芳香療法(アロマセラピー)で使われる小さなビンに入った精油、見たことがある方も多いと思います。この中身は、凝縮された植物の芳香成分で、私たちの心身に働きかけ、さまざまな作用をもたらしてくれるのですが…「何がどう身体に作用してるの? 正直、よくわからない」と思ったことはありませんか? そこで今回は、アロマセラピーの入口・入門講座と題して、植物が持つ芳香成分が人にどんな作用をもたらしているのかを、ハーバルライフコーディネーターの堀久恵さんに解説していただきます。

Print Friendly, PDF & Email

植物の持つ芳香成分は、人にどんな作用をもたらすか

植物の持つ芳香成分は、人にどんな作用をもたらすか

人は太古の昔から身近にある植物を利用して、ミイラを作ったり、宗教的儀式をおこなったり、傷や病を癒したりと、植物はさまざまな場面で用いられてきた歴史があり、その時代ごとに、研究が盛んにおこなわれてきました。

芳香療法(アロマセラピー)という言葉ができたのは1928年頃で、精油というものが世界的に広まったのは、つい最近のことです。科学的な成分分析技術の進歩により、植物の持つ芳香成分が私たちの身体にどのように作用するかが、徐々に解明されていますので、ご紹介していきますね。

1. 生理作用

人の健康は自律神経系・内分泌系・免疫系の3つのシステムが健全に機能することで成り立っています。普段特別に意識することなく私たちが行っている、呼吸や消化などの生理機能は、ストレスなどにより、呼吸が浅くなったり、消化不良などの不調を引き起こしたりと、機能が低下することがありますが、それは3つのシステムのバランスが崩れることによって起こります。

何かとストレスの多い現代社会では、このバランスを保つことが難しいのが現状…。このような時に精油の香りをかぐと、植物の持つ有効成分が鼻から大脳辺縁系に伝わり、自律神経系・内分泌系・免疫系の3システムに情報が伝達され、心身のバランスを調整してくれます。植物の芳香成分をうまく利用することで、日々のストレスをセルフケアすることができますよ。

2. 生体リズム調整作用

心臓や脈拍、脳波、女性の月経周期など、人間の身体は規則正しくリズムを刻んでいますが、不規則な生活によって、このリズムが狂ってくると、不眠やうつなど身体に不調をもたらします。毎日一定の時間に太陽の光を浴びることで、この生体リズムを整えることができますが、実は、植物の芳香成分にも、生体リズムを調整する作用があることが分かっています。

3. 心理作用

「芳香成分をかぐとリラックスできる」「癒される」という印象を持っている方も多いかもしれませんね。鼻から芳香成分を吸い込むと、電気信号となって脳にダイレクトに伝わります。この信号により、気持ちを高めたり、沈めたり…といった作用を感じることができます。

4. 抗菌作用

森の中を散歩した時に感じるあの清々しさは、ストレスが解き放たれて、リラックスしたから、という心理的な面だけはありません。あの森の中の空気には「フィトンチッド」と呼ばれる揮発性の抗菌物質が含まれていて、さまざまなウイルスや菌に対抗する作用や免疫力を上げる作用があるのです。

5. 薬理作用

それぞれの芳香成分を持つ植物には、数十~数百の有機化合物が含まれています。この有機化合物が、痛みを抑える鎮痛作用や炎症を抑える消炎作用といった、薬理作用を持っています。「この病気にはこの草を煎じて…」「この時期にはこの植物を摂る」など、人類は、体の不調や傷の手当など、古くから植物の持つこの作用を利用し、暮らしてきた歴史があるのです。昔はその成分は伝聞で、その地域や国によって伝わるものでしたが、現代は成分解析の技術が発達し、薬理作用をより活用できるようになりました。

アロマセラピーを始めよう

今挙げた、5つの作用は、すべての植物にそれぞれ含まれています。加えて、ラベンダーは鎮静作用が優れている、レモンは頭脳明晰作用が優れているなど、それぞれに得意なことがあるので、それを心身の状態に合わせて、日々の暮らしに役立てていこうというのが、アロマセラピー(芳香療法)です。

一番簡単に取り入れられるのが、精油の香りをかぐ「芳香浴」。

一番簡単に取り入れられるのが、精油の香りをかぐ「芳香浴」。

精油をコットンやハンカチに1滴たらして身に着けたり、マグカップに1滴たらしておいて置いたり…そんな簡単なことで十分香りを体内に取り込むことができますよ。

アロマセラピーをやってみたいと思ったら…

アロマセラピーをやってみたいと思ったら

精油は植物の芳香成分が詰まっています。例えばラベンダーは、1滴の精油を採るのに、お花だけで100gほど必要です。この写真でお花だけにしても、50gあるかないか程度ですので、どれだけ濃いかお分かりいただけるでしょうか?

そんな植物の成分が凝縮した精油は、成分が濃すぎるため、妊娠中・授乳中の方、治療中の病気がある方、体質等の心配がある方は、使用できない種類もあり、使い方を間違えると身体に逆効果になることもあるので、使用する際には注意が必要です。

アロマセラピーに興味があって、やってみたいなと思ったら、まずは、1冊、アロマセラピーの本を手に取ってみてください。本には、使用にあたり注意することの記載もありますので、慣れないうちは、1つずつ確かめて使うことをおすすめします。

私もアロマセラピーを始めたばかりのころ、本を読んでは「こんな症状の時はこの精油がいいのか、どんな香りがするのかな」と、ワクワクしていました。その気持ちは十数年経った今でも変わらず、香りの組み合わせを楽しんだり、体調管理に役立てたりと、楽しんでいます。

精油は、特性を理解して正しく使えば、怖いものどころか、日々の健康づくりに役に立ち、暮らしの楽しみの幅が広がる優れものです。一緒にアロマセラピーを楽しみましょう。

Credit

写真&文/堀 久恵(ほり ひさえ)

花音-kanon- 代表、ガーデンセラピーナビゲーター。

生花店勤務を経て、ガーデンデザイン・ハーブ・アロマセラピー等を学び、起業。植物のある暮らしを通じて、病気になりにくい身体を作り健康寿命を延ばすことを目指した「ガーデンセラピー」に特化した講座の企画運営と庭作りを得意とする。植物に囲まれ、日々ガーデンセラピーを実践中。埼玉県熊谷市在住。
https://kanongreen.com/

Print Friendly, PDF & Email