クリスマスまで、カウントダウンする季節になりました。ツリーやアドベントカレンダーを飾ったり、大切な人へのギフトを用意したり…。街にはイルミネーションが輝き、心が浮き立つ季節でもありますね。クリスマスのインテリアやギフトに、今年はリースを選んでみませんか。花から始まるライフスタイルを提唱する『花時間』が、いくつかのリースを紹介しましょう。

Print Friendly, PDF & Email

永遠を意味する幸せのリースで、1年を締めくくって

リースの形は「永遠」を意味し、いつまでも幸せが続くようにという願いが込められています。ほっこりなごむ丸い形は、私たちの生活に潤いを与えてくれるから、自宅に飾ったり、人に贈ったり、さまざまなシーンで活用できます。なかでも、冬の花や葉を紡ぐクリスマスリースは、1年の締めくくりを華やかに迎えられることが魅力です。

リースの形は「永遠」を意味し、いつまでも幸せが続くようにという願いが込められています。ほっこりなごむ丸い形は、私たちの生活に潤いを与えてくれるから、自宅に飾ったり、人に贈ったり、さまざまなシーンで活用できます。なかでも、冬の花や葉を紡ぐクリスマスリースは、1年の締めくくりを華やかに迎えられることが魅力です。

ポインセチアのリース
花/野﨑由理香(ザ フラワー ハウス) 撮影/山本正樹

同じ色のリースでも、主役の花が変わると、その表情は変わります。こちらは、クリスマス時期に一番人気の花材、真っ赤なポインセチアが主役。丸形のものや葉先が縮れたものなど変わり種を加えると、こんなにしゃれた仕上がりに。隠し味として、茶系のグリーンを低く加えて、深みを出しました。

では早速、冬を彩る花のリースをいくつかお見せしましょう。

晩秋の名残りの色も織り交ぜて、明るさと初々しさを

ポインセチアのリース
花/草薙 仁(ナギ/グリーンワークス) 撮影/栗林成城

花びらをカールさせた、大輪花のようなタイプのポインセチアをメインにしました。クリーム色の分量を多めにして、秋の赤みを残すアジサイや緑色の実を合わせると、冬の初めに飾りたい初々しい表情に。素朴で温かみがあるので、寒さが厳しくなった頃に飾ったら、部屋の中を暖めてくれそう。

【花材】

ポインセチア、バラ、秋色アジサイなど

恋人たちの聖夜にはピンクと白のラブリーリース

白いポインセチアのリース
花/岡村有紀(アトリエ・ネージュ) 撮影/山本正樹

ポインセチアには、ほんのりピンクや澄んだ純白の品種もあるんです。ここでは小さめサイズの鉢ものを利用。やさしい色をミックスさせて、まあるく紡ぎました。花がかわいらしいので、葉色の甘さがより強調されます。かすかな輝きをもつダイヤモンドリリーで、上品さを添えて。

【花材】

ポインセチア(プリンセチアシリーズ)、バラ、シクラメンなど

定番の花と葉のコンビはひとひねりして個性を演出

ヒイラギのリース
花/野﨑由理香(ザ フラワー ハウス) 撮影/山本正樹

平たく幅広い葉と、大粒のまっ赤な実がついたヒイラギは、クリスマスならではの花材。存在感も十分です。実と同じマットな質感の赤いミニバラを、アクセントにちょっとだけ加えました。リースのベースの枝も赤にすれば、実のインパクトがいっそう強調されて印象的に決まります。

【花材】

バラ(ファンファール)、ヒイラギ、スパニッシュモス

枝に降り積もる白い雪。眩しい光に満ちたクリスマス

シクラメンのリース
花/新井順子(フルリスト プチタプチ) 撮影/栗林成城

モミをベースにしたリースにあしらったのは、純白のシクラメン。花材はシンプルながら、葉のギザギザ感、花びらのしっとり感、真っ赤な実の艶など、さまざまな質感が楽しめます。咲き終わったら花をはずし、葉と実だけにして、ドライリースになる過程を楽しんでもいいですね。

【花材】

シクラメン、オレゴンモミ、コニファー、サンキライ

花材や色の組み合わせで、いろいろなリースができます。ご紹介したのはクリスマスを彩るリースたちですが、お正月や春など、それぞれの季節の表情をリースに映して、ぜひ、楽しんでみて。『花時間』はすべての花好きの方々へ、花にまつわる旬の話題を雑誌やSNSでお届けしています。

ただいま発売中の『いま、いちばん新しいリースブック』では、さまざまな素材のリースから、歴史、基本の作り方、ラッピングまで、リースにまつわるすべてを収録しました。素材別のリースは『花時間』が自信をもってセレクトした180種を集めています。眺めているだけでも美しく、花合わせや色合わせの参考になる、実用度が高い1冊。福を呼ぶ「花の輪」をこの本で堪能してください。

いま、いちばん新しいリースブック

いま、いちばん新しいリースブック

定価/本体1700円+税
B5判変型/192ページ
ISBN 978-4-04-896652-8
発行/株式会社KADOKAWA

詳細は
https://www.kadokawa.co.jp/product/321908000011/

Credit

花時間編集部
『花時間』は、花やグリーンから始まる、ボタニカルライフを提案しています。フラワーアレンジ、ガーデニング、クラフト、インテリア、イベント…暮らしの中に咲く花や癒やしのグリーンを、雑誌やムック本、書籍、SNSなどで発信中です。雑誌は1991年創刊。生産者や花市場との交流が深く、美しく役に立つ情報を厳選してお届け。

Instagram https://www.instagram.com/hanajikan_magazine/
Facebook https://www.facebook.com/hanaenterbrain/

Print Friendly, PDF & Email