秋の庭に美しい色彩を提供してくれるナナカマド。赤い実がなり、季節が進むにつれ葉も紅葉を始めます。燃えるような樹姿は山野でもよく目立ち、落葉した後にも梢の先に残ってぶら下がる赤い実は、ひときわ美しく宝石のように輝きます。ナナカマドの実を使ったガーデンアクセサリーづくりをご紹介します。

Print Friendly, PDF & Email

ナナカマドは耐寒性に優れ、平地はもちろん寒冷地でも丈夫に育つ落葉樹です。5〜10mほどの高木ですが、大きくしたくない場合には鉢植えにするか、定期的に剪定すれば樹高を抑えることが可能です。ニワナナカマドという樹高の低い種類がありますが、こちらは赤い実はなりません。初夏に白い美しい花を咲かせますが、実や紅葉を楽しむことはできないので、選ぶ時にはご注意を。

 

ナナカマドの赤い実は人には渋くて生では食べられませんが、動物たちにとっては冬の間の貴重な食料となります。リスは好んでナナカマドのタネを食べにやってきますし、野鳥もたくさん訪れます。庭にナナカマドの木があれば、冬の間はガーデンバード(&リス)ウォッチングを楽しめるかもしれませんね。

 

ナナカマドの実を使って、簡単なクラフトを楽しんでみませんか。ハートに形づくったハンドメイドのガーデンアクセサリーをご紹介します。小鳥達も集まってくるかもしれません。

 

材料:ナナカマドの実、ワイヤー、フローラルテープ、ハサミ、麻紐

 

1. ワイヤーをハート型に曲げ、フローラルテープを巻きつけていきます。
1. ワイヤーをハート型に曲げ、フローラルテープを巻きつけていきます。

 

2. ナナカマドの実を通していきます。
2. ナナカマドの実を通していきます。

 

3. 大小2つのハートを作って、麻紐でつなげて完成。ハート型だけでなく、色々な形をつなげて室内でモビールとしても楽しめますよ。
3. 大小2つのハートをつくって、麻紐でつなげて完成。ハート型だけでなく、いろいろな形をつなげて室内でモビールとしても楽しめますよ。

Credit

写真&文/3and garden

ガーデニングに精通した女性編集者で構成する編集プロダクション。ガーデニング・植物そのものの魅力に加え、女性ならではの視点で花・緑に関連するあらゆる暮らしの楽しみを取材し紹介。「3and garden」の3は植物が健やかに育つために必要な「光」「水」「土」。

Photo/ 1)sunsinger/2)Leonid Ikan/3)ressormat/4-8)Agnes Kantaruk/ Shutterstock.com
Print Friendly, PDF & Email