手作り好きにとって、ドライフラワーにしたい花のNo.1はカスミソウ。スワッグやリースにするほか、ハーバリウムやちょっとしたアクセサリーにと、いちど作っておくと、とても重宝します。ドライフラワービギナーでも、まず、失敗することのない安心印の花。プロならではのコツも合わせて、花のアトリエ『フラワースタジオ フローラフローラ』の澤田和美さんに指南いただきました。カスミソウのかわいらしい飾り方は必見ですよ!

Print Friendly, PDF & Email

カスミソウのドライフラワー作りは難しくはありません

ドライフラワーを作ろうとして、うまくいかなかった経験がありませんか? それは、湿度の高い時季だったからかもしれないし、そもそも乾燥するまで時間を要する花だったからかもしれません。

その点、カスミソウなら安心ですよ! 生花の状態でも、バラなどのほかの花にくらべて、含まれている水分量が少ない花だからです。飾っているうちにドライになるユーカリやスターチスとおんなじ。バスルームの近くなど、よほどの多湿の環境でもないかぎり、乾ききるまでに蒸れて、カビが発生することはまずありません。

ピンクや青、黄色などとカラフルな染めのカスミソウでも、ドライのしやすさは変わりません。まずは、花屋さんで、新鮮なカスミソウを購入してから、ドライフラワーを作りましょう!

カスミソウのドライフラワー、3つの作り方

では、ドライフラワーの作り方について、具体的に説明していきます。多くの花に使われる定番の手法は3つ。「ハンギング法」と「シリカゲル乾燥法」、「ドライ・イン・ウォーター法」です。カスミソウの場合は、どの方法でもドライフラワーにできますが、どの手法の場合でも気にかけてほしいことがあります。

それは、なるべく鮮度のよいカスミソウを選ぶこと。乾燥させるのだから、多少、古くなったカスミソウでも同じもの? いえいえ、日にちが経ったカスミソウは花の数が少なくなり、霞のように、ふんわり感は望めません。

最適な花とは、↓のカスミソウのように、花がまっ白で、なるべく、たくさんの花が開き切っているものを選ぶことです。

吊るして乾燥させる「ハンギング法」

もっとも定番は、ハンギング法。花屋さんで、よく吊るしていますよね。花を下に向けて吊るすだけなので、初心者にも嬉しい方法です。カスミソウのまっ白な花色はややくすむものの、自然な風合いで干し上がります。

ハンギング法に最適なのは、からっとした晴天が続く日。長雨の時期は湿度が高くなり、カビが発生することもあるので避けましょう。

しっかりと乾燥するまでは、おおよそ1、2週間ほど。茎がポキッと折れたら完成です。空気が乾燥している秋から冬の季節がドライフラワー作りには向いています。

ハンギング法で必要なもの
・カスミソウ
・麻紐 *紐のなかでも茎を傷めません
・ハサミ

ハンギング法のコツと注意点
カスミソウをドライにするときは、‟1本ずつ吊るす”。これが鉄則です! カスミソウはドライになると花が落ちやすい花。束ねて干して、あとで1本ずつにばらすと、花がポロポロと落ちてしまうんです。もったいないですよね!

また、乾燥するにしたがい、茎からも水分が抜け、細くなります。しっかり縛ったつもりでも、縛り方が緩いと、干している間にするっと花が抜け落ちてしまうことも。落下して、せっかくのカスミソウが壊れてしまわぬよう、麻紐は、きつく巻きつけましょう。

カスミソウを吊るす場所
風通しよく、直射日光の当たらない場所を選んでください。

湯気が立ち込めるキッチンやバスルームの近くに吊るすのはもちろん、窓辺もNGです。光が入る窓辺では、日に当たるうちに必要以上に変色し、きれいなドライフラワーとは呼べないものになってしまいそうです。

蒸し暑い時季には、エアコンをつけた部屋に吊るすか、一戸建ての家なら、室温が低い一階で乾燥させます。

カスミソウの吊るし方
問題は、どこにどうやって吊るすかです。悩む人も多いようですね。「スタンドタイプのコート掛け」や「ハンガーラック」を利用してみませんか? ↓の写真のようにハンガーに、枝分かれのところで引っ掛けると、麻紐で縛る手間もいりません。

いずれの場合も、通気性がよく、早く干し上がります。ほかに、突っ張り棒で廊下などに吊るすのも一案です。その場合は、通るたびにぶつからないよう、カスミソウは高い位置に吊るすこと。

もっと素敵に楽しむワンポイントアドバイス
乾燥させている間、紐の上からラフィアやリボンを結んでみませんか? 素敵なインテリアとして見せながら、ドライフラワー作りが楽しめます。

白さも染めの色も残す「シリカゲル法」

湿気を嫌うお菓子や海苔などのパッケージに入っているシリカゲルの成分は、二酸化ケイ素。この二酸化ケイ素には、表面に微細な穴が空いていて、水分をはじめとするさまざまな物質を吸着する作用があることから、乾燥剤として使われています。

その効果を利用したのが「ドライフラワー専用のシリカゲル」です。ネットでも入手できるので検索してみて。

シリカゲル法のメリットは、花のもともとの色合いをキープできること。カスミソウの純白の花色はもちろん、ピンクや黄色などに染めたカスミソウの色合いもきれいに残せます。また、蒸し暑い梅雨時や夏でも、シリカゲルなら簡単に作れ、使ったシリカゲルは、その後も繰り返し使用できます。

なお、この方法ではタッパーに入れて乾燥させるため、カスミソウは短くカットする必要があります。アクセサリーなどの小さなハンドメイドを楽しみたいときに、どうぞ。

シリカゲル法で必要なもの
・カスミソウ
・シリカゲル *粉末状のもの。ドライフラワー用が最適
・タッパー
・スプーン
・ピンセットか割り箸
・ハサミ

シリカゲル法のコツと注意点
シリカゲルを用意するときは、ドライフラワー用を選びましょう。ドライフラワー用シリカゲルは、花びらの間に入りやすいよう、さらさらとした粉末状になっています。

シリカゲルによるドライフラワーの作り方

①タッパーにシリカゲルを敷きます。目安は底から3cmほど。浅く、ムラのある状態では水分の吸着力が十分に働きません。

②タッパーに入る長さにカスミソウを切り分け、花同士が重ならないようにしながら、シリカゲルの上に並べます。

③スプーンなどを使って、カスミソウの上にシリカゲルをやさしくかけていきます。

④まんべんなくシリカゲルをかけて、花も茎も完全に見えなくなればOK。しっかりと蓋をして、1週間ほど待ちます。茎を少し折って、ポキッと折れたらできあがり。あとは、タッパーを傾けながら、お皿や新聞紙にシリカゲルをあけて、花が見えたら、ピンセットなどで茎をつまんで取り出します。

もっと素敵に楽しむワンポイントアドバイス
インテリアとして飾りながらドライフラワー作りもできます。ガラスの保存瓶に、シリカゲルを3㎝ほど入れ、そこに切り分けたカスミソウを挿します。蓋をしっかり閉めると、ハーバリウムみたいなインテリアの完成です! そのまま飾っておいても素敵ですね。

カスミソウを水にいけて作る「ドライ・イン・ウォーター法」

3つめの方法は、アレンジしながら楽しめる「ドライ・イン・ウォーター法」。水を入れた器にいけながら、花からゆっくりと水分が抜けていくのを待つ方法です。

方法は簡単です。

少量の水を入れた器にカスミソウをいけ、風通しよく、直射日光の当たらない場所に飾っておくだけで、いつの間にかドライフラワーになっています。

メリットは、生花に近い姿でドライにできること。そう、吊るして乾燥させる場合と異なり、茎はふんわりと広がった姿をキープできるんです。

ドライフラワーの作り方は、これでわかりましたか?

ドライになったカスミソウは、花が落ちやすく、とてもデリケートな状態です。もしも、リースを作ろうと最初から決めているなら、生花で作ってから自然乾燥させたほうが、きれいに仕上がることも覚えておきましょう。

ドライフラワーに適したカスミソウの種類と選び方は?

カスミソウはどれも似ていると思われがちですが、じつは種類(品種)によって、花のサイズや花のつき方が異なるんです。ドライフラワーにしたあとも見栄えするのは以下の2つの要件を満たしたカスミソウです。

1 花がなるべく大きいカスミソウ。
2 枝の先端に花がいくつも固まって咲いているタイプ。

そう、しっかり水分が抜けきると、カスミソウの花はさらに小さくなるからです。花がなるべく大きなタイプを選び、さらには先端に花が集まっていれば、ボリューム感が出やすくなります。

もしも、買ったカスミソウがつぼみがちだったら、水にいけて咲かせてからドライフラワーにしましょう。切り花栄養剤を水に入れると、つぼみはぐっと咲きやすくなります。

作ったドライフラワーで、おしゃれなカスミソウアレンジ!

きれいに作れたカスミソウのドライフラワーで、手作りにチャレンジしてみませんか? 染めのカスミソウもミックスして、砂糖菓子のように甘い3つのアイデアをご紹介します。

その1 キュッと束ねて花束フレームに

花材・カスミソウ2種

切り分けたカスミソウを糸などで小さく束ねてから、フレームに貼るだけ。マスキングテープで貼ると、おしゃれなアクセントになります。台紙の色をカスミソウに合わせると、統一感が生まれます。誕生日プレゼントにもおすすめで、こんなふうに色違いで作れば、ウエディングの受付にもぴったりな演出になります。

その2 スイングするカスミソウガーランド

花材・カスミソウ3種

カスミソウフレームの応用編です。小さく束ねるところまでは同じ。麻紐で長くつないでいくと、ゆらゆら揺れるガーランドに変身です。ナチュラルに楽しむなら、こんなふうに枝に結びつけてみましょう。好きな色に染めたカスミソウをミックスすれば、小さな束がどれも引き立ちます。

その3 色違いで作りたい、ちっちゃなリース

花材・カスミソウ3種

難易度が少し上がりますが、ぜひ作ってほしいアイデアです! 短く切り分けて、ワイヤーで束ねたカスミソウを、アレンジ用のフローラルテープで留めながら丸い輪にしていきます。難しかったら、発泡スチロールを輪の形にくりぬいて、そこにカスミソウを挿してもOKです。棚に立てかけてよし、フックにかけてよし。飾った場所が絵になること請け合いです。

カスミソウと合わせて、ドライにしたい草花やグリーン

最後に、カスミソウにぴったりなパートナーをご紹介しますね。いずれも、乾燥しやすく、はじめての人でもきれいなドライフラワーにしやすい花材。

秋色アジサイ

秋になると出回る「秋色アジサイ」は、もともと水分量が少なく、ドライフラワーにしやすい花。長いままのカスミソウと合わせてスワッグにしたり、小分けにしてミニコサージュやリースに仕立てても素敵です。
*「アジサイ(紫陽花)の、上手なドライフラワーの作り方と簡単アレンジ

スターチス

おすすめは、茎がか細いタイプの「宿根スターチス」。花のサイズもあわせ、カスミソウとうまくなじみます。これもドライフラワーにしやすい花の代表です。

セルリア

英名はブラッシングブライド。「頬を染めた花嫁」という意味をもつ、ロマンティックな花です。南アフリカ原産で、オーストラリアで栽培された花が日本に輸入されています。とてもきれいな花なので、ドライ・イン・ウォーター法で飾りながらドライフラワーにしてみては?

センニチコウ

かわいらしいアクセントに重宝するのは、センニチコウ。水にいけたままにしていても、いつの間にかドライフラワーになっています。干し上がっても、色の美しさを保つ便利花材。ピンクのほか、白、紫に近いピンク、赤い花があります。

デルフィニウム

花びらが薄いため、ドライフラワーにすると、少しシワっぽくなりますが、色はきれいに残ります。カスミソウと合わせると爽やかなイメージのマリンカラーに!

バラ

カスミソウと合わせて飾るなら、花の小さなスプレーバラがおすすめです。ドライフラワーにすると花はさらに小ぶりになり、カスミソウとなじむサイズに。薄い色のバラはドライにするとベージュがかり、赤などの濃い色はシックな色合いになります。イメージに合わせて選んで。
*「バラの、上手なドライフラワーの作り方と簡単アレンジ

ミモザ

 

春になると、ポンポンみたいな黄色い小花を咲かせるミモザ。ドライフラワーにすると、色が褪せ、花も小粒にはなりますが、生花のときとは違うアンティークなニュアンスが生まれます。カスミソウと合わせて、リースにしてみては?
*「ミモザの、上手なドライフラワーの作り方と簡単アレンジ

ユーカリ

 

グリーンを合わせてスワッグに仕立てるなら、葉がほっそりしたタイプのユーカリを。茎が細いものを選ぶと、カスミソウに寄り添うようにしなります。実つきを選ぶと、表情がさらにナチュラルに。

ラベンダー

 

カスミソウに、ラベンダーでよい香りをつけてみませんか? よい香りがするのは、イングリッシュラベンダー。園芸店で売られている苗ものを活用すると簡単です。ラベンダーの苗がもっとも多く出回る4~5月に、どうぞ。
*「ラベンダーの、上手なドライフラワーの作り方と簡単アレンジ
*「ラベンダーのドライフラワーで、おしゃれなアレンジ・飾り方、アイデアまとめ10選

では、さっそく、カスミソウのドライフラワーに挑戦しましょう!

Credit

記事協力


澤田和美
『フラワースタジオ フローラフローラ』主宰。自然からの贈り物。美しい花たち。かわいい花たち。季節ごとに出会うそんな花たちを、東京・目黒のスタジオから必要な方へ届け続けています。ウェディングシーンで、花教室で、贈り主の心を添えたフラワーギフトで、甘いテイストの花が人気です。2000年、はじめてのメディアとして、花時間に作品が掲載され、以後、雑誌等での作品掲載も多数。
http://floraflora.net/
https://www.instagram.com/floraflora13/

撮影と構成と文・鈴木清子

Print Friendly, PDF & Email