトに、多種多彩な花を品よく紡ぐスタイルが人気。黒と茶でまとめられたシックでスタイリッシュなショップには、同じ花でも季節によって産地を使い分ける、こだわりの花が並ぶ。ウエディングやディスプレイなども手掛けるほか、旬のおすすめ花を本サイトで発信中。
http://www.fs-bear.com
https://www.instagram.com/bearflower_scape

Print Friendly, PDF & Email