庭に巣箱を設けてみましょう。運よく入居希望者が訪れて、おウチを気に入ってくれたら、あなたの庭でヒナが育つ様子を観察できるかも! 小鳥たちに気に入ってもらうための、バードハウスのポイントをご紹介します。万が一空き家のままでも、ガーデンのアクセサリーとして活躍してくれるのでガッカリなさいませんよう。

Print Friendly, PDF & Email

巣箱の素材は木製で、合板ではなく厚み1cm以上の一枚板が最適です。巣箱の外はペイントしてもOKですが、中は塗料を使用しないでおきましょう。巣箱の床には水がたまらないように水抜け穴を。一家族が利用した後は掃除をして新たな家族を迎え入れる準備ができるよう、壁面か屋根を開閉できるようにつくります。鳥の出入り口となる丸い穴の大きさは、鳥の種類によって微妙に異なります。林野庁・東北森林管理局によれば、鳥の種類ごとに快適な住まいのサイズは次の通りです。巣箱づくりの参考にしてみてください。

 

 

巣箱づくりのポイント6まとめ

  • 木製にする
  • 厚み1cm以上の一枚板
  • 内側は無塗装
  • 水抜け穴を作る
  • 開閉する箇所を設ける
  • 丸穴は鳥に合わせる

 

D.I.Y.の小鳥アパートメント。ガーデンオーナメントとしては素晴らしいこだわりの巣箱ですが、小鳥が気に入ってくれるかどうかは…。小鳥が入ってくれたら、巣箱には不用意に近づかないようにします。子育て中の親鳥はとても敏感になっていて、巣箱の中で恐怖を感じると親鳥はヒナがいても巣箱に戻らなくなってしまい、ヒナが死んでしまいます。そうならないよう、そっと見守ってあげてください。

Credit

取材&文/3and garden

ガーデニングに精通した女性編集者で構成する編集プロダクション。ガーデニング・植物そのものの魅力に加え、女性ならではの視点で花・緑に関連するあらゆる暮らしの楽しみを取材し紹介。「3and garden」の3は植物が健やかに育つために必要な「光」「水」「土」。

Photo/ 1)Volker Rauch/ 2)Heather L. Hubbard/ 3)Heather Reeder/ 4)Gina Smith/ 5)Robert J. Beyers II/ Shutterstock.com
Print Friendly, PDF & Email