フラワーショップ「Bear(ベア)」の熊坂英明が届ける、花の最旬ニュース。花市で出合った旬の花からセレクトした、珍しかったりおもしろかったりする花やグリーン、実ものを、独自の視点で語り、紡ぎ、ブーケやアレンジで紹介していきます。

Print Friendly, PDF & Email

野ブドウのつる

野ブドウは藪の中などで

よく見ると生えている植物

栽培しているというよりは

生産者の近くで生えていて

実がついていて綺麗だから

少し出荷してみようか

そんな感じで

たまに市場で見かけるノブドウのつる

都会にいると雑草や

なんでもない草花などに

郷愁や自然を感じることが多い

毎年丸坊主に切り詰められてしまう

街路樹やびっしりと整列した

花壇の花には植物としての

エネルギーを感じられないかもしれない

ノブドウのリース

昨今の草花ブームはあまりにも

人為的に作られた華やかな花たちに

ちょっと疲れてきたせいでもあるのか

観葉植物なども画一的な規格ものよりも

曲がっていたり傷ついていたり

その植物の生き様を感じられるものに

価値を見出す傾向にある気がする

リンドウの花籠

花は毎年進化して

咲かなかったものが咲いたり

見たことのないような形で咲いたり

知っているように見えて

違っていたりするものだ

杓子定規で花と対峙せずに

新しい付き合い方を

育んでいくものである

リンドウは仏花用ですか?

マムはお供えに使うだけのものですか?

白い花は悲しい時だけですか?

花を美しいと感じられるかどうかは

自分の心の在り方にあるような気がする

リンドウにブドウとアマランサスを添えたハンドルバスケット

リンドウのバスケット

秋深くなってからのリンドウは

夏のリンドウと違い

綺麗な花をぱっと咲かせる

ピンクの可愛いリンドウを

バスケットいっぱいにいれて

リンドウのバスケット

アマランサスとブドウを

アクセントにいれる

リンドウとノブドウ

この不思議な色合いの実とつるが

ちょっとホッとする

スイッチの役割をする

リンドウとノブドウ

Credit

記事協力

熊坂英明

熊坂英明
『ベア(Bear)』主宰。1997年より家業の生花店(東京・方南町)を継ぎ、短期渡欧や独学でヨーロピアンデザインを学ぶ。色、香り、形などで本質を感じる“花”をコンセプトに、多種多彩な花を品よく紡ぐスタイルが人気。黒と茶でまとめられたシックでスタイリッシュなショップには、同じ花でも季節によって産地を使い分ける、こだわりの花が並ぶ。ウエディングやディスプレイなども手掛けるほか、旬のおすすめ花を本サイトで発信中。
http://www.fs-bear.com
https://www.instagram.com/bearflower_scape

Print Friendly, PDF & Email