フラワーショップ「Bear(ベア)」の熊坂英明が届ける、花の最旬ニュース。花市場で出合った旬の花からセレクトした、珍しかったりおもしろかったりする花やグリーン、実ものを、独自の視点で語り、紡ぎ、ブーケやアレンジで紹介していきます。

Print Friendly, PDF & Email

紅葉と実が魅力的なナナカマド

ナナカマドはバラ科の落葉樹

北海道や東北で街路樹に使われていて

夏頃から青い実がつき

ちょうど今頃朝晩が冷えるような時期に

実が色づき始め紅葉する

冬が近づく頃には実は真っ赤に染まる

ナナカマド

切り枝のナナカマドは紅葉が綺麗なのだが

葉は割と早く乾いてしまう

たわわな実はけっこう長く楽しめる

寒い地域ではかなり低い位置から

実がたくさんついていたりする

ナナカマド

個人的にグリーンから黄色に変わる時期や

オレンジから赤に変わるタイミングが

複雑な色でとても好きだ

ナナカマドという名は

木が固くて7回カマドに入れても

燃え残っているから付いたという話も

あるらしい

ホオズキの一輪挿しとナナカマド

ホオズキのドライを使って

グラスチューブを忍ばせた

一輪挿しにナナカマドの小さな枝をセット

ナナカマド

ナナカマドの実とホオズキの色がリンク

紅葉の葉がアクセントになっている

ナナカマド

苔玉ならぬホオズキ玉

秋は駆け足で過ぎていくので

ちょっとした色の変化を見逃さずに

近づいてくる冬を感じたい

外ではあちこちで金木犀が甘い香りを放ち

僕らに秋を知らせてくれる

毎年同じ繰り返しのようだが

ちょっとずつ違う

自分の感じ方も花も・・・

ナナカマド

Credit

記事協力

熊坂英明

熊坂英明
『ベア(Bear)』主宰。1997年より家業の生花店(東京・方南町)を継ぎ、短期渡欧や独学でヨーロピアンデザインを学ぶ。色、香り、形などで本質を感じる“花”をコンセプトに、多種多彩な花を品よく紡ぐスタイルが人気。黒と茶でまとめられたシックでスタイリッシュなショップには、同じ花でも季節によって産地を使い分ける、こだわりの花が並ぶ。ウエディングやディスプレイなども手掛けるほか、旬のおすすめ花を本サイトで発信中。
http://www.fs-bear.com
https://www.instagram.com/bearflower_scape

Print Friendly, PDF & Email