トップへ戻る

美しすぎる!バラと草花が織りなす美しい初夏のあしかがフラワーパーク

美しすぎる!バラと草花が織りなす美しい初夏のあしかがフラワーパーク

藤が世界的に有名な栃木県のあしかがフラワーパークですが、その花の後も、ため息を使い果たしてしまいそうな美しい景色が展開しているのをご存じですか? ダイナミックなローズトンネルや、バラとさまざまな宿根草を巧みに組み合わせた「ローズガーデン」、色をテーマにした「四季彩のステージ」など、庭づくりをする人の参考にもなります。まだまだ見頃のあしかがフラワーパークのバラと草花の共演をレポートします。

Print Friendly, PDF & Email

バラと草花が共演するあしかがフラワーパークのローズガーデン

あしかがフラワーパークといえば、米国CNNで「世界の夢の旅行先10箇所」に選ばれた藤の名所として有名。長い花房を連ねた大藤の幻想的な風景は圧巻ですが、じつは藤の花後も素晴らしい風景が展開しているのです。その一つが、バラ。500種2,500株のバラが咲き誇りますが、特筆すべきはその数ではなく、草花と織りなす花景色。美しく咲き誇るバラを背景に、さまざまな草花がバラに合わせてコーディネートされています。

例えば、ピンク&赤系でまとめたこのコーナー。鮮やかなつるバラ‘アップルシード’を背景に、同系色のジギタリスが長い花穂を連ね、ブロンズカラーの葉のペンステモンがシックな雰囲気をプラスしています。その株元でワインレッドの丸い花をふわふわと咲かせているのはスカビオサ。銀色にフワッと輝くように咲くのはボリジです。花色だけでなく、草丈や草姿の個性を生かした植栽が随所で見どころを作っています。

このエリアでは、つるバラと草花の豊富な組み合わせがいくつも展開しており、その巧みな配色は庭を作る人の参考にもなります。左は赤紫色で半八重咲きの‘ナイト・オウル’と、白いクレマチス‘フルディーン’のドラマチックな組み合わせ。右はピンクのコロンとした花がかわいい‘ジャスミーナ’とペンステモン、ホルデューム・ジュバタムの組み合わせ。もう少し季節が進むと、細長い茎に丸いつぼみをつけているアリウムが咲き出し景色が変化します。

日の光に穂を輝かせるホルデューム・ジュバタムが幻想的な風景を展開する、ローズガーデンのロングボーダー。ホルデューム・ジュバタムのようなグラスは脇役として活躍することの多い素材ですが、日が傾き始めるこの時間は圧倒的な美しさで主役に躍り出ます。濃いピンク色の小花が群れ咲くシレネ‘ファイアーフライ’と組み合わせることで明暗のコントラストが強調され、より美しさが極まります。グラスは光を受けることでその美しさを最も発揮する素材。ここではそのホルデューム・ジュバタムが最も美しく見える午後の光に合わせて花が選ばれているのか、アプリコットカラーのジギタリスやバラが多く植栽され、日が傾き始めた途端、庭は魔法がかけられたような美しさを放ちます。

白いオルレア・ホワイトレースを背景に、アプリコットカラーのジギタリスが咲くやさしいワンシーン。
歩むごとにバラと草花の色が美しく展開するロングボーダー。サルビア・ネモローサ‘カラドンナ’の紫色は差し色効果抜群。

フォトスポットとして人気のローズトンネル。トンネルの向こうも、つるバラが彩る高いフェンスが背景となり、自撮りおすすめの映えスポットです。ところどころに置かれたベンチのそばには、こんもり仕立てられた鉢植えのクレマチスも彩りを添えます。

花色を堪能する「四季彩のステージ」

大きな木々に囲まれ、木漏れ日の下で花々が咲く「四季彩のステージ」。白・青・黄色・ピンクと花色でエリアが分けられ、カーブする小道と連なり植栽帯が設けられています。色を揃える一方で、景色が単調にならないように花形や草姿の異なる草花が選ばれており、立体的な花壇は遠くから眺めても、小道を歩いてみても楽しいエリア。木々の緑をキャンバスに、花色がよく映えます。

小型のデルフィニウムの群生。
洗練されたロマンチックな組み合わせのピンク花のエリア。

水辺のバラが美しい「バラの咲く島」

春は美しい藤で彩られた「うす紅橋」を渡ると、水に囲まれて浮かぶ「バラの咲く島」へ辿りつきます。水辺に赤いバラがせり出すように植えられ、水面に映る花景色も綺麗。水鳥の姿も見られ、優雅な非日常空間を体験できます。

水路の上を鮮やかに彩るローズトンネル。水音も心地よいリラックスエリア。

バラの見頃はまだまだ続き、次第にハナショウブやアジサイも加わり始めます。季節ごとに移り変わる圧巻の花景色を堪能しに、あしかがフラワーパークへお出かけしてみませんか。

Print Friendly, PDF & Email

連載・特集

GardenStoryを
フォローする

ビギナーさん向け!基本のHOW TO