朝晩の冷え込みが深まる11月、林や公園へ出かけてみると、美しく色づいた木の葉を見つけることができます。季節の楽しみを感じる遊びとして、お子さんと一緒に葉っぱのお絵かきを楽しんでみませんか。紅葉の美しい葉と、その葉を使った可愛い絵をご紹介します。

Print Friendly, PDF & Email

秋に色づく葉はモミジやイチョウだけでなく、広葉樹はすべて落葉する前に緑から色を変えます。色や形、大きさの異なるさまざまな葉っぱを集めて、絵を描いてみましょう。葉っぱのお絵描きのよいところは、絵心がいらないこと! 葉っぱ同士をあれこれ組み合わせているうちに想像力がふくらんで、思いがけない面白い形ができますよ。まずは葉っぱを集めに外へ出かけましょう。

秋に美しく色づく葉

秋に美しく色づく葉っぱには、いろいろな種類があります。どんな葉があるのか見てみましょう。

Rowan・ナナカマド/バラ科・ナナカマド属の高木。

秋になると葉は真っ赤に紅葉し、赤い実が房状に実ります。秋が最も美しく、観賞価値が高まる樹木です。街路樹によく使われる樹木なので、お買い物の途中でも葉っぱを見つけられるかもしれません。

 

Birch・カバノキ/カバノキ科カバノキ属。

シラカバやダケカンバなど、日本には10種類ほどがあります。黄色や赤色などさまざまに紅葉する美しい広葉樹です。白い木肌で庭木としても人気があるシラカバは、暑さに弱いので高地や寒冷地の方がよく見かけられます。

 

Oak・ナラ/ブナ科・コナラ属。

オークと呼ぶ時はヨーロッパナラのことを指すのが一般的。欧州ではキリスト教以前の原始宗教時代より神聖視される神木。カシワに似た美しい葉は黄色く色づき、ドングリも実ります。森林公園、都立公園などでも見つけられます。

 

Elm・ニレ/ニレ科・ニレ属の木の総称。

ハルニレ、アキニレなどの種類があります。軽井沢には「ハルニレテラス」というリゾート施設があり、ショップやカフェがハルニレの木々に囲まれ点在しているので、秋の行楽がてら紅葉の葉を探しに行ってみてはいかが。

 

Black chokeberry アロニア/バラ科・アロニア属。

春に白い小花をたくさん咲かせ、秋には紅葉と黒い実が楽しめます。晩秋の葉の色は燃え上がるようで見事です。実は収穫してジャムや果実酒として楽しめるので、庭木としても人気です。

 

Maple・カエデ/ムクロジ科・カエデ属。

葉は温度が下がるにつれ黄色から赤色へと変化します。カナダには全長約800kmものメープル街道があり、ハイウェイの両側を赤や黄色の葉が鮮やかに染め上げ見事。北海道にも同名の街道があり、例年10月上旬から見頃。

 

Hawthorn・サンザシ/バラ科・サンザシ属。

春には白やピンクの花が、秋は紅葉と赤い実が美しい樹木です。『失われた時を求めて』などヨーロッパの小説によく登場するので、名前だけ知る方も多いようです。低木で庭植えにも適しているので育ててみては。

 

Wild grapevine・ノブドウ/ブドウ科・ノブドウ属のつる性落葉低木。

秋に赤く色づく葉とともに、翡翠色や紫色など色とりどりの実が美しい。山野に自生しており、古くから民間伝承の薬草として利用されてきました。斑入りの品種が園芸店でも販売されています。

 

葉っぱのギザギザを利用してハリネズミに。絵の具描きと合体させると、さらにお絵描きの幅がひろがります。
葉っぱのギザギザを利用してハリネズミに。絵の具描きと合体させると、さらにお絵描きの幅が広がります。

 

いろいろな秋の葉っぱを集めて額装に。自然のモチーフはシンプルに並べただけでも十分素敵なアートになりますね。
いろいろな秋の葉っぱを集めて額装に。自然のモチーフはシンプルに並べただけでも十分素敵なアートですね。

Credit

取材&文/3and garden
ガーデニングに精通した女性編集者で構成する編集プロダクション。ガーデニング・植物そのものの魅力に加え、女性ならではの視点で花・緑に関連するあらゆる暮らしの楽しみを取材し紹介。「3and garden」の3は植物が健やかに育つために必要な「光」「水」「土」。

Photo/ 1)Tomsickova Tatyana/ 2-9)Madlen/ 10)Tomsickova Tatyana/ 11)Natasha Grigel/ Shutterstock.com
Print Friendly, PDF & Email